Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

多胎出産

執筆者:

Julie S. Moldenhauer

, MD, Children's Hospital of Philadelphia

最終査読/改訂年月 2018年 6月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

多胎出産とは、子宮に複数の胎児がいる状態での出産を意味します。

20年ほど前から双子、三つ子などの多胎出産が増えています。約70~80件の出産のうち1件が多胎出産です。

以下のような場合に多胎妊娠になりやすくなります。

リスク

多胎妊娠により問題が生じるリスクが上昇します。

多胎妊娠では子宮が過度に拡張し、過度に拡張した子宮は、妊娠が満期になる前に収縮を始める傾向にあります(切迫早産 切迫早産 妊娠37週以前に起こる陣痛は切迫早産とみなされます。 未熟児として生まれた新生児には、深刻な健康上の問題が生じる可能性があります。 切迫早産の診断は通常明らかです。 安静にしたり、ときには薬剤を用いて、分娩を遅らせます。 抗菌薬やコルチコステロイドも必要な場合があります。 さらに読む )。このため多胎出産では多くの場合、早産になったり小さな新生児が生まれてきたりします。また、過度に拡張した子宮が分娩後、十分に収縮せずに母体に出血が起こることがあります(分娩後出血 分娩時の子宮からの出血過多 子宮からの出血過多とは、約1000ミリリットル以上の失血、または分娩から24時間以内に起こる多量の失血の症状を指します。 胎児の娩出後は子宮からの出血過多に注意が必要です。 経腟分娩の場合、通常は分娩中と分娩後で約500ミリリットルの出血があります。子宮から胎盤が剥がれるときに一部の血管が開いた状態になり、出血が起こります。血管がふさがるまで、子宮の収縮が血管を閉じるのを助けます。一般的に帝王切開では経腟分娩の約2倍の出血が生じますが、... さらに読む )。

多胎妊娠では胎児毎に胎向と胎位が異なるため、経腟分娩が難しくなりがちです。また第1子が生まれた時点で子宮が収縮し、残っている胎児の胎盤が剥がれてしまうこともあります。その結果、後から生まれる胎児の分娩中に多くの問題が生じる可能性があります。

多胎妊娠により、母体に問題が生じるリスクも上昇します。例えば以下のものです。

診断

治療

  • 適切な場合は帝王切開

多胎出産では問題が生じやすいため、双子の分娩に際して医師が経腟分娩にするか帝王切開にするかをあらかじめ決めておくことがあります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP