Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

小児の最も望ましい健康と成長の促進

執筆者:

Deborah M. Consolini

, MD, Sidney Kimmel Medical College of Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2015年 1月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

小児が可能な限り健康な状態でいるために、親ができることはいろいろあります。健康な体と心の基盤は幼児期に築かれます。乳幼児期は健康と、身体の成長、精神的/社会的/情緒的な発達にとても重要です。身体的な欲求がきちんと着実に満たされることで、乳児は世話をしてくれる人が満足感を与えてくれることをすぐに学び、それによって信頼と愛情の強いきずなが生まれます。健康な乳児は健康な小児、青年へと成長します。

健康

健康診断(小児健診)は乳児( 乳児健診 乳児健診 健康な乳児は、生後1年間は医師による健診を定期的に受ける必要があります。健診は、生後数日以内か生後2週までと、生後1、2、4、6、9カ月の時点で受けます。健診で医師は月齢別のガイドラインを参考に乳児の成長と発達を継続的にモニタリングし( 乳児と小児の身体的成長)、様々な発達上の指標について親に尋ねます(... さらに読む )、小児( 小児の健診 小児の健診 定期的に健康診断を受けると、小児の成長と発達についての情報が得られます。このような定期健診は、例えばトイレトレーニング( トイレトレーニング)について、親が質問をしたり助言を求める機会でもあります。米国小児科学会では、生後1年以降、1歳、1歳3カ月、1歳半、2歳、2歳半に健診を受け、その後は6歳まで年に1回健診を受けるよう推奨しています。... さらに読む 小児の健診 )、青年( 青年の健診 青年の健診 毎年1回の健診を受けることにより、医師や医療従事者による身体的成長と性的成熟の継続的なモニタリングのほか、アドバイスとカウンセリングを受けることができます。青年に対する毎年1回の健診は11歳から開始し21歳頃まで続きます。 定期的な健診では、予防接種記録の確認と、接種が推奨されるワクチンの投与なども行われます(... さらに読む )の健康促進と維持に重要です。小児健診は、定期的なワクチン接種と啓発による病気の予防を促し、医師が身体診察を行い病気の早期発見と治療ができる機会であり、子どもが身体的、情緒的、精神的な発達を遂げられるよう、親を指導する場です。健診中に医師は親子関係を観察し、アドバイスを与え、質問に答えます。

発達

乳児が感情と知的な面で発達するためには、愛情と刺激を与えられることが必要です。親の中には、子どものために様々なおもちゃと目新しい小物を使って、物であふれた不自由のない環境を与える人もいます。しかし、親と子どもが互いに触れ合い一緒に楽しむことの方が、特別なおもちゃよりも大切です。親が子どもに笑顔で接し、頻繁に優しく語りかけ、スキンシップをとり、愛情を与えれば、たくさんのおもちゃや目新しい小物を買い与えなくても、乳児は健全に成長します。

小児の望ましい成長を促すには、それぞれの小児の年齢、性格、発達段階、学び方に留意して、柔軟性をもって対応することが最も有効です。親、教師、小児自身が一緒になって取り組むのが最善の方法です。小児期には、一生涯続く好奇心と学ぶ姿勢を身につけられるような環境が必要です。小児には本と音楽を与えるべきです。親と子がお互いに質問したり質問に答えたりするような、対話型の読書を日常的に行うと、小児は注意力や読解力を身につけ、学ぶことへの関心をもつようになります。テレビを見たり、テレビゲームをする時間を1日当たり2時間以内に制限すると、人と相互に関わって遊ぶ時間を多くできます。

遊び仲間や幼稚園、保育所は、多くの幼児にとって有益です。この中で人と何かを共有するなどの重要な社会的技能を学ぶことができます。さらに、文字、数、色を認識するようにもなります。これらの能力を身につけると、小学校に適応しやすくなります。幼稚園や保育所という組織的な環境の中であれば、小児に発達面での問題があっても、早期に発見して、対処できることも重要な点です。

親は子どもを託児所( 保育 保育 約80%の小児が、小学校にあがる前に家庭外で保育を受けています。また、5~12歳の小児の多くが登校前や放課後に家庭外で保育を受けています。 保育を提供する人や場としては、以下の例が挙げられます。 親戚 近隣の住人 認可および無認可の個人宅 さらに読む )に預ける必要がある場合、子どもにとって最適な環境か、他者に預けることで実際に子どもに害がないか気になるものです。幼児は、自分の家でも託児所のような場所でも、そこが楽しくて小児を育てる環境であれば、同じようにうまくやっていくことができるといわれています。子どもを預ける環境に対するその子の反応をよく観察すると、最適な環境を選んであげることができます。たくさんの小児がいる託児所の環境にすぐ適応できる小児もいれば、自分の家や少人数の環境の方がうまくやっていける小児もいます。

学校から宿題が出るようになったら、親は次のようなやり方で手助けすることができます。

  • 子どもの宿題に興味を示す

  • 宿題に対する質問に答えるためにそばにいるが宿題に手出しはしない

  • 家で静かに勉強できる環境をつくる

  • 心配ごとがあれば教師と相談する

学年が進級するにつれて、課外活動を選ぶ際に小児が何を必要としているかを考慮してあげる必要が生じます。多くの小児は、チームスポーツに参加する機会や楽器を習う機会を得ることで、大きく成長します。これらの活動は、社会的技能を高める場としても適しています。一方で、スケジュールが過密な場合や、あまりに多くの活動に参加することを求められると、それをストレスと感じるようになる小児もいます。課外活動では小児を励まして支援する必要がありますが、現実離れした期待を押しつけないことも大切です。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP