Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

腹壁の異常(臍帯ヘルニアと腹壁破裂)

執筆者:

William J. Cochran

, MD, Geisinger Clinic

最終査読/改訂年月 2017年 3月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

腹壁の異常があると、腹腔を取りまく筋肉が脆弱であったり、穴が空いたりすることがあります。

主な腹壁異常は臍帯ヘルニアと腹壁破裂の2つです。

臍帯ヘルニア

臍帯ヘルニアとは、臍帯の位置で腹壁の中央部が開いていること(欠損)により起こります。皮膚、筋肉、線維組織が欠損しています。腸管がその開口部から突出し(ヘルニア)、薄い膜で覆われています。臍帯がその欠損の中央にあります。

臍帯ヘルニアは、他の先天異常( 心臓の異常 心臓の異常の概要 120人に1人は心臓に異常をもって生まれます。重症の場合もありますが、多くはそうではありません。心臓の異常には心臓壁、弁、心臓に出入りする血管の異常形成などがあります。 哺乳不良、呼吸困難、青みがかった皮膚、正常に発育しない、あるいは正常に運動できない、速い心拍、失神のほか、乳児が成長するに従って運動中の胸痛といった症状がみられます。... さらに読む や腎臓の異常など)や特定の遺伝性症候群( ダウン症候群 ダウン症候群(21トリソミー) ダウン症候群は、余分な21番染色体によって引き起こされる染色体異常症の一種で、知的障害と様々な身体的異常がみられます。 ダウン症候群は、21番染色体が余分に複製されることで発生します。 ダウン症候群の小児では、発育の遅れ、精神発達の遅れ、特異的な頭部と顔貌、しばしば低身長がみられます。 出生前の段階では、ダウン症候群は超音波検査や母親の血液検査の結果から疑われ、絨毛採取や羊水穿刺という検査で確定されます。... さらに読む ダウン症候群(21トリソミー) 18トリソミー 18トリソミー 18トリソミーは、余分な18番染色体によって引き起こされる染色体異常症の一種で、知的障害と様々な身体的異常がみられます。 18トリソミーは、18番染色体が余分に複製されることで発生します。 この症候群の乳児は、典型的には体格が小さく、多くの身体的異常と内臓の機能障害がみられます。 診断を確定するための検査は、出生前でも出生後にも行えます。 18トリソミーには治療法がありません。 さらに読む 18トリソミー 13トリソミー 13トリソミー 13トリソミーは、余分な13番染色体によって引き起こされる染色体異常症の一種で、重度の知的障害と様々な身体的異常がみられます。 13トリソミーは、13番染色体が余分に複製されることで発生します。 この症候群の乳児は、典型的には体格が小さく、しばしば脳、眼、顔面、心臓に重大な異常がみられます。 診断を確定するための検査は、出生前でも出生後にも行えます。 13トリソミーに治療法はありません。 さらに読む 13トリソミー など)と一緒に発生するのが一般的です。

腹壁破裂

腹壁破裂も腹壁に異常な開口部ができた状態です。腹壁破裂では、開口部がへその近く(通常は右側)にみられますが、臍帯ヘルニアのように、へそを直接またぎはしません。臍帯ヘルニアと同様に開口部から腸がこぼれ出るようになっていますが、臍帯ヘルニアとは異なり、腸が薄い袋で覆われていません

診断

治療

  • 手術

分娩が終わったら、露出した腸を滅菌したドレッシング剤で覆い、静脈から水分と抗菌薬を投与します。腸を腹腔の中に戻して開口部を閉鎖するための手術が必要です。ただし、開口部を十分覆うことができるように、腹壁の皮膚を手術前に伸ばすことがしばしば必要になります。欠損部が大きい場合は皮膚弁も必要なことがあります。腸が大量に飛び出している場合には、保護作用のある素材(サイロと呼ばれます)で腸を覆った上で、数日から数週間をかけて徐々に腹腔内に戻していく方法が採られることもあります。腸をすべて腹腔内に戻したら、開口部を外科的に閉鎖します。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP