Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

陣痛誘発

執筆者:

Julie S. Moldenhauer

, MD, Children's Hospital of Philadelphia

最終査読/改訂年月 2018年 6月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

陣痛の誘発とは、人工的に陣痛を開始させることです。

通常は子宮の収縮を強めて収縮回数を増加させる、オキシトシンを投与します。このオキシトシンは脳下垂体から分泌される オキシトシンと同じものです。オキシトシンの用量を正確にコントロールできるように注入ポンプを使って、静脈内に投与します。

子宮の収縮を誘発する前に、胎児の娩出ができるよう子宮頸部が薄くなり(展退)、開き始める(開大)状態になっている必要があります。ときに、子宮頸部の展退と開大を助けるため、いくつかの方法を用いることができます。

  • プロスタグランジン(ミソプロストールなど)を腟内に投与する。

  • バルーンの付いた細く柔軟なチューブ(カテーテル)を子宮頸部に挿入する。バルーンを膨らませて穏やかに圧迫することで、子宮頸部が開大する。

  • 乾燥させた海藻の茎(ラミナリア桿)を子宮頸部に挿入する。ラミナリアは水分を吸収して拡張し、子宮頸部を開大させます。

陣痛の誘発が必要になる問題には以下のものがあります。

ときに、健康上の問題に関係のない理由で陣痛が誘発されます。例えば、過去の妊娠で急速な分娩を経験している場合に陣痛誘発が行われることがあります。そのような場合、陣痛誘発を行うことで、医師またはその他の医療従事者が胎児の分娩のために待機することができます。

以下の状況では、陣痛誘発は行いません。

陣痛を誘発している間や分娩中は、分娩監視装置で胎児の心拍数を継続的にモニタリングします。まず、分娩監視装置を母親の腹部に取り付けます。ときに、破水後は内測法の分娩監視装置を腟から挿入して、胎児の頭皮に取り付けることもあります。

陣痛誘発に効果がない場合は、帝王切開によって胎児を娩出します。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP