Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

幼児における中耳の感染症の概要

(中耳炎)

執筆者:

Udayan K. Shah

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

中耳の感染症(中耳炎)は鼓膜のすぐ奥の空間(中耳)の感染症です。

耳の内部の構造

耳の内部の構造

中耳の感染症(中耳炎)は年長児や成人( 急性中耳炎を参照)にも起こりますが、生後3カ月から3歳の小児に極めてよくみられます。中耳の感染症はかぜ(感冒)とほぼ同程度によくある病気です。以下のようないくつかの理由から、幼児は特に中耳炎にかかりやすい状態にあります。

  • 耳管の太さと長さが成人と異なる

  • 一般的に感染症にかかりやすい

  • 感染症にさらされる機会が多い

  • おしゃぶりの使用

その他の重要な危険因子としては、以下のものがあります。

  • タバコの煙にさらされる

  • 家族に頻繁に耳の感染症が起こる人がいる

耳管中耳鼻腔をつないでいる管で、外界と中耳内の圧力のバランスを保つ手助けをしています。年長児や成人では、耳管は比較的垂直で、太く硬く、分泌液が鼻腔から流れ込んでも容易に排出されます。乳幼児では、耳管がより水平に近く、細くてあまり硬くなく、長さもより短くなっています。そのため、耳管は分泌物で詰まったりつぶれたりしやすいと考えられ、それによって分泌物が中耳の中やすぐ近くにたまり、空気が中耳まで通らなくなります。また、分泌物にはウイルスや細菌が含まれている場合があり、増殖して感染症を引き起こすことがあります。あるいは、ウイルスや細菌が乳児の短い耳管を通って中耳に入り込み、中耳炎を引き起こす場合もあります。

耳管:気圧を等しく保つ

耳管は、体外の空気を中耳に送り込むことによって、鼓膜の内外の気圧を等しく保つのに役立っています。耳管がふさがると空気が中耳に届かないため、中耳の内圧が低下します。中耳内の気圧が外耳道の気圧より低いと鼓膜は内側に膨らみます。気圧の差は痛みを引き起こし、鼓膜に内出血が生じたり鼓膜が破れたりすることがあります。

耳管:気圧を等しく保つ

生後約6カ月の時点で、乳児が出生前に胎盤を通じて母親から受け継いだ抗体による防御がなくなるため、感染症にかかりやすくなります。母乳を与えている場合、母乳には母親からの抗体が含まれているため、耳の感染症から小児がある程度守られると考えられます。

またこの時期には、乳児が人と接する機会が増え、他の小児やいろいろな物にさわった後でその指を口や鼻に入れて、ウイルス感染症にかかることがあります。ウイルス感染症から、中耳炎に至る場合があります。保育施設に行くと、かぜのウイルスに曝されるリスクが高まり、中耳炎にもかかりやすくなります。

おしゃぶりの使用によって、耳管の機能が妨げられ空気が中耳に届かなくなる場合があります。

感染した耳には、すべての小児で痛みが生じます(耳の痛みを参照)。乳児が中耳炎にかかっている場合には、単にぐずったり、睡眠障害がみられるだけのこともあります。幼児ではしばしば、発熱、吐き気、嘔吐下痢がみられます。

診断

  • 医師の診察

中耳の感染症を検出するために、医師は耳鏡で耳を観察し、鼓膜に腫れや発赤がないか調べます。

治療

  • ときに抗菌薬

急性中耳炎滲出性中耳炎(鼓膜の奥に滲出液[しんしゅつえき]がたまる)は、通常、抗菌薬を使用しなくても治ります。しかし、急性中耳炎を治療するために抗菌薬が投与されることがあります。治らない滲出性中耳炎は手術による治療が必要になる場合があります。

慢性中耳炎は頻繁に再発したり、長く続いたりします。こういった感染の治療には、点耳薬、抗菌薬、およびときに手術が必要です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP