Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

青年期の身体的問題

執筆者:

Sharon Levy

, MD, MPH, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2017年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

青年は、より若年の小児がかかるものと同じ種類の病気にかかることがありますが、一般的には健康な年齢層です。青年は、推奨スケジュールに従って予防接種を引き続き受ける必要があります。

にきびは極めて一般的な問題で、自尊心に与える影響を最小限にするため、対処する必要があります。

また、青年ではけがも非常に多く、スポーツ関連および交通事故によるけがが最もよくみられます。交通事故、その他の不慮のけが、殺人、自殺が青年の4大死因です。頭部外傷による脳しんとうや脳損傷はよく起こり、とりわけ運動選手でよくみられます。青年が頭部外傷を負った場合、コーチやトレーナー、医師による評価を受けるべきです。脳しんとう後は、電子機器の使用、学業、スポーツなどの通常の活動に青年が復帰する前に、療養する時間を与えるべきです。これらの活動に復帰する際には、知識のある成人による指導が必要です。

すべての青年でよくみられる病気には、以下のものがあります。

青年期の女子でよくみられる病気には以下のものがあります。

多くの青年は、効果的な避妊法を日常的に使用せず、そのために妊娠に至るケースもあります。

一般的ではないものの、白血病、リンパ腫、骨腫瘍、脳腫瘍などのがんも起こります。

小児に、明らかに特定の病気の結果生じたとはいえない、多くの異なる症状がみられる場合、通常、心理社会的問題に関して評価が行われます。

青年期の問題に関する序も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP