Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

膝関節の脱臼

執筆者:

Simeon A. Boyadjiev Boyd

, MD, University of California, Davis

最終査読/改訂年月 2017年 9月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

出生時に膝関節が脱臼していることがあります。

まれですが、新生児の膝関節の脱臼は、出生前の子宮内での姿勢に関連していることがあります。この異常は、多くの関節(肘関節、股関節、膝関節)の脱臼、内反足 内反足とその他の足の異常 内反足(内反尖足)は、足と足首の形や位置がねじれる異常です。 一般的な内反足は足の後ろ側と足首が下方へ内向きになり、足の前側が内側にねじれます。ときおり、子宮内で不自然な位置に足が押さえつけられていたために異常にみえているだけの場合もあります(胎位性内反足)。それに対し真の内反足は、足に構造的な異常があるもので、真の奇形です。真の内反足では、脚や足の骨あるいはふくらはぎの筋肉がしばしば未発達です。... さらに読む 内反足とその他の足の異常 、および特徴的な顔つき(前額突出、へこんだ鼻、両眼の間が広いなど)で構成されるラーセン症候群の患児にも起こります。先天性多発性関節拘縮症 先天性多発性関節拘縮症 先天性多発性関節拘縮症とは、関節の動きの制限がみられる様々な状態のことを指します。 胎児の子宮内での動きを妨げる状態があれば、先天性多発性関節拘縮症が生じる可能性があります。そのような原因としては以下のものがあります。 胎児の動きの制限、例えば、母親の子宮の形に異常がある場合、母親が2人以上の胎児を妊娠している場合、羊水が不足している場合など 母親の病気、多発性硬化症など 胎児が子宮内で動く能力に影響を及ぼす遺伝性疾患、例えば筋ジストロ... さらに読む 先天性多発性関節拘縮症 の患児にも起こります。

乳児の診察時に、脚がわずかな角度しか曲がらないことが分かります。理学療法(乳児の脚を毎日曲げる)で直ちに治療し、脚を曲げた位置で副子固定を行うと、通常は膝関節が機能するようになります。ラーセン症候群、先天性多発性関節拘縮症、または他の問題がある乳児では治療がより複雑になります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP