Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

遷延分娩

(遷延分娩)

執筆者:

Julie S. Moldenhauer

, MD, Children's Hospital of Philadelphia

最終査読/改訂年月 2018年 6月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

胎児が大きすぎる場合、胎児の姿勢が異常な場合や、産道が狭すぎる場合、子宮の収縮が弱すぎたり強すぎたりする場合には、胎児の産道の通過に時間がかかり、遷延分娩という状態になります。

遷延分娩の原因としては以下のものがあります。

  • 胎児が大きすぎて産道(骨盤と腟)を通過できない

  • 胎児の姿勢の異常

  • 産道が狭すぎる

  • 子宮の収縮が弱すぎる、または回数が少なすぎて胎児が下降しない

  • ときに、陣痛による収縮が強すぎる、または陣痛の間隔が短すぎる

医師は胎児と産道の大きさを推測し、胎児の姿勢を確認します。また、陣痛の強さと回数も確かめます。これらの要素から処置を決めます。

産道が十分開いているにもかかわらず分娩が進行しない場合は、オキシトシンを静脈内投与し、子宮がもっと強く収縮するよう刺激します。オキシトシンを投与しても効果がなければ、帝王切開が必要な場合があります。胎児がすでに産道を下降し娩出できる位置にいる場合には、帝王切開ではなく吸引器または鉗子を使用することがあります。

胎児が大きすぎる場合は帝王切開を行います。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP