Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

XYY症候群

(47,XYY症候群)

執筆者:

Nina N. Powell-Hamilton

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

医学的にレビューされた 2020年 7月
プロフェッショナル版を見る

XYY症候群は、男児の出生1000例当たり約1例の頻度でみられます。XYY症候群の男児は、背が高く、言語面に問題を抱える傾向があります。知能指数(IQ)は家族と比べてやや低くなる傾向があります。 学習障害 学習障害 学習障害がある小児は、注意力、記憶力、論理的思考力が欠けているため、特定の技能や情報を習得したり、記憶したり、幅広く使ったりすることができず、学業成績にも影響が出ます。 学習障害の小児は、色の名前や文字を覚えたり、数を数えたり、読み書きを習得したりすることが遅れる場合があります。 学習障害の小児は、学習の専門家のもとで一連の学力検査や知能検査を受け、医師が確立された基準を適用して診断を下します。... さらに読む 注意欠如・多動症(注意欠陥/多動性障害とも呼ばれます) 注意欠如・多動症(ADHD) 注意欠如・多動症(注意欠陥/多動性障害とも呼ばれます)(ADHD)は、注意力が乏しいか注意の持続時間が短い状態、年齢不相応の過剰な活動性や衝動性のため機能や発達が妨げられている状態、あるいはこれら両方に該当する状態です。 ADHDは脳の病気で、生まれたときからみられる場合もあれば、出生直後に発症する場合もあります。 主に注意を持続したり、集中したり、課題をやり遂げたりすることが困難な場合もあれば、過剰に活動的で衝動的な場合もあり、その両... さらに読む 、軽微な行動障害が起こることがあります。かつては、XYY症候群は攻撃的ないし暴力的な犯罪行動を引き起こすと思われていましたが、この説は誤りであったことが証明されています。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP