Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

陣痛・分娩の合併症に関する序

執筆者:

Julie S. Moldenhauer

, MD, Children's Hospital of Philadelphia

医学的にレビューされた 2020年 1月
プロフェッショナル版を見る

通常、 陣痛と分娩 陣痛と分娩の概要 陣痛および分娩の経過は人によって異なりますが、ほとんどの場合、一般的な経過をたどります。したがって妊娠したら出産に向けて体にどのような変化が起こり、妊婦のサポートのためにどのような対策が行われるかについて、大体のことを知っておくとよいでしょう。また、子どもの父親もしくはパートナーが出産に立ち会うか、どこで出産するかといったこともあらかじめ... さらに読む で問題が生じることはありません。深刻な問題が起こることは比較的まれで、ほとんどが予期できるため効果的に治療できます。しかし、ときには思いがけない問題が突然起こることもあります。妊娠中に医師や助産師の定期健診を受けていると、起こりうる問題を予測し、健康な子どもを安全に出産できる可能性が高まります。

問題としては以下のものがあります。

癒着胎盤は妊娠中に発見されることもあれば、分娩後に発見されることもあります。

ほとんどの問題は、分娩が始まる前から明らかです。例えば以下のものです。

あるいは、陣痛中や分娩中に発生したり、明らかになる問題があります。例えば以下のものです。

合併症が発生すると、自然分娩および経腟分娩に代わる方法が必要な場合があります。例えば以下のものです。

胎児の娩出直後に起こったり、胎盤の娩出の前後に起こる問題があります。例えば以下のものです。

陣痛と分娩の時期

出産予定日(通常は妊娠40週に相当する日)の当日に出産する人は全体の10%にすぎません。50%が予定日の前後1週間に出産し、90%近い人が予定日の前後2週間に出産します。

知っていますか?

  • 予定日当日の出産は全体の約10%にすぎません。

分娩の時期には以下の可能性があります。

これらが起こると、胎児の健康や生命が危険にさらされる可能性があります。

母体や胎児に医学的問題がある場合や、胎児の姿勢が異常な場合には、分娩開始が早まったり、遅れたりすることがあります。

受胎日が正確に分かることは少ないため、妊娠期間を正しく把握することは困難です。妊娠の初期に妊娠期間を推定するには、安全で痛みを伴わない超音波検査が役立ちます。しかし、妊娠の中期から後期になると、超音波検査によって割り出される妊娠期間の信頼性は低下します。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP