Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

新生児のサイトメガロウイルス(CMV)感染症

(先天性サイトメガロウイルス感染症、周産期サイトメガロウイルス感染症)

執筆者:

Brenda L. Tesini

, MD, University of Rochester School of Medicine and Dentistry

医学的にレビューされた 2020年 7月
プロフェッショナル版を見る

サイトメガロウイルスはよくみられるウイルスで、通常、問題になることはほとんどありませんが、出生前または出生前後に乳児に感染した場合、重篤な疾患を引き起こすことがあります。

  • サイトメガロウイルス感染症の原因はウイルスです。

  • ほとんどの新生児は無症状ですが、感染した時期によっては症状を呈する新生児もいます。

  • 医師は尿、唾液、血液、または組織のサンプル中でこのウイルスを特定することによって、この感染症の診断を下します。

  • 新生児には難聴などの神経学的問題がみられることがあります。

  • 手洗いはウイルスの広がりを予防するのに役立ちます。

  • サイトメガロウイルス感染症を根治させることはできませんが、一部の抗ウイルス薬によって感染症に起因する問題を抑えることができます。

妊婦は、感染した人と接触することでサイトメガロウイルス(CMV)に容易に感染するおそれがあります。

胎児が子宮内でかかったCMV感染症は、先天性CMV感染症と呼ばれます。新生児が出生直前、分娩中、または出生直後にかかったCMV感染症は、周産期CMV感染症と呼ばれます。CMV感染症は、最も一般的な先天性ウイルス感染症です。

ウイルスが胎盤(胎児に栄養を供給する臓器)を通過すると、妊娠中の女性から胎児にウイルスが伝播することがあります。妊婦の感染症は、初回感染であることもあれば、過去の感染の再活性化であることもあります(CMVは体内に不活性状態のままとどまることができます)。妊婦には症状がないこともあります。

新生児は、産道を通過する際や、ウイルスを含む母乳、または汚染された血液の輸血を介して感染することもあります。

CMV感染症は、感染時期が出生前と出生後のどちらだったかによって、新生児期にそれぞれ異なる問題を引き起こします。

症状

出生前にCMVに感染した新生児のうち、症状がみられるのは10%程度にすぎません。

出生前に感染した新生児には、以下の症状がみられる可能性があります。

分娩中または出生後に感染した新生児には、以下の症状がみられる可能性があります。

なかには、これらすべての症状がある新生児もいます。

診断

  • 尿、唾液、または組織サンプルの検査

  • 尿、唾液、血液、または組織を使用したポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査

CMV感染症を診断するために、医師は新生児の尿、唾液、または組織のサンプルを採取します。サンプルは検査室に送られ、そこで感染を引き起こしている微生物が特定されます。

ほかにも、感染と炎症がないかを調べ、症状の重症度を判定するための検査が行われます。医師はまた、出生時にみられ、CMVと同様の症状を引き起こす他の感染症を除外する検査を行うこともあります。

予後(経過の見通し)

症状のあるCMV感染症の新生児は、かなりの割合が死亡します。生き延びた新生児のほとんどに、以下の神経学的問題のうちのいくつかが残ります。

症状のない新生児でも約5~15%にやがて神経学的問題が現れますが、これらは通常、症状のある新生児にみられる問題よりも軽いものです。ある程度の難聴は、最もよくみられます。

予防

妊婦はウイルスにさらされないよう注意する必要があります。例えば、CMV感染症は託児所に通う小児によくみられ、容易に広がるため、託児所に通う小児の尿や唾液に接触した妊婦は、そのあと必ず手をよく洗ってください。

治療

  • 症状がある新生児に対してガンシクロビルまたはバルガンシクロビル

CMV感染症に対する根治的な治療法はありません。

生後1年間は聴覚検査を繰り返し受ける必要があります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP