Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

乳房の感染症

執筆者:

Julie S. Moldenhauer

, MD, Children's Hospital of Philadelphia

最終査読/改訂年月 2018年 6月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

乳房の感染症(乳腺炎)は、通常は出産後の6週間に発生し(分娩後感染)、ほぼすべてが授乳している母親に起こります。授乳中の乳児の姿勢が適正でないと、ひび割れ(および痛み)が生じやすくなります。乳頭や乳頭周囲の皮膚にひび割れができると、皮膚にいる細菌が乳管に侵入して感染症が起こる可能性があります。

感染した乳房は通常、腫れて赤くなり、熱感と圧痛がみられます。乳房の一部だけが赤くなったり痛んだりすることもあります。発熱することもあります。

まれに、乳房の感染症により膿がたまる(膿瘍)ことがあります。膿瘍の周囲が腫れて、乳頭から膿が出る場合があります。

身体診察の結果に基づいて診断を行います。

知っていますか?

  • 出産後に乳房の感染症が起きた場合でも、通常は授乳を続けるべきです。

治療

  • 抗菌薬

乳房の感染症はジクロキサシリン、セファレキシン、クリンダマイシンのほか、ときにエリスロマイシンなどの抗菌薬で治療します。

水分を十分にとるよう勧められます。

母乳を与えていて乳房の感染症が起きた場合は、そのまま授乳を続けます。母乳を出しきることは治療に役立ち、膿瘍が生じるリスクを低下させるからです。

乳房膿瘍は抗菌薬で治療し、多くの場合、切開して排膿します。この処置は局所麻酔で行えますが、鎮静薬の静脈内投与や全身麻酔が必要になる場合もあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP