Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

青年期の身体的問題

執筆者:

Sharon Levy

, MD, MPH, Harvard Medical School

医学的にレビューされた 2020年 9月
プロフェッショナル版を見る

また、青年ではけがも非常に多く、スポーツ関連および交通事故によるけがが最もよくみられます。交通事故、その他の不慮のけが、殺人、自殺が青年の4大死因です。頭部外傷による 脳しんとう 脳しんとう 脳しんとうとは、外傷による精神機能または意識レベルの変化をいいます。脳しんとうでは、意識が消失する場合もありますが、脳の構造に明らかな損傷はみられず、6時間以内に治まります。 ( スポーツ関連脳しんとうも参照のこと。) 脳しんとうでは、CT検査やMRI検査などの画像検査で脳の損傷が検出されないにもかかわらず、脳細胞が一時的に傷ついたり機能障害に陥ったります。患者には一時的に脳機能障害の症状がみられます。... さらに読む や脳損傷はよく起こり、とりわけ運動選手でよくみられます(スポーツ関連脳しんとう スポーツ関連脳しんとう スポーツ中に脳しんとうを起こした人は、脳しんとうの再発や恒久的な脳損傷といった深刻な転帰を迎えるリスクが高くなります。 脳しんとうとは、頭部に外傷を負った後に脳機能に一時的な変化がみられるにもかかわらず、CTやMRIなどの画像検査では脳損傷の徴候が認められないことを指します。 高速での衝突が生じるスポーツ(例えば、アメリカンフットボール、ラグビー、アイスホッケー、ラクロス)では、脳しんとうを起こすリスクが非常に高くなりますが、チアリーデ... さらに読む も参照)。青年が頭部外傷を負った場合、この種の外傷の評価と治療の経験がある専門家による評価を受けるべきです。脳しんとう後は、電子機器の使用、学業、スポーツなどの通常の活動に青年が復帰する前に、療養する時間を与えるべきです。これらの活動に復帰する際には、知識のある成人による指導が必要です。

すべての青年でよくみられる病気には、以下のものがあります。

青年期の女子でよくみられる病気には以下のものがあります。

多くの青年は、効果的な 避妊法 避妊と青年期の妊娠 性行為を行う青年が多い一方で、避妊、妊娠、 C型肝炎や ヒト免疫不全ウイルス感染症(HIV)を含む 性感染症について、十分な情報を与えられていないことがあります。青年が衝動的に、計画性なく、薬物やアルコールを摂取しながら性行為を行うと、避妊法や性感染症予防(コンドームなど)を行う可能性が低下します。 ( 青年期の問題に関する序も参照のこと。) 成人が行う 避妊法はいずれも青年が使用できますが、最大の問題は実際に用いるかどうかです。例えば... さらに読む を日常的に使用せず、そのために 妊娠 避妊と青年期の妊娠 性行為を行う青年が多い一方で、避妊、妊娠、 C型肝炎や ヒト免疫不全ウイルス感染症(HIV)を含む 性感染症について、十分な情報を与えられていないことがあります。青年が衝動的に、計画性なく、薬物やアルコールを摂取しながら性行為を行うと、避妊法や性感染症予防(コンドームなど)を行う可能性が低下します。 ( 青年期の問題に関する序も参照のこと。) 成人が行う 避妊法はいずれも青年が使用できますが、最大の問題は実際に用いるかどうかです。例えば... さらに読む に至るケースもあります。

青年の約4人に1人は、 喘息 小児の喘息 喘息とは、ある種の刺激(誘因)により気道に炎症が起こり、気道が一時的に狭くなって呼吸困難を繰り返す炎症性の肺疾患です。 誘因には、ウイルス感染症、煙、香水、花粉、カビ、チリダニなどがあります。 症状として、呼気性喘鳴(こきせいぜんめい)、せき、息切れ、胸が締めつけられる感じ、呼吸困難がみられます。... さらに読む 小児の喘息 糖尿病 小児と青年における糖尿病 糖尿病は、体が必要とするインスリンが十分に産生されない、または産生されたインスリンに体が正常に反応しないため、血糖(ブドウ糖)値が異常に高くなる病気です。 糖尿病とは、インスリンの産生量低下、またはインスリンの効果低下、あるいはその両方が原因で、血糖値が上昇(高血糖)し、それに伴って生じる一連の病態のことをいいます。 診断時の典型的な症状として、強いのどの渇き、排尿の増加、体重の減少などがあります。... さらに読む 小児と青年における糖尿病 炎症性腸疾患 炎症性腸疾患(IBD)の概要 炎症性腸疾患とは、腸に炎症が起き、しばしば腹痛と下痢が繰り返し起こる病気です。 炎症性腸疾患としては、主に以下の2種類の病気があります。 クローン病 潰瘍性大腸炎 この2つの病気には多くの共通点があり、ときに判別が難しいことがあります。しかし2つの病気にはいくつかの違いがあります。例えば、クローン病は消化管のほぼすべての部分に起こりうるの... さらに読む などの慢性の病気をもっています。一般的ではないものの、 白血病 白血病の概要 白血病は、白血球または成熟して白血球になる細胞のがんです。 白血球は骨髄の幹細胞から成長した細胞です。ときには成長がうまくいかずに、染色体の一部の並びが変化してしまうことがあります。こうして異常となった染色体により正常な細胞分裂の制御が失われ、この染色体異常がある細胞が無制限に増殖するようになったり、細胞がアポトーシス(不要になった細胞が... さらに読む リンパ腫 リンパ腫の概要 リンパ腫とは、リンパ系および造血器官に存在するリンパ球のがんです。 リンパ腫は、 リンパ球と呼ばれる特定の白血球から発生するがんです。この種の細胞は感染を防ぐ役割を担っています。リンパ腫は、Bリンパ球やTリンパ球のいずれの細胞からも発生する可能性があります。Tリンパ球は免疫系の調節やウイルス感染に対する防御に重要です。Bリンパ球は、いくつ... さらに読む リンパ腫の概要 骨の腫瘍 骨の腫瘍の概要 骨腫瘍とは、骨に生じた異常な細胞の増殖物です。 骨腫瘍には、がん(悪性)と、そうでないもの(良性)があります。 悪性腫瘍は最初から骨に生じる場合(原発性のがん)と他の器官(乳房や前立腺など)に生じて骨に転移する場合(転移性のがん)とがあります。 腫瘍により、説明のつかない進行性の骨の痛みや、腫れ、骨折傾向(すぐに骨折しやすくなる)が生じる... さらに読む 脳腫瘍 小児の脳腫瘍の概要 脳腫瘍( 成人の脳腫瘍も参照)は、15歳未満の 小児のがんの中で(白血病の次に)多くみられるがんであり、がんによる死亡の2番目に多い原因です。 小児で最も多くみられる脳腫瘍は 星細胞腫です。次いで多いのが 髄芽腫と 上衣腫です。 脳腫瘍により、頭痛、吐き気、嘔吐、視覚障害、ぼんやりする、協調運動障害、平衡障害などの様々な症状が生じます。 診断は通常、MRI(磁気共鳴画像)検査と生検の結果に基づいて下されます。... さらに読む などのがんも生じます。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP