Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

小児の全般不安症(GAD)

執筆者:

Josephine Elia

, MD, Sidney Kimmel Medical College of Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2017年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

全般不安症(全般性不安障害とも呼ばれます)では、数多くの活動や出来事に対して、過剰に神経質になったり、心配したり脅威を感じたりする状態が持続的にみられます。

  • 心配のある状態のために、全般不安症の小児では注意を払うことが難しいという問題がみられるほか、落ち着きがなく怒りっぽいこともあります。

  • 全般不安症の診断は、6カ月以上続く特徴的な症状に基づいて下されます。

  • リラックスする方法を訓練することが最善の治療法ですが、不安を軽減するための薬剤が必要になることもあります。

小児と青年における不安症の概要と成人における全般不安症も参照のこと。)

症状

全般不安症の小児では全般的な心配がみられ、それは多くの事柄や活動に及びます。心配をコントロールすることは困難です。ストレスにより不安が高まります。

全般不安症の小児は、物事に注意を払うことが難しく、多動、落ち着きのなさ、怒りっぽいといった症状もみられることがあります。興奮、緊張、いらだちがみられることもあります。また、睡眠が十分でなくなったり、汗を大量にかいたり、疲れたり、腹痛や筋肉痛、頭痛などの身体症状を訴えたりすることもあります。

診断

  • 症状

全般不安症の診断は、症状に基づいて下され、特定の活動や状況を対象とするものではない過剰な心配や、あるいは多くの活動や状況に対する過剰な心配がみられる場合に、この病気と診断されます。

全般不安症は、症状が6カ月以上続いている場合に診断されます。

治療

  • リラクゼーション訓練

  • ときに薬剤

不安が軽度の場合は通常、リラクゼーション訓練が最も適切な治療法です。その他のカウンセリングも試みられる場合があります。

不安が重度の場合や、カウンセリングが有効でない場合には、不安を軽減する薬剤、通常は選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、ときにブスピロン(抗不安薬の一種)が必要になることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP