Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

先天性ミオパチー

執筆者:

Michael Rubin

, MDCM, New York Presbyterian Hospital-Cornell Medical Center

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

先天性ミオパチーは、筋緊張低下と筋力低下を引き起こす、一群のまれな遺伝性筋疾患です。これらの疾患は、出生時にすでに存在しているか、乳児期に発症します。

先天性ミオパチーにはいくつかの病型があります。以下の3つの病型が最も多くみられます。

  • セントラルコア病とマルチミニコア病(コアミオパチー)

  • 中心核ミオパチー

  • ネマリンミオパチー

症状と寿命はミオパチーの病型と重症度に応じて変わります。

セントラルコア病とマルチミニコア病(コアミオパチー)

セントラルコア病とマルチミニコア病(コアミオパチー)は、先天性ミオパチーの中で最も多くみられる病型です。

この病気の新生児の大半には、筋肉の緊張が極度に低下する筋緊張低下と軽度の筋力低下がみられますが、コアミオパチーの症状は成人期まで現れないこともあります。多くの場合、顔面の筋力低下もみられます。筋力低下は悪化せず、余命は正常ですが、重症の人では車いすが必要になる場合もあります。セントラルコア病の患者では悪性高熱症という生命を脅かす病気のリスクが高まります。

中心核ミオパチー

中心核ミオパチーは、様々な形で遺伝します。X染色体上で運ばれる遺伝子によって遺伝する病型(X連鎖遺伝を参照)が最もよくみられ、最も重症で、大半の患者が生後1年以内に死亡します。常染色体優性遺伝型の症状は、典型的には青年期または成人期に現れます。これらの病型のいずれかの患者には、運動によって生じる筋肉痛、顔面の筋力低下、まぶたの垂れ下がり、ならびに眼の筋力低下がみられます。

ネマリンミオパチー

ネマリンミオパチーは、比較的多くみられる先天性ミオパチーの一種で、常染色体優性または常染色体劣性で遺伝します。

ネマリンミオパチーは重症、中等症、軽症に分けられます。重症の病型の患者には、呼吸に使う筋肉の筋力低下や呼吸不全がみられることがあります。中等症の病型の患者には、時間の経過とともに悪化する顔面、首、体幹、足の筋力低下がみられることがありますが、余命はほぼ正常になる場合もあります。軽症の病型の患者には、悪化しない筋力低下がみられ、余命は正常です。

診断

  • 筋力低下の症状

  • 筋生検

先天性ミオパチーの診断は、それぞれの特定の病型によって引き起こされる特徴的な筋力低下の症状に基づいて下されます。

医師は、生検(組織片を採取して顕微鏡で調べます)のために筋力低下がみられる筋肉組織のサンプルを採取し、診断を確定します。

治療

  • 理学療法

特別な治療法はありませんが、理学療法が筋肉の機能維持に役立つことがあります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP