Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

新生児の赤血球増多症

執筆者:

Andrew W. Walter

, MS, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2017年 9月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

赤血球増多症とは、赤血球の数が異常に多くなる病気です。

赤血球の濃度が著しく増加すると、血液の粘り気が過度に高くなることがあります。血液の粘り気が高すぎると、細い血管を通る血液の流れが遅くなり、組織への酸素供給が妨げられます。過期産で生まれた新生児や、母親が糖尿病や重症の高血圧 妊娠中の高血圧 妊娠中の高血圧は以下のいずれかに分類されます。 慢性高血圧:妊娠前から血圧が高かった場合です。 妊娠高血圧:妊娠20週以降に初めて血圧が高くなった場合です(通常37週以降)。このタイプの高血圧は一般的に、分娩後6週間以内に解消します。 妊娠高血圧腎症は妊娠中に発症する高血圧の一種で、タンパク尿を伴います。妊娠高血圧腎症は、他の高血圧とは異なる診断および治療を行います。 慢性高血圧の場合、妊娠中に深刻な問題が起こる可能性が高くなります。た... さらに読む であるか、喫煙者であったり、高地に住んでいたりする場合などに、新生児は赤血球増多症にかかりやすい傾向があります。

また赤血球増多症は、出生時に新生児が胎盤(子宮と胎児をつなぐ臓器で胎児に栄養を与える)から過剰に血液の供給を受けたときにも起こることがあります。これは、臍帯をクランプで留める前に、長時間、新生児を胎盤よりも低い位置に置いた場合に起こります。

赤血球増多症の他の原因として、血液中の酸素レベルの低下(低酸素症)、周産期仮死 周産期仮死 (新生児の一般的な問題の概要も参照のこと。) 分娩損傷とは、分娩の過程で通常は産道を通る際に物理的な圧力が生じる結果として新生児が受ける損傷のことです。 多くの新生児が出生の際に軽いけがをします。 まれに、神経が損傷したり骨が折れたりします。 ほとんどのけがは、治療をしなくても治ります。 さらに読む  周産期仮死 、子宮内での発育不全、先天異常 先天異常の概要 先天異常あるいは先天奇形は、出生前の段階で生じる身体的な異常のことをいいます。それらの異常はたいてい出生時、あるいは生後1年以内に明らかになります。 ほとんどの先天異常の原因は不明ですが、感染性要因、遺伝的要因とある種の環境要因は先天異常発生のリスクを高くします。 出生前の段階では、母親の危険因子と超音波検査の結果のほか、ときに血液検査、... さらに読む 心臓の異常 心臓の異常の概要 120人に1人は心臓に異常をもって生まれます。重症の場合もありますが、多くはそうではありません。心臓の異常には心臓壁、弁、心臓に出入りする血管の異常形成などがあります。 哺乳不良、呼吸困難、青みがかった皮膚、正常に発育しない、あるいは正常に運動できない、速い心拍、失神のほか、乳児が成長するに従って運動中の胸痛といった症状がみられます。... さらに読む 腎臓の異常 腎臓の異常 腎臓(左右に2つあって血液から老廃物をろ過して尿を作っている臓器)に生じる先天異常がいくつかあります。そのような異常は、通常は医師による診察では明らかにならず、尿路を評価する検査を行う必要があります。 (尿路の先天異常の概要も参照のこと。) 腎臓の先天異常には多くの種類があります。そのような異常の多くは以下の変化をもたらします。 尿が腎臓から出る流れを妨げたり遅くしたりする 尿の流れが妨げられると、尿が停滞して尿路感染症が起こったり、腎... さらに読む など)、ダウン症候群 ダウン症候群(21トリソミー) ダウン症候群は、余分な21番染色体によって引き起こされる染色体異常症の一種で、知的障害と様々な身体的異常がみられます。 ダウン症候群は、21番染色体が余分に複製されることで発生します。 ダウン症候群の小児では、発育の遅れ、精神発達の遅れ、特異的な頭部と顔貌、しばしば低身長がみられます。 出生前の段階では、ダウン症候群は超音波検査や母親の血液検査の結果から疑われ、絨毛採取や羊水穿刺という検査で確定されます。... さらに読む ダウン症候群(21トリソミー) 、ベックウィズ-ウィードマン症候群、双子の片方からもう片方への多量の血液流入(双胎間輸血)が挙げられます。

症状

診断

  • 血液検査

赤血球増多症の診断を下すために、新生児の血液検査が行われます。血液検査の結果、新生児の赤血球が多すぎることが示された場合、その新生児には赤血球増多症の治療が行われます。

治療

  • 輸液

  • ときに部分交換輸血

新生児に症状がみられる場合、一部の新生児では血液を抜いてから、同じ量の生理食塩水を補います。この処置は部分交換輸血といい、体内の赤血球濃度を薄めて、赤血球増多症を是正します。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP