Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

大頭症

執筆者:

Stephen J. Falchek

, MD, Nemours/Alfred I. duPont Hospital for Children

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

大頭症は、頭部が大きい状態を意味する専門用語です。

大頭症の乳児は、同じ月齢のほかの乳児と比べて、頭囲がかなり大きくなっています。大頭症は以下のように分類できます。

  • 不均衡型:頭の大きさが小児の体格相当の大きさを超えているもの。

  • 均衡型:頭部の大きさが体格相当に見えるもの(つまり、小児の体格が大きく、頭も大きい)。

頭が大きいか、頭蓋骨が大きくても、多くの場合は健康です。

異常な大頭症は、脳の増大(巨脳症)、水頭症(脳内に液体がたまった状態)、頭蓋骨の過成長(頭蓋骨増殖症)などによって引き起こされます。これらの病態は、遺伝性の病気や出生前または出生後に発生した病気の結果である場合があります。

脳と脊髄の先天異常の概要も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP