Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

小児の滲出性中耳炎

執筆者:

Udayan K. Shah

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2017年 7月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

滲出(しんしゅつ)性中耳炎は、鼓膜の奥に滲出液がたまり、それが急性中耳炎または耳管の閉塞の後に残る状態です。

  • 通常は過去の耳の感染症が原因ですが、耳管閉塞の結果として発症する小児もいます。

  • 痛みはありませんが、滲出液によって聴覚が損なわれる可能性があります。

  • 診断は、鼓膜の身体診察と、ときにティンパノメトリー検査によって下されます。

  • 滲出性中耳炎は通常治療しなくても治りますが、鼓膜への換気チューブの設置手術が必要になる場合もあります。

耳の内部の構造

滲出性中耳炎( 滲出性中耳炎 滲出性中耳炎 滲出性(しんしゅつせい)中耳炎は、中耳に滲出液がたまった状態です。 滲出性中耳炎は急性中耳炎が完全に治癒しなかったり、アレルギーにより耳管が詰まったりした場合に生じます。 発症した側の耳が詰まっているように感じたり、一時的な難聴が生じたりすることがあります。 医師は、耳を診察し、ティンパノメトリー検査を用いてこの病気を診断します。 滲出液が排出されるよう鼓膜を切開することが必要になる場合もあります。 さらに読む 滲出性中耳炎 を参照)は急性中耳炎 小児の急性中耳炎 (幼児における中耳の感染症の概要も参照のこと。) 急性中耳炎は細菌やウイルスの感染による中耳の感染症で、通常はかぜ(感冒)に併発します。 細菌やウイルスが中耳に感染を引き起こします。 耳の感染症のある小児は、発熱が起きてよく眠れなくなる場合があり、泣いたり、不機嫌になったり、耳を引っぱったりすることがあります。 医師は、耳鏡と呼ばれる手持ち式のライトを使って鼓膜に発赤(赤み)や腫脹(腫れ)がないか確認し、鼓膜の奥に体液がたまっていないか... さらに読む の後に起こることがよくあります。急性中耳炎の際に鼓膜の奥にたまった滲出液が、感染症が治った後も残ります。滲出性中耳炎は先行する耳の感染症がなくても起きる場合もあります。原因としては、感染症による耳管(中耳 中耳 耳は、聴覚と平衡感覚をつかさどる器官で、外耳、中耳、内耳で構成されています。 外耳、中耳、内耳の連携した働きによって、音波が神経インパルス(神経を伝わる信号)に変換され、それが脳に伝えられて、脳で音として認識されます。 内耳は体のバランスを保つ機能にも役立っています。 外耳は、耳介(じかい)と呼ばれる耳の外側の部分と外耳道で構成されています。 耳介は軟骨組織が皮膚で覆われたもので、音波をとらえて、外耳道から鼓膜(外耳と中耳を隔てる薄い膜... さらに読む 鼻腔 鼻と副鼻腔 鼻は、嗅覚器官であるとともに、肺に出入りする空気の主な通り道にもなっています。鼻は、肺に向かう空気を温め、加湿し、きれいにします。鼻の周囲の顔面の骨には副鼻腔と呼ばれる空洞があります。副鼻腔には、上顎洞(じょうがくどう)、篩骨洞(しこつどう)、前頭洞(ぜんとうどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)の4組があります()。副鼻腔は、顔面の骨と頭蓋骨の重量を減らしつつ、骨の強度と形を維持させています。また、鼻と副鼻腔の空洞部分は、声に響きを加... さらに読む をつなぐ管)の閉塞、アデノイド(のどと鼻腔が出会う場所にあるリンパ組織の集まり)の腫れ 扁桃とアデノイドの腫れ 小児では、感染症が原因で扁桃とアデノイドが腫れることがありますが、腫れているのが正常な場合もあります。 腫れが症状を引き起こすことは通常ありませんが、呼吸困難や嚥下(えんげ)困難、のどの痛み、ときに繰り返す耳や副鼻腔の感染症、または閉塞性睡眠時無呼吸症候群を引き起こす可能性があります。 抗菌薬は細菌感染が疑われる場合に用いられることがあり、ときに扁桃やアデノイドを切除する場合もあります。... さらに読む 、腫瘍(まれ)、または可能性として胃食道逆流症 小児の胃食道逆流 胃食道逆流とは、食べものと胃酸が胃から食道に、ときには口の中にまで戻ってくることです。 逆流の原因として考えられるのは、授乳中の乳児の姿勢、授乳量が多すぎた場合、カフェイン、ニコチン、タバコの煙にさらされた場合、食物不耐症や食物アレルギー、消化管の異常などがあります。 乳児では、嘔吐、過度の吐き出し、摂食障害や呼吸障害がみられたり、不機嫌なように見えることもあります。 胃食道逆流症の診断に際して行われる検査は、バリウム検査、食道pHモニ... さらに読む があります。アレルギー(季節性アレルギー 季節性アレルギー 季節性アレルギーとは、1年の特定の時期にだけ出現する花粉などの空気中を漂う物質にさらされることが原因で起こるアレルギーです。 症状は皮膚のかゆみ、鼻水、涙目、目の充血、くしゃみです。 通常は、特定の季節に典型的な症状(鼻水、鼻のかゆみ、目のかゆみなど)がみられる場合に、このアレルギーと診断できます。 症状緩和には、コルチコステロイドの鼻腔スプレー、抗ヒスタミン薬、鼻閉改善薬が有用です。... さらに読む 季節性アレルギー 通年性アレルギー 通年性アレルギー 通年性アレルギーは、ハウスダストなど年間を通じて空気中を漂う物質にさらされることで起こります。 鼻が詰まって、むずがゆく、鼻水が出ることがあります。また、口の中と、のどがかゆくなります。 症状と、アレルギー反応の引き金になった活動から診断が示唆されます。 アレルゲンを避けるのが最も効果的ですが、抗ヒスタミン薬などの薬で症状を軽減することができます。 通年性アレルギーは季節に関係なくいつでも発症し、1年中続くこともあります。たいていはハウ... さらに読む など)も滲出性中耳炎を発生しやすくすることがあります。滲出性中耳炎は、生後3カ月から3歳の小児に極めてよくみられます。

通常は痛みはありませんが、滲出液によってしばしば聴覚障害が引き起こされます。会話の理解、言葉の発達、学習、行動に影響を与える程に聴覚が障害されることもあります。詰まった感覚、圧迫される感覚、またはものを飲み込んだ際のポンと抜けるような感覚を耳に覚えることがあります。

診断

  • 医師による鼓膜の診察

  • ときにティンパノメトリー検査

医師は、鼓膜の色や外観の変化がないかを観察し、耳の中に空気を送って鼓膜が動くかどうかを調べることによって、滲出性中耳炎の診断を行います。鼓膜は動かないけれども、発赤や腫れもなく、ほとんど症状がない場合は、滲出性中耳炎の可能性が高いと考えられます。

医師は、青年では鼻腔とのどを診察して腫瘍がないか確認します。

治療

  • しばしば治療を行わない

  • ときに鼓膜切開術、加えて鼓膜チューブの挿入を行うことも行わないこともある

  • ときにアデノイド切除術

滲出性中耳炎は自然に治ることが多く、通常は2~3週間で治ります。抗菌薬やその他の薬(鼻閉改善薬など)は役に立ちません。アレルギーのある小児には抗ヒスタミン薬の内服薬、コルチコステロイドの鼻腔スプレー、またはその両方が投与されることがあります。

滲出性中耳炎が長引き、1~3カ月経過しても改善しない場合には、手術が役に立つことがあります。米国では、鼓膜切開術が行われることがあります。この手術では、鼓膜を小さく切開して滲出液を取り除き、中耳から外耳へ液体を排出するために切開部に細い換気チューブ(鼓膜チューブ)を挿入します。同時にアデノイドも切除することがあります(アデノイド切除術)。鼓膜切開術では、内部の液体を除去するだけで換気チューブを入れない場合もあります。液体を除去してもチューブを入れない場合、この処置は鼓室穿刺と呼ばれます。

ときに、バルサルバ法またはポリッツェル法で中耳を一時的に開放することができます。どちらの方法を行う場合でも、患児が指示に従うことができなければならず、また、鼻水を伴う感染症にかかっていてもいけません。バルサルバ法では、患児は口を閉じたまま鼻をつまみ、その状態で鼻から強引に空気を出そうとする動作を行います(耳抜き)。ポリッツェル法では、医師が特殊なシリンジを使って片方の鼻孔に空気を送り込み、もう片方の鼻孔をふさいだ状態で、患児につばを飲み込ませます。

鼻腔と副鼻腔の細菌感染症の治療には、抗菌薬が投与されます。

鼓膜切開術:繰り返し起こる耳の感染症の治療

鼓膜切開術では、中耳から液体が排出されるように、医師が鼓膜に小さな穴をあけます。続いて、合成樹脂製または金属製の小さな中空の管(鼓膜チューブ、または換気チューブ)を鼓膜の穴に留置します。換気チューブによって外界と中耳内の圧力のバランスが保たれます。 耳の感染症(急性中耳炎)を繰り返す一部の小児や、中耳に液体がたまる状態が長引いたり何度も起こったりする小児(慢性滲出性中耳炎)には、この換気チューブによる治療法が推奨されています。

換気チューブの留置はよく行われる手術で、病院や診療所の外来で実施されます。通常、全身麻酔か鎮静が必要です。手術後は通常、数時間で帰宅できます。ときに、手術後に数週間、抗菌薬の点耳薬が投与されることがあります。通常、この換気チューブは6~12カ月後には自然に外れて出てきますが、それより長くとどまるタイプもあります。チューブが自然に外れない場合は医師が取り除きます。これはときに全身麻酔下または鎮静下で行われます。あけた穴が自然に閉じない場合は、手術で閉じなければならないことがあります。

換気チューブを入れている場合でも、髪を洗ったり泳いだりできますが、頭を完全に水中に沈める場合は必ず耳栓をするように指導する医師もいます。

耳から液体が出てくる場合は感染症があることが示され、医師に知らせる必要があります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP