Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

膝関節の脱臼

執筆者:

Simeon A. Boyadjiev Boyd

, MD, University of California, Davis

最終査読/改訂年月 2017年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

出生時に膝関節が脱臼していることがあります。

まれですが、新生児の膝関節の脱臼は、出生前の子宮内での姿勢に関連していることがあります。この異常は、多くの関節(肘関節、股関節、膝関節)の脱臼、内反足、および特徴的な顔つき(前額突出、へこんだ鼻、両眼の間が広いなど)で構成されるラーセン症候群の患児にも起こります。先天性多発性関節拘縮症の患児にも起こります。

乳児の診察時に、脚がわずかな角度しか曲がらないことが分かります。理学療法(乳児の脚を毎日曲げる)で直ちに治療し、脚を曲げた位置で副子固定を行うと、通常は膝関節が機能するようになります。ラーセン症候群、先天性多発性関節拘縮症、または他の問題がある乳児では治療がより複雑になります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP