honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

細菌性気管炎

執筆者:

Rajeev Bhatia

, MD, Phoenix Children's Hospital

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

細菌性気管炎とは、気管の細菌感染症です。

細菌性気管炎はまれな病気で、どの年代の小児も罹患する可能性があります。原因として最もよくみられる細菌は、黄色ブドウ球菌レンサ球菌です。突然発生し、息を吸うときに大きなキューキューいう音(吸気性喘鳴)が聞こえ、高いが出て、しばしば大量の膿のかたまりのようなたんが出るのが特徴です。

まれに、クループまたは気管挿管(口または鼻から気管へ合成樹脂製の呼吸用のチューブを挿入すること—{blank} 人工呼吸器)の合併症として細菌性気管炎が起こります。

診断

  • 喉頭鏡検査

  • 首のX線検査

細菌性気管炎の診断は症状に基づいて下されます。

診断を確定するには、特別な器具(喉頭鏡)を使ってのどを観察します。細菌性気管炎とクループは似ていますが、首のX線検査を行うと細菌性気管炎ではクループの場合と異なり、のどがでこぼこしています。そのため両者を区別するためにしばしばX線検査が行われます。

治療

  • 気管挿管

  • 抗菌薬

治療により、ほとんどの患児が完全に回復します。

非常に状態が悪い小児には、気管挿管が必要です。気道にチューブを挿入することで、気管が腫れによってふさがるのを防止できます。

セフロキシム(cefuroxime)やバンコマイシンなどの抗菌薬を投与して感染症を治療します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP