Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

切迫早産

執筆者:

Julie S. Moldenhauer

, MD, Children's Hospital of Philadelphia

最終査読/改訂年月 2018年 6月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

妊娠37週以前に起こる陣痛は切迫早産とみなされます。

  • 未熟児として生まれた新生児には、深刻な健康上の問題が生じる可能性があります。

  • 切迫早産の診断は通常明らかです。

  • 安静にしたり、ときには薬剤を用いて、分娩を遅らせます。

  • 抗菌薬やコルチコステロイドも必要な場合があります。

切迫早産が起こる原因はまだよく分かっていません。しかし、切迫早産が起こりやすくなる状況がいくつかあるようです。

妊娠中の健康的な生活習慣が切迫早産のリスクを抑えるのに役立ち、医師や助産師の健診を定期的に受けていれば、潜在的な問題を早期に見つけることができます。

未熟児として生まれた新生児には、脳内出血などの深刻な健康上の問題 が生じる可能性があります。脳内出血が起こると脳が正常に発達せず、脳性麻痺などの問題の原因になることがあります。そのため、妊娠34週以前に陣痛が始まらないよう医師は予防に努め、始まりそうになった場合には遅らせようとします。切迫早産を止めるのは困難です。

診断

  • 医師による評価

切迫早産の診断は、陣痛開始の徴候と妊娠期間に基づき、通常明らかです。

子宮頸部、腟、肛門からサンプルを採取して培養検査を行うことがあります。このような検査で、切迫早産の原因となる具体的な感染症が示されることがあります。

尿サンプルを分析および培養し、腎臓および膀胱の感染がないか確認する場合があります。

治療

  • ときに、分娩をそのまま継続させる

  • 分娩を遅らせる必要がある場合、安静、水分の補給、分娩を遅らせる薬剤、抗菌薬、およびときにコルチコステロイド

性器出血や破水があった場合は、そのまま分娩を続けることがしばしば最善の処置となります。

性器出血や羊水(子宮内の胎児の周囲を満たしている液体)の漏出がない場合は、できるだけ安静にして活動を制限し、できれば座ったままでいるようにします。水分補給のほか、分娩を遅らせる薬剤が投与されることもあります。多くの場合、こうした方法でわずかな時間ですが分娩を遅らせることができます。

分娩を遅らせる薬剤には以下のものがあります。

  • 硫酸マグネシウム:切迫早産を止めるため、しばしば静脈内投与されます(特に妊娠32週未満の場合)。硫酸マグネシウムはまた、新生児の脳内出血とその結果生じる脳の発達面の問題(脳性麻痺など)のリスクを大幅に減少させるようです。しかし投与量が多すぎると、妊婦の心拍数や呼吸数に影響が出ることがあります。

  • カルシウム拮抗薬:この薬剤は通常、高血圧の治療に用いられます。カルシウム拮抗薬によって、妊婦に頭痛や低血圧が生じることがあります。

  • プロスタグランジン阻害薬:この種類の薬剤は一時的に羊水の量を減らすことがあります。プロスタグランジン阻害薬は胎児の心臓に問題を引き起こすおそれがあるため、妊娠32週以降は用いません。

培養検査の結果が出るまで、妊婦に抗菌薬の投与を続けます。培養検査結果が陰性であれば、抗菌薬の投与を中止します。

子宮口(子宮頸部)が5センチメートル以上開いていれば(開大)、通常は生まれるまでそのまま分娩を進行させます。

医師が早産が避けられないと判断すると、ベタメタゾンなどのコルチコステロイドを投与することがあります。

妊娠34週以前に破水した場合、分娩が間もないと予想される場合以外は胎児の肺の成熟を促すためにコルチコステロイドを投与します。妊娠34週~37週の間に破水した場合、妊娠中の前の段階でコルチコステロイドを投与されていない女性にはコルチコステロイドを投与することがあります。

コルチコステロイドは、胎児の肺およびその他の器官が早く成熟するのを助けます。また、出生後に早産に関連する呼吸困難(新生児呼吸窮迫症候群)などの問題が起きるリスクを低下させます。

早産の既往がある女性では、将来の妊娠時にプロゲスチンが投与されることがあります。この薬剤は、早産が再発するリスクを抑えます。プロゲスチンは第2トリメスター(訳注:日本の妊娠中期にほぼ相当)に開始し、分娩の直前まで続けます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP