Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

小児の虫垂炎

執筆者:

William J. Cochran

, MD, Geisinger Clinic

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

虫垂炎とは、虫垂に起こる炎症や感染症です。

  • 硬い便が詰まったり(糞石)、様々な感染に伴い腸のリンパ節が腫れて虫垂をふさいでしまうと、虫垂炎が起こるようです。

  • 痛みは典型的にへそ(臍)の辺りから始まって、右下腹部に移動しますが、広範囲にわたることもあり、痛みから小児が怒りっぽくなったり、元気がなくなったりすることがあります。

  • 診断は困難で、血液検査、超音波検査、CT検査、MRI検査、腹腔鏡検査が必要になることがあります。

  • 炎症を起こした虫垂は手術で切除されます。

(成人については、虫垂炎を参照のこと。)

虫垂は小指ほどの長さの腸の一部で、身体的に重要な機能は特にありません。しかし、虫垂炎は緊急の治療を要する事態で、手術を必要とします。1歳未満の小児の虫垂炎はまれですが、成長するに従って多くなり、青年と20代の成人で最も多くなります。

硬い便(糞石)や、様々な感染に伴い腸のリンパ節が腫れて虫垂をふさいでしまうと、虫垂炎が起こるようです。いずれの場合も虫垂は腫れ、虫垂内部で細菌が増殖します。まれに、飲み込んだ異物や特定の寄生虫による感染症(糞線虫症など)でも虫垂炎が起こる可能性があります。

虫垂炎の合併症

虫垂炎が発見されなかったり治療されなかったりすると、虫垂は破裂し、感染によって生じた膿のたまった袋(膿瘍[のうよう])が腸の外側にできたり、腸の内容物が腹腔内にまき散らされたりして、重篤な感染症(腹膜炎)が生じます。虫垂炎の小児の約25%は、病院到着時にすでに虫垂が破裂しています。

症状

虫垂炎ではほぼ必ず痛みが生じます。痛みは腹部中央のへその辺りから始まって、右下腹部に移動します。痛みは、右下腹部だけに限られず、腹部全体に広がっていることがあります(特に乳児や小児の場合)。年齢の低い小児では、どこが痛いのかをはっきり伝えられないことがあり、極めて怒りっぽくなったり、元気がなくなったりすることもあります。医師が腹部を押すと、通常は虫垂のある辺りに圧痛がみられます。

多くの小児は、痛みが始まった後に嘔吐し、食べたがらなくなります。微熱(37.7~38.3℃)もよく起こる症状の1つです。このパターンはウイルス性胃腸炎と異なります。ウイルス性胃腸炎では、たいていまず嘔吐が起こり、その後に痛みと下痢が生じます。虫垂炎の小児において、ひどい下痢がみられることはまれです。

診断

  • 超音波検査

  • ときに他の画像検査

  • ときに腹腔鏡検査

小児の虫垂炎の診断は、様々な理由から困難な場合があります。ウイルス性胃腸炎メッケル憩室腸重積クローン病など、同じような症状を引き起こす病気が多くあります。小児では、とりわけ虫垂が右下腹部の通常の位置にない場合など、典型的な症状や身体所見が現れないこともしばしばです。

ほとんどの場合、小児を放射線にさらさないように、超音波検査が行われます。診断がはっきりしない場合、CT検査MRI検査が行われることがあります。虫垂炎が疑われる場合、血液検査と画像検査の結果を待つ間に、通常は輸液と抗菌薬の静脈内投与が行われます。

診断がはっきりしない場合、細い内視鏡を腹壁から挿入し、腹部内を観察する腹腔鏡検査を行うことがあります。腹腔鏡検査の際に虫垂炎が見つかれば、腹腔鏡を用いて虫垂を切除します。あるいは、特に症状と所見が虫垂炎に典型的なものでない小児では、身体診察を繰り返すだけの場合もあります。時間の経過に伴って症状と圧痛が悪化するか緩和するかを把握することは、虫垂炎であるかどうかを判断するために役立ちます。

予後(経過の見通し)

早期に治療を行えば、虫垂炎の小児の全体的な予後は非常に良好です。治療を受けた小児が虫垂炎で死亡する割合は1%未満です。

虫垂が破裂するまで小児が治療されなかった場合(3歳未満の小児に最も多い)、予後は悪くなります。幼児では、死亡率は80%にも上る場合があります。学齢期の小児では破裂はあまりみられず、死亡率は10~20%です。破裂した虫垂の手術を受けた小児の約10~25%に合併症がみられます。

治療しなければ、虫垂炎が自然に消失することはまれです。しかし逆に虫垂炎を治療しないと、通常は進行して腹膜炎、腹腔内膿瘍を起こし、ときに死に至ります。

治療

  • 虫垂切除術

  • 抗菌薬の静脈内投与

虫垂炎の最適な治療法は、炎症を起こした虫垂を手術で切除することです(虫垂切除術)。手術の前に抗菌薬を静脈内投与し、合併症のリスクを抑えます。最近では、手術を行わずに抗菌薬を投与することで、虫垂炎の治療が可能かどうかが研究されています。一部の小児では抗菌薬のみの治療に効果があるようですが、手術が必要な小児もいます。米国では、依然として手術が推奨されています。

虫垂切除術は比較的簡単で安全な手術であり、虫垂の破裂などの合併症がなければ入院も2~3日で済みます。虫垂が破裂した場合は、虫垂を切除してから腹腔内を液体で洗浄し、抗菌薬を数日間投与して、感染症や腸閉塞などの合併症が起こらないか観察します。

外科医が虫垂切除術を行っている最中に虫垂が正常だと分かることが10~20%程度あります。虫垂炎が疑われる場合に手術が遅れると深刻な結果につながるため、このような例は医療ミスとはみなされません。 虫垂が正常だと分かった場合には、痛みの原因がほかにないか腹部を調べます。 通常は、小児が将来虫垂炎を発症しないよう、正常な虫垂を切除します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP