Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

分娩

執筆者:

Haywood L. Brown

, MD, Duke University Medical Center

最終査読/改訂年月 2017年 6月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
概要
本ページのリソース

分娩とは、胎児と胎盤(後産)が子宮から母体の外に出てくることです。

病院での出産では、娩出間際になると妊婦は陣痛室から分娩専用の分娩室に移る場合があります。通常、胎児の父親やパートナーなどが付き添うことが勧められます。LDRP室(陣痛から分娩、回復、産後までを過ごす専用個室)の妊婦は、そのまま同じ部屋で分娩に臨みます。分娩室でも静脈ラインはそのままにします。

胎児の娩出が近づくと、あお向けに寝た状態と起き上がった状態の中間の、上体を半分起こした姿勢を取ります。妊婦の背中に枕や背もたれをあてて支えます。この上体を半分起こした姿勢では重力を利用します。下降してくる胎児に押されて産道(腟)とその周囲が徐々に引き伸ばされるため、裂傷が生じるリスクが低くなります。またこの姿勢を取ることによって、母体の背中や骨盤にかかる負担も少なくなります。妊婦の中には横になった姿勢で分娩する方がよいという女性もいます。しかしこの姿勢では分娩が長引くことがあります。

胎児の娩出

分娩が進んでいくと医師または助産師が内診で胎児の頭の位置を確認します。子宮口(子宮頸部)が完全に開き(全開大)薄く引っ張られたら(展退)、妊婦は陣痛に合わせていきむように指示されます。いきむことによって胎児の頭が骨盤を通過し、腟口も広がって、徐々に胎児の頭が現れてきます。胎児の頭が3~4センチメートル以上見えるようになったら、子宮が収縮している間、医師か助産師が胎児の頭に手をあてて胎児の娩出をコントロールします。頭の最も大きい部分が腟口を通過すると、頭とあごは容易に腟口から出てくるため、母体の組織の裂傷は起こりにくくなります。

会陰切開とは、胎児の娩出を容易にするために腟口を切開して広げることです。現在、会陰切開は必ず行われる処置ではなくなっており、腟口周辺の組織が十分に伸びず、胎児の娩出を妨げている場合のみに行われます。この処置により、組織が伸びすぎるのを防ぐとともに、組織がギザギザに裂けてしまうのを防ぎます。この処置では、腟口と肛門の間の部分(会陰部)に局所麻酔薬を注射して麻痺させ、切開します。肛門の周りの筋肉(直腸括約筋)が会陰切開中に損傷したり、分娩中に裂けたりしても、すぐに修復すれば通常はきれいに治ります。

胎児の頭が現れると、胎児の体は回転して横向きになり、肩が片方ずつ容易に出てきやすくなります。片方の肩が出てくると、たいていはすぐに体の残りの部分がするりと出てきます。新生児の鼻、口、のどから粘液や液体を吸引します。臍帯をクランプで留めて切断します。この処置には痛みを伴いません。(臍帯が塞がるまで[通常24時間以内]、新生児のへそ近く、臍帯の根元近くにクランプを1つ残します。)新生児は体をふいて薄い毛布にくるみ、母親の腹部の上か温めた新生児用ベッドに寝かせます。

胎盤の娩出

胎児の娩出後、医師か助産師が母親の腹部にそっと手をあてて、子宮が収縮を続けていることを確認します。胎児が出てきてから3~10分以内に胎盤が子宮から剥がれて娩出され、続いて出血がみられます。通常、母親はいきんで胎盤を自力で娩出します。しかし多くの病院では、胎児の娩出後すぐに母親にオキシトシンを投与し(静脈内投与または筋肉内注射)、腹部を定期的にマッサージして子宮の収縮と胎盤の娩出を促します。いきんで胎盤を娩出できない場合や、特に大量に出血している場合は、医師か助産師が腹部を強く圧迫し、胎盤を子宮から剥がして押し出します。胎児が出てきてから45~60分経っても胎盤が娩出されないときは、医師か助産師が子宮の中に手を入れ、胎盤を子宮から剥がして取り出すこともあります。

体外に出た胎盤は、全体が出てきたかどうか調べます。子宮に胎盤の一部が残っていると、子宮の収縮が妨げられます。胎盤が付着していた部位からの出血を長引かせないようにするには子宮の収縮が不可欠です。そのため胎盤の断片が残っていると分娩後に出血 分娩時の子宮からの出血過多 子宮からの出血過多とは、約1000ミリリットル以上の失血、または分娩から24時間以内に起こる多量の失血の症状を指します。 胎児の娩出後は子宮からの出血過多に注意が必要です。 経腟分娩の場合、通常は分娩中と分娩後で約500ミリリットルの出血があります。子宮から胎盤が剥がれるときに一部の血管が開いた状態になり、出血が起こります。血管がふさがるまで、子宮の収縮が血管を閉じるのを助けます。一般的に帝王切開では経腟分娩の約2倍の出血が生じますが、... さらに読む し、出血が多量になることがあります。子宮の感染 分娩後の子宮感染症 分娩後の感染症(分娩後感染)は通常、子宮から始まります。 分娩直後に子宮や子宮周囲に細菌感染が生じることがあります。 こうした感染症が起こると、たいてい下腹部痛、発熱、悪臭を伴う分泌物がみられます。 診断は通常、症状と身体診察の結果に基づいて下されます。 感染症は通常、抗菌薬で治癒します。 さらに読む も起こしやすくなります。胎盤が全部出ていない場合は、医師か助産師が手で残った断片を取り出すことがあります。場合によっては、断片を手術で取り出すこともあります。

分娩後

性器の組織に起こった裂傷や、会陰切開が行われた場合は切開創を縫合します。その後、母親は回復室に移されるか、LDRP室の場合は同じ部屋にとどまります。通常、新生児はさらなる医学的な処置が必要なければ母親のそばに寝かされます。きずなが生まれるよう、通常母親と新生児、父親かパートナーは暖かい個室で3~4時間ほど一緒に過ごします。多くの母親は出産後すぐに授乳開始を希望します。

新生児はその後、院内の新生児室に移されることもあります。多くの病院では「母子同室」といって新生児と一緒に過ごすことも選択できます。LDRP室では母子同室となります。母子同室では通常、新生児が欲しがるときに授乳し、退院までに新生児の世話の仕方を教わります。母親に安静が必要なら、子どもを新生児室で預かってもらうこともできます。

多くの合併症、特に出血は分娩後24時間以内に起こるため、この間、看護師や医師は母親と新生児の状態を十分に観察します。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本章の目次
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP