Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

小児における耳、鼻、のどの病気に関する序

執筆者:

Udayan K. Shah

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

耳、鼻、のどの病気、特に感染症は小児には極めてよくみられます。

  • 耳の感染症は、かぜ(感冒)とほぼ同程度によくある病気です。 耳の感染症には、鼓膜の奥(中耳)に生じる中耳炎と、鼓膜の手前(外耳)に生じる外耳炎があります。

  • のどの感染症は通常、重篤なものではありませんが、小児にとっては不快で、学校を休んだり何度も通院が必要な場合があります。

耳の内部の構造

耳の内部の構造

鼻とのどの内部の構造

鼻とのどの内部の構造

その他の病気、例えば聴覚障害首のしこりなどが小児に発生することは比較的少ないですが、発生した場合は深刻である可能性があります。一般に、小児の耳、鼻、のどの異常( 再発性呼吸器乳頭腫症および 若年性血管線維腫を参照)が数日以内に治らない場合は、医師の診察を受ける必要があります。ときに、このような病気や異常を治療しないと、コミュニケーション障害に至ることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP