Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

青年期の肥満

執筆者:

Sharon Levy

, MD, MPH, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2017年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

肥満の定義は、BMI(ボディマスインデックス)が各年齢と性別の95パーセンタイル以上であることとされています。

  • 遺伝やある種の病気によっても肥満は起こりますが、青年の肥満のほとんどは、運動不足や活動レベルで必要とされるよりも多くのカロリーを摂取することが原因です。

  • 肥満の診断は、BMIが各年齢および性別の95パーセンタイル以上であることに基づいて下されます。

  • 肥満の治療では、栄養のある食事をとり、運動を増やすことが役立ちます。

青年期の問題に関する序も参照のこと。)

肥満はBMI(ボディマスインデックス)で定義されています。BMIは、体重(キログラム)を身長(メートル)の2乗で割った値です。BMIがそれぞれの年齢と性別の上位5%に入る青年は、肥満であるとみなされます。BMIが上位5%に入るということは、BMIが同年代・同性の95%の青年のBMIより高いことを意味します(95パーセンタイル以上)。

青年の肥満は、30年前と比べて2倍に増えています。 肥満の合併症はたいてい成人期に起こりますが、肥満の青年は、肥満でない青年に比べて、高血圧や2型糖尿病になりやすい傾向があります。肥満の成人のうち青年期に肥満だった人は3分の1未満ですが、青年期に肥満だった人のほとんどは成人期も肥満のままです。

原因

青年期の肥満に影響を与える要因は、成人と同様です。 甲状腺の機能低下(甲状腺機能低下症)や副腎の機能が過剰な状態など、内分泌系の病気により肥満になることもありますが、原因としてはまれです。内分泌系の病気のために体重が増加している青年は、低身長であることが多く、ほとんどの場合、そのほかにも病気の徴候が現れています。 低身長、高血圧で肥満の青年は、内分泌系の病気であるクッシング症候群の検査を受けるべきです。遺伝子も関与しているため、一部の人は、他の人と比べて肥満になるリスクが増大しています。

社会が肥満を恥ずべきものとしていることから、肥満の青年の自己像は悪くなりがちで、ますます社会的に孤立します。

治療

  • 健康な食生活と運動の習慣

青年の肥満の治療では、一定量の体重を減らすことより、健全な食生活と運動習慣を身につけることに焦点をあてます。これらの目標を達成する方法として、摂取するカロリー量の低減とカロリーの燃焼の2つがあります。

カロリー摂取量を減らす方法には、以下のものがあります。

  • 通常の食べものからなるバランスのとれた食習慣の確立

  • これまでの食習慣に逆戻りしないようにすること

カロリー燃焼量を増やす方法には、以下のものがあります。

  • 運動量を増やすこと

肥満青年のためのサマーキャンプに参加すると減量の助けになることがありますが、キャンプ終了後にも継続的に体重を減らす努力をしなければ、通常は体重が元に戻ってしまいます。自尊心の低さなど、社会的な問題に青年が取り組むために、カウンセリングが役立つことがあります。

減量効果のある薬は、青年期には安全面の懸念があるため、一般には使用されません。ただし、肥満の青年で、2型糖尿病の強い家族歴がある場合は、例外的に薬を使います。そのような青年では、糖尿病を発症するリスクが高くなっています。このような青年に対して、糖尿病治療薬のメトホルミンは、体重の減量に効果があり、また糖尿病になるリスクも軽減できます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP