honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

青年期の問題に関する序

執筆者:

Sharon Levy

, MD, MPH, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2017年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

ほとんどの小児にとって、青年期は身体的な健康状態が良好な期間です。青年で最もよくみられる問題は、以下のものと関連しています。

  • 成長と発達

  • 青年期まで持続した小児期の病気

  • 危険な行動または違法な行動の結果(けが、法的な処置、妊娠、感染症など)

青年における死亡および障害の最も一般的な原因としては、以下のものがあります。

  • 交通事故による意図しないけが

  • けんかによるけが

発達のこの段階に、青年は小児から成人への移行を開始します。この発達段階には、自立、アイデンティティ、セクシュアリティ、人間関係での問題が明確に現れます。 青年期には、気分障害、不安症、思考障害(統合失調症など)などの精神障害や、心理社会的障害が発生したり、初めて明らかになったりすることがあります。 この年齢層の主要な死因は自殺です。その他の死因としては、事故、不慮のけが、殺人などがあります。

神経性やせ症や神経性過食症などの摂食障害は、青年期に発生することが最も多く、女子に多くみられます。 青年期に始まる不健康な行動(不健康な食事[{blank} 青年期の肥満]、喫煙物質使用暴力など)の多くは、すぐに現れる健康問題、長期の障害、またその後の生涯での健康問題につながります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

Feature.AlsoOfInterst.SocialMedia

TOP