Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

尿道の異常

執筆者:

Ronald Rabinowitz

, MD, University of Rochester Medical Center;


Jimena Cubillos

, MD, University of Rochester School of Medicine and Dentistry

最終査読/改訂年月 2017年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

尿道は、尿が膀胱から体外に排出される際に通過する管です。

腎臓と尿路の先天異常の概要も参照のこと。)

尿路内の構造

尿路内の構造

尿道の異常の合併症

尿道の先天異常にはいくつかの種類があります。これらの異常は以下の状態を引き起こすことがあります。

  • 尿が異常な部位から出る

  • 尿の流れが妨げられる

尿の流れを妨げたり遅くしたりする尿道の異常は、尿を停滞させ、尿路感染症を引き起こす可能性があります。尿の流れが妨げられることにより、膀胱や腎臓の内部の圧力が上昇して徐々に傷つくこともあります。頻繁な感染によって腎臓が傷つく可能性もあります。腎臓が傷つくと、高血圧のほか、まれに腎不全が起こる可能性があります。

尿道の先天異常の種類

尿道に以下の状態がみられることがあります。

  • 部分的に詰まっている

  • 位置に異常がある

  • 開口部から脱出している(尿道瘤)

  • 重複している(尿道が1本ではなく2本以上存在する)

部分的に詰まった尿道

いくつかの先天異常では尿道が部分的に詰まります。

後部尿道弁では、尿道内の異常な組織のひだによって膀胱からの尿の流れがふさがれてしまいます。後部尿道弁は男児にだけ起こります。尿道が詰まると膀胱内の圧力が高まり、排尿困難や尿勢低下の原因になります。より重度の場合は、発育中の胎児に詰まりが起こります。詰まりによって尿圧が上がると、膀胱や腎臓の発育が妨げられます。さらに、胎児から羊水(子宮内の胎児の周囲を満たしている液体)に放出される尿の量が減少します。胎児が羊水に尿を十分に放出しなければ、羊水の量が少なくなります。羊水の量が少なすぎると、胎児の肺、心臓、および四肢の発育に問題が生じます。肺が十分に発育しないと、出生の直前や直後に死亡する可能性があります。出生後、患児には膀胱の排泄が不十分であったり腎臓の機能が低いという症状がみられます。

尿道狭窄は、尿道が狭くなった状態であり、原因は通常、外傷ですが、先天異常によって生じることがあります。男児で多くみられます。

外尿道口狭窄では、尿道の外側の開口部(外尿道口)が狭くなり、尿の流れを妨げます。ほとんどは、男児で陰茎の手術を受けたことがある場合か新生児期に割礼を受けた場合に起こります。

尿道の位置の異常

尿道が異常な場所に開口することがあります。

男児では、尿道が陰茎の先端ではなく、底部(尿道下裂)や上部(尿道上裂)に開口することがあります。尿道下裂がある男児には、しばしば尿道索(陰茎が下方向に曲がる)という別の異常や、包皮が陰茎の下面で癒合していない状態がみられます。尿道上裂がある場合は、尿失禁(意図しない排尿)がみられることがあります。

女児では、尿道が陰核と陰唇の間、腟の開口部の内側、まれに腹部に開口することがあります。

尿道瘤

尿道瘤は女児に発生します。尿道の粘膜が尿道口から飛び出た状態です。尿道瘤が発生すると、尿道口が赤く腫れたドーナツのような見た目になります。尿道瘤では典型的には症状がみられませんが、飛び出した組織から出血することがあり、女児のおむつや下着に血のしみがつきます。

重複尿道(過剰な尿道)

まれに、尿道が生まれつき2つ以上存在することがあります。たいていは一方だけが膀胱とつながっていますが、お互いにつながっていることもあります。

診断

  • 身体診察

  • ときに排尿時膀胱尿道造影検査

出生前では、通常行われる出生前超音波検査で、著しい尿路の詰まりを引き起こす尿道の異常が見つかることがあります。

出生後では、医師による身体診察小児健診の際に尿道の異常がしばしば見つかります。男児に後部尿道弁が疑われる場合、その男児が退院する前に排尿時膀胱尿道造影検査という検査を行います。排尿時膀胱尿道造影検査では、尿道から膀胱までカテーテルを挿入し、そのカテーテルを通して液体の造影剤(X線画像に写る物質)を注入してから、排尿する前と後にX線撮影を行います。

治療

  • 通常は手術による修復

詰まりや尿の逆流といった症状を引き起こしている尿道の異常は、通常は手術で是正する必要があります。

尿道が詰まっている場合は、できるだけ早急に詰まりを開く手術が行われます。尿道に異常、狭窄、または欠損がある場合は、そうした異常を是正する手術が必要なことがあります。

後部尿道弁がある男児には、診断が下された時点で手術が行われます。手術の目的は、詰まりを緩和してそれ以上の腎障害を予防することです。たとえ手術を行っても、膀胱が正常に機能せず、導尿やさらなる手術が必要になる場合があります。導尿とは、滅菌した柔軟な細い管(カテーテル)を尿道口から膀胱に入れて尿を排出する処置です。

尿道下裂がある男児では、手術で異常を是正し、尿道索など別の異常があればそれも是正します。

尿道瘤がある女児には、症状を軽減するためにエストロゲンを含有するクリームが投与されることがあります。尿道瘤は通常、時間が経過するにつれて消失し、手術が必要になることはまれです。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP