Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

新生児と乳児の栄養補給の概要

執筆者:

Deborah M. Consolini

, MD, Sidney Kimmel Medical College of Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2017年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

正常な新生児は、探索反射と吸啜反射( 新生児でよくみられる3つの反射)が活発であり、出生直後から栄養を取ることができるため、医師は生後すぐ新生児を母親の胸にのせて授乳を始めるよう勧めます。そのようにしなかった場合でも、少なくとも出生後4時間以内には授乳を開始します。人工乳による授乳も1つの選択肢です。

ほとんどの乳児はミルクと一緒に空気を飲み込みます。乳児は自分でげっぷができないため親が手助けする必要があります。乳児の体をまっすぐに立てて親の胸によりかからせるように抱き、頭を親の肩にのせて背中をやさしくたたきます。背中をたたかれることと肩によりかかる圧力とに促されて、音が聞こえるほどのげっぷが出ます。このときに少量のミルクを一緒に吐き出すこともあります。

固形食を始める時期は、乳児が固形食を必要としているか、また受け入れる準備ができているかどうかによりますが、多くの乳児では生後6カ月までに固形食を始める準備が整います。

授乳と食事に伴う問題

どれぐらいの量を小児が食べるのかは日によって異なります。わずかな変動はよくあるため、小児が病気の徴候を示したり、発育に変化(特に体重のパーセンタイル[図「乳児の体長・体重表」を参照)がみられたりした場合にのみ注意を払うべきです。

生後1週間で出生体重の5~7%を超える体重減少がみられた場合には低栄養が起こっています。母乳で育っている新生児は約2週間、人工乳で育っている新生児は約10日で出生体重に戻るはずです。その後、生後数カ月間は、1日20~30g体重が増えなくてはなりません。生後約6カ月には、体重が2倍になっていなければなりません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP