Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

脛骨捻転

(脛骨のねじれ;すねの骨のねじれ)

執筆者:

Simeon A. Boyadjiev Boyd

, MD, University of California, Davis

最終査読/改訂年月 2017年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

出生時からすねの骨がねじれていることがあります。

すねの骨(脛骨)は、脚の膝より下の部分にある骨です。脛骨の外側(外捻)へのねじれ(捻転)は、小児が成長するにつれて正常なものとして起こり、問題になることはまれです。内側へのねじれ(内捻)は出生時によくみられ、一般的には小児が成長するにつれて治ります。しかしながら、捻転の程度が大きい場合は、神経筋系の問題やブラウント病の可能性があります。持続する過度の内捻によって、内股やO脚が生じることがあります。

身体診察と様々な脚の測定を行うことにより、医師はこの異常を発見することができます。

大半の患児では、治療をしなくても5~6歳までにすねの骨が正常な位置に戻ります。重度の脛骨捻転がある小児は、特殊な靴、ギプス、または下肢装具を装着しなければならないことがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP