Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

乳児における固形食の開始

執筆者:

Deborah M. Consolini

, MD, Sidney Kimmel Medical College of Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2017年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

固形食を始める時期は、乳児が固形食を必要としているか、また受け入れる準備ができているかどうかによります。一般的には、乳児が十分大きくなって、母乳や乳児用人工乳よりももっと高カロリーの食品を必要とするようになった時期に固形食が必要となります。目安としては、乳児が哺乳びんのミルクを飲み干しておなかがいっぱいになっても、2~3時間以内にまたおなかをすかせるようになったときや1日に1200ミリリットル以上の人工乳を飲むときです。およそ生後6カ月までに、このような段階に達します。多くの乳児は、母乳や人工乳を飲んだ後で固形食を食べます。そうすると吸いたいという欲求と、早く空腹を和らげたいという欲求の両方が満たせるからです。生後4カ月未満の乳児は栄養として固形食を必要とせず、固形食をうまく飲み込めないためスプーンを使ったり哺乳びんの中の人工乳とベビーフードを混ぜたりして、強制的に食べさせてはいけません。生後4カ月前に固形食を始めると、食物アレルギーセリアック病が起こることがあります。

乳児は、年長児や成人よりも食物アレルギーや不耐性を引き起こしやすいものです。短期間に多くの種類の食べものを与えると、もしこのような反応が起きた場合にどの食べものが原因なのかをつきとめにくくなります。この問題のため、新しい食べものを与えるのは1回に1品かつ原材料が1種類のものにして、新しい食べものは3~5日に1品にすべきです。乳児がその食べものに耐えられると分かったら、別の新しい食べものを与えます。

最初は1種類の穀物(鉄分を強化したライスシリアルなど)から始めることが多く、それから様々な種類のピューレ状の果物、野菜を与えます。これらの食べものをどの順番で与え始めるかは、もはや重要ではないと医師は考えています。新しい食べものを与える際には、数週間かけて何度か試せば、その食べものを楽しんで食べるようになる場合もあるため、乳児が仮にその食べものを好んでいないように見えたとしても、両親は最初の1~2回のチャレンジであきらめないことが大切です。

乳児が新しい食べ方を学べるよう、食べものはスプーンで与えます。生後6~9カ月までに乳児は、食べものをつかんで自分の口に入れることができるようになります。そうなったら、自分で食べられるように手助けする必要があります。市販のベビーフードよりも、家庭で煮て裏ごしした食べものの方が経済的ですし、栄養も十分に摂取できます。ニンジン、ビート、カブ、コラードの葉、ホウレンソウの市販のベビーフードは、硝酸化合物の検査を受けているため、1歳以下では市販品が望ましいでしょう。肥料で汚染された水を使用して野菜が栽培された場合、硝酸値が高くなり、幼児ではメトヘモグロビン血症(血液の酸素運搬能が損なわれる病気)が引き起こされることがあります。

乳児は甘い食べものを好みますが、砂糖は特に重要な栄養素ではないため、与えても少量だけにします。ベビーフードの甘いデザート類は乳児にとって何のメリットもありません。ジュースは栄養源としては不十分であり虫歯の一因となるため、120~180ミリリットル/日に制限するか完全に避けるべきです。

避けるべき食品には以下のものがあります。

  • ハチミツ(1歳まで)。ボツリヌス菌 Clostridium botulinumの芽胞が含まれている可能性があり、年長児や成人には無害ですが、乳児ではボツリヌス症を引き起こすおそれがあるため。

  • 窒息や吸引を起こしやすい食べもの(2歳または3歳まで)。例えば、ナッツ、キャンディー、大豆、ポップコーン、ホットドッグ、ピューレ状ではない肉、小さく刻まれていないブドウなどは避けるべきです。

乳児が食物アレルギーを起こさないようにするために、卵、ピーナッツ、小麦を食べさせないようにする親が多くいます。しかし、最近では、これらの食べものを早い段階で与えておくことで食物アレルギーを防ぐ助けになることを示唆する科学的根拠があります。この根拠は決定的なものではありませんが、生後4カ月以上のほとんどの乳児では、どのような固形食でも待たずに開始できます。ただし、新しい食べものを与える際には、乳児がその食べものに耐えられるかどうかを確認するため、3~5日に1品にすべきです。ピーナッツを含む食品を遅い段階で与えた場合、ピーナッツアレルギーが発生するリスクが実際に増加する可能性があることから、早い段階(生後4カ月~11カ月)で与えるよう推奨すべきであると示唆する最近の科学的根拠があります。例外は、乳児に重度の湿疹がみられ卵アレルギーがあるか、ピーナッツアレルギーがある兄や姉がいる場合です。このような場合には、ピーナッツを与える前に皮膚テストが必要になることがあります。両親はいろいろな固形食をいつどのように開始するかについて、かかりつけの小児科医に相談するとよいでしょう。

1歳以降には、牛乳(成分無調整)を飲み始めることができます。2歳時には家族の食事と実質的には変わらない食事となるため、低脂肪乳に変更できます。親は、幼児の乳飲料の摂取量を480~720ミリリットル/日に制限すべきです。乳飲料を飲み過ぎると、他の重要な食べものから十分な栄養素を摂取できず、鉄欠乏症を起こすこともあります。

約1歳までに、成長速度は普通は遅くなります。以前より食べものをあまりたくさん欲しがらなくなり、食事を拒むこともあります。子どもがどのくらいの量を食べているのかを知るには、親は1回や1日の食事量ではなく、1週間の食事量について確かめるべきです。固形食の栄養不足が問題になるのは、小児が安定した速さで予測体重パーセンタイルに達しないときだけです( 乳児の体長・体重表(2歳まで))。

新生児と乳児の栄養補給の概要も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP