Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

帝王切開

執筆者:

Julie S. Moldenhauer

, MD, Children's Hospital of Philadelphia

最終査読/改訂年月 2020年 1月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

帝王切開では、母親の腹部と子宮を切開して胎児を外科手術により取り出します。

米国では分娩の最大30%が帝王切開で行われています。

以下のような場合には帝王切開が母体や胎児、あるいはその両方にとって経腟分娩よりも安全であると考えられるため、帝王切開を行います。

以前は、女性が過去に1回帝王切開で分娩していると、医師は以降の妊娠で必ず帝王切開を推奨していました。子宮の切開による傷あとが分娩中に開くかもしれないという( 子宮破裂 子宮破裂 子宮破裂とは、子宮が自然に裂けて開くことです。このため、胎児が腹部に移動することがあります。 子宮破裂はめったに起こりません。子宮破裂は迅速な治療を要する緊急事態です。 子宮破裂は分娩前や分娩中に生じます。 以下により子宮破裂のリスクが上昇します。 過去に帝王切開の経験があり、特に自然に陣痛が起こったのではなく、陣痛が人工的に開始( 陣痛誘発)された場合。 さらに読む )懸念があったためです。しかし現在では、帝王切開で子宮の下部が横方向に切開された場合には、その後の子宮破裂のリスクは低いと認識されています。そのため、妊婦が過去に受けている帝王切開が1回のみで、子宮の下部が横方向に切開されていた場合、経腟分娩(帝王切開後の経腟分娩:VBAC)を選択することが可能です。ただし、妊婦が2回以上の帝王切開を経験している場合、多くの医師は以降の妊娠はすべて帝王切開で分娩することを推奨します。妊婦は、VBACを試みるかどうかを決断する前に、そのリスクについて主治医と話し合うべきです。多くのセンターでは、VBACを問題なく安全に行えるかどうかについて、母体と胎児をチェックリストを用いて評価しています。

過去に1回帝王切開で分娩している妊婦が経腟分娩を選択した場合、以下の理由により、直ちに帝王切開を行うことのできる設備の整った医療機関での出産を予定すべきです。

  • 経腟分娩が成功するのは、過去に1回帝王切開で分娩している女性の60~80%のみである。

  • 子宮破裂のリスクがわずかながら存在する。

知っていますか?

  • 過去に子宮下部の横方向の切開による帝王切開を1回だけ経験している場合、次の妊娠時の経腟分娩の可能性について医師に相談することができます。

帝王切開には産科医、麻酔医、看護師が参加し、ときに小児科医が加わることもあります。麻酔薬、静脈内注射薬、抗菌薬の投与や輸血により、帝王切開を安全に行うことができます。

帝王切開では子宮上部あるいは下部を切開します。

帝王切開による分娩は経腟分娩と比べて産後の痛みが強く、入院期間が長く、回復までに時間がかかります。

さらなる情報

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP