Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

先天性白内障

執筆者:

Christopher M. Fecarotta

, MD, Phoenix Children’s Hospital;


Wendy W. Huang

, MD, PhD, Phoenix Children’s Hospital

最終査読/改訂年月 2018年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

先天性白内障とは、出生時または出生直後から存在する痛みを伴わない水晶体の混濁のことです。

(成人における白内障も参照のこと。)

先天性白内障には様々な原因があります。遺伝(複数の遺伝子疾患または染色体異常症)によることもあれば、代謝性疾患(ガラクトース血症など)に関連することもあり、子宮の中で感染した感染症(風疹など)や妊娠中の母親の他の病気によることもあります。

先天性白内障は片眼にのみ現れることもあれば、両眼に現れることもあります。出生時に眼の診察を一通り行わなければ気がつかないことがあります。他の白内障と同様、水晶体の混濁により、視力が妨げられることがあります。白内障のある乳児は、あらゆるタイプの眼の病気の評価と治療を専門とする医師(眼科医)による評価を必ず受けなければなりません。

なかには、水晶体の一部のみを覆う白内障(部分白内障)もあり、その場合は、10歳までの間に混濁が始まります。 部分的な白内障では、視力は比較的良好です。

治療

  • ときに、白内障手術

  • 弱視があればその治療

必要であれば、眼科医が眼に小さな切開を加え、先天性の白内障を除去することがあります。白内障手術後は多くの場合、プラスチック製またはシリコン製のレンズ(眼内レンズ)を挿入します。術後は、眼鏡コンタクトレンズ、またはその両方を処方して視力を矯正します。

白内障を片方の眼から除去した後も、治療した方の眼で見る像は他方の眼(正常であると仮定します)で見る像に比べて質が劣ります。脳は視力が良い方の眼を好むため、質が悪い方の像を抑制してしまい、弱視(脳が片方の眼からの像を無視するために起こる視力の低下)になります。治療した方の眼の視力を十分に矯正できない場合、しばしば視力が良い方の眼をアイパッチで覆ったり、視野をかすませる点眼薬をその眼にさしたりして、治療した方の眼を強制的に使うようにさせます。視力が良い方の眼にアイパッチや点眼薬を使用することで、治療した方の眼が正常な視力を獲得する助けになります。

両眼から白内障を除去した場合、両眼の像の質が同程度であった小児の方が、両眼で同等の視力を獲得しやすい傾向があります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP