Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

乳児健診

執筆者:

Deborah M. Consolini

, MD, Thomas Jefferson University Hospital

最終査読/改訂年月 2015年 1月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

健康な乳児は、生後1年間は医師による健診を定期的に受ける必要があります。健診は、生後数日以内か生後2週までと、生後1、2、4、6、9カ月の時点で受けます。健診で医師は月齢別のガイドラインを参考に乳児の成長と発達を継続的にモニタリングし( 乳児と小児の身体的成長 乳児と小児の身体的成長 身体的成長とは、体の大きさ(体長または身長と体重)と臓器の大きさが増すことです。出生後から約1~2歳まで、小児は急速に成長します。その後、成長の速度は遅くなります。成長の速度が遅くなると、必要なカロリーも少なくなり、小児の食欲が減っていることに気づく親もいます。2歳になると、小児が非常に不規則な食べ方をすることがあり、ときに不安になる親も... さらに読む )、様々な発達上の指標について親に尋ねます( 出生後から生後12カ月までの発達の目安* 出生後から生後12カ月までの発達の目安* 出生後から生後12カ月までの発達の目安* )。ときに検査を行い、また、数多くの健診を通じて様々な病気に対するワクチン接種も行います( 小児期の予防接種スケジュール 小児期の予防接種スケジュール 米国では、ほとんどの医師は米国疾病予防管理センター(CDC—CDCのウェブサイトを参照)が推奨している予防接種スケジュールに基づいて予防接種を行っており、このスケジュールは病院の新生児室で行われるB型肝炎ワクチンの接種から始まります。(小児期の予防接種も参照のこと。) 親は子どもにスケジュールに従って予防接種を受けさせるよう努めるべきです。予防接種のタイミングがかなり遅れると、小児にワクチンで予防しえた深刻な病気にかかるリスクが生じます... さらに読む )。

乳児健診では、食事、睡眠、行動、安全、栄養、運動、健康上の良い習慣などについて親に指導します。さらに、次回の健診までの間に乳児にどのような発達上の変化がみられるかについてもアドバイスします。

診察

スクリーニング

安全面

健診時に月齢に合わせて医師は、小児の安全に関する指導を親に行います。

以下の安全に関する指導の対象は出生後から生後12カ月までの乳児です。

  • 後向きチャイルドシートを使用する

  • 家庭の湯温を49℃以下に設定する

  • おむつ替え台や階段からの転落を防止する

  • あお向けで寝かせる、固いマットレスを使用する、同じベッドで寝ない、ベビーベッドに枕や囲いパッド、ぬいぐるみ、毛布を置かない

  • 窒息を起こしたり肺に吸い込んでしまうような食べものや物体を乳児に与えない

  • 幼児用歩行器は使わない

  • 安全のため戸棚には留め金を、コンセントにはカバーを付ける

  • 乳児が歩き始めのころや、浴槽の中や水の近くにいるときは目を離さない

栄養面と運動面

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP