Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

無月経

(無月経)

執筆者:

JoAnn V. Pinkerton

, MD, University of Virginia Health System

最終査読/改訂年月 2017年 1月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

月経がないことを無月経といいます。

以下の状況では、無月経は正常です。

  • 思春期以前

  • 妊娠中

  • 授乳中

  • 閉経後

それ以外の時期の無月経は、重篤な病気の最初の症状である可能性があります。

無月経は、原因によっては他の症状を伴ったり伴わなかったりします。例えば、過剰な体毛(男性型多毛症)、声の低音化、筋肉の増加など、男性的な特徴がみられるようになる(男性化)ことがあります。頭痛、視覚障害、性欲の低下などがみられることもあります。妊娠が難しくなる場合があります。

無月経の女性のほとんどは、卵巣からの排卵がありません。このような女性は妊娠することができません。

無月経が長期間続くと、閉経に関連して生じる問題と同様の問題が起こることがあります。例えばホットフラッシュ(ほてり)、腟の乾燥、骨密度が低下(骨粗しょう症)、心臓と血管の病気のリスク上昇などです。これらの問題は、無月経の女性では エストロゲンの濃度が低いために生じます。

無月経の種類

無月経には主に以下の2種類があります。

  • 原発性:月経が始まらない。

  • 続発性:月経が始まり、その後止まってしまう。

通常、月経が始まらなければ、女児は思春期を迎えることがないため、乳房の発達や陰毛の出現などの正常な第二次性徴がみられません。

月経があった女性で月経が停止した場合は、続発性無月経である可能性があります。続発性無月経の方が原発性無月経と比べてはるかに一般的です。

ホルモンと月経

月経は複雑なホルモンの仕組みによって調節されています。毎月、内分泌系からホルモンが然るべき順序で分泌され、全身、特に子宮における妊娠に向けた準備が整えられます。この仕組みが正常に機能していて、かつ妊娠が起きていなければ、子宮内膜が剥がれ落ちて月経が起こることで、この一連の流れは終了します。一連のホルモンは、以下から分泌されます。

  • 視床下部(脳の一部で下垂体をコントロールする)

  • 下垂体(黄体形成ホルモンと卵胞刺激ホルモンを分泌する)

  • 卵巣( エストロゲン プロゲステロンを分泌する)

甲状腺ホルモンやプロラクチン(下垂体で分泌される)など他のホルモンも月経周期に影響を与えることがあります。

月経がないことの最も一般的な理由は、以下のものです。

  • 月経に関連する内分泌系のどこかがうまく機能していない

あまり一般的でない理由として、内分泌系は正常に機能していて、別の問題が月経を妨げていることもあります。例えば、子宮に瘢痕組織がある場合や、先天異常、子宮筋腫、またはポリープなどが経血の腟からの排出を妨げている場合があります。

乳房からの乳汁の分泌を刺激するプロラクチンの血中濃度が高い場合にも、無月経になることがあります。

無月経の原因

無月経は視床下部、下垂体、卵巣、子宮、子宮頸部、または腟に影響を及ぼす状態によって起こります。これらの状態には、内分泌疾患、先天異常、遺伝性疾患、薬剤などがあります。

最も一般的な原因は、無月経が原発性か続発性かによって異なります。

原発性無月経

原発性無月経の原因になる病気は、どれも比較的まれなものですが、その中で最も多くみられるのは以下のものです。

  • 遺伝性疾患

  • 経血の流れを妨げる生殖器の先天異常

遺伝性疾患には以下のものがあります。

  • 先天性副腎過形成症(副腎から男性ホルモンが過剰に分泌される病気)

  • 性別不明性器(生殖器が男性のものか女性のものかはっきりしない状態―仮性または真性半陰陽)を引き起こす性器異常

  • Y染色体を有する病気(Y染色体は通常は男性にしかみられない)

原発性無月経の原因になる遺伝性疾患や先天異常は、思春期まで気づかれないことがあります。これらの病気が原因になるのは原発性無月経だけで、続発性無月経の原因にはなりません。

ときに思春期が遅れている女児に特に病気はなく、単に年齢が高くなってから月経が正常に始まることがあります。このような思春期の遅れは一部の家系に多く現れることがあります。

続発性無月経

最も一般的な原因は以下のものです。

  • 妊娠

  • 授乳

  • 視床下部の機能不全

  • 早発閉経(原発性卵巣不全)

  • 下垂体または甲状腺の機能不全

  • 経口避妊薬、抗うつ薬、抗精神病薬など特定の薬剤の使用

妊娠可能年齢の女性では、妊娠が無月経の最も一般的な原因です。

視床下部の機能不全は、以下のようないくつかの理由で起こります。

  • ストレスや過剰な運動(競技選手、特に体重を低く維持することが必要なスポーツの女性選手における)

  • 栄養不良(摂食障害の女性や著しい体重減少があった女性など)

  • 精神障害(うつ病や強迫症など)

  • 放射線療法やけが

下垂体の機能不全は、以下のような理由で起こります。

  • 下垂体の損傷

  • プロラクチンの血中濃度の上昇(下垂体腫瘍から生じている可能性)

甲状腺の活動が不十分になったり(甲状腺機能低下症)、過剰になったり(甲状腺機能亢進症)すると、無月経になることがあります。

抗うつ薬、抗精神病薬、経口避妊薬(ときに)、およびその他の特定の薬剤も、下垂体腫瘍やその他の病気と同様にプロラクチンの血中濃度を上昇させることがあります。

続発性無月経のあまり一般的でない原因には、慢性疾患(特に肺、消化器、血液、腎臓、または肝臓のもの)、一部の自己免疫疾患、がん、HIV感染症、放射線療法、頭部損傷、胞状奇胎(胎盤組織の過剰増殖)、クッシング症候群、副腎の機能不全などがあります。子宮の瘢痕組織(通常は感染または手術による)、ポリープ、および子宮筋腫も続発性無月経の原因になります。

脆弱X症候群などの遺伝性疾患により、月経が早期に停止することがあります(早発閉経)。

無月経の評価

医師は、無月経が原発性であるのか続発性であるのかを判断します。この情報は医師が原因を特定するのに役立ちます。

警戒すべき徴候

以下の症状には注意が必要です。

  • 思春期の遅れ

  • 過剰な体毛、声の低音化、筋肉の増加など男性的な特徴の発達

  • 視覚障害

  • 嗅覚障害(カルマン症候群の症状である可能性)

  • 自然に起こる乳白色の乳頭からの分泌物

  • 著しい体重変化

受診のタイミング

女児に以下がみられる場合、数週間以内に受診すべきです。

  • 13歳までに思春期の徴候(乳房の発達や成長スパートなど)がみられない。

  • 14歳までに陰毛がみられない。

  • 16歳まで、あるいは第二次性徴の発達から2年後までに月経が始まらない。

このような女児は原発性無月経である可能性があります。

月経のあった妊娠可能年齢の女性で月経が停止した場合、市販の妊娠検査薬を使用すべきです。検査結果が陰性で、頭痛や視覚の変化がみられる場合は、1週間以内に受診すべきです。

そうでなければ、以下の場合は数週間以内に受診すべきです。

  • 妊娠していない状態で、月経が3回なかった。

  • 1年の月経回数が9回未満である。

  • 月経のパターンが急に変わった。

このような女性は続発性無月経である可能性があります。

医師が行うこと

医師はまず、月経歴を含む病歴について質問します。次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、無月経の原因と必要になる検査を推測することができます( 無月経の主な原因と特徴)。

月経歴の聴取では、医師は今までに月経が起こったことがあるかを女児や女性に質問することにより、無月経が原発性であるか続発性であるかを判断します。月経を経験していれば、月経が始まったときの年齢や最後の月経はいつであったかを質問します。患者はまた、月経の様子について以下を説明するよう求められます。

  • 月経期間はどれくらいだったか

  • 月経の頻度はどれくらいだったか

  • 月経が規則的にあったことはあるか

  • 月経はどれくらい重かったか

  • 月経に関連して乳房の圧痛や気分の変化はあったか

女児に1度も月経が起こっていなければ、医師は以下について質問します。

  • 乳房の発達は始まったか

  • 成長スパートがあったか

  • 陰毛とわき毛は出現したか(思春期の徴候)

  • 家族に月経異常の人が他にいるか

これらの情報により、いくつかの原因の可能性を否定することができます。家系内の思春期の遅れおよび遺伝性疾患の情報も、原因が遺伝性疾患であるかどうかを判断するのに役立ちます。

医師は、原因を示唆する他の症状や、薬剤の使用、運動、食習慣、その他の状態など無月経を引き起こしうる原因について質問します。

医師は身体診察の際に、第二次性徴が発達しているかどうかを判断します。乳房の診察を行います。内診を行い、性器が正常に発達しているかどうかや、生殖器に異常がないかを調べます。

医師はまた、原因を示唆している可能性のある以下のような症状がないかも確認します。

  • 両方の乳頭からの乳白色の分泌物:考えられる原因には、下垂体の病気やプロラクチン(乳汁の分泌を刺激するホルモン)の血中濃度を上昇させる薬剤などがあります。

  • 頭痛および部分的な視力障害または複視:考えられる原因には、下垂体または視床下部の腫瘍などがあります。

  • 過剰な体毛、声の低音化、筋肉の増加など男性的な特徴の発達:考えられる原因には多嚢胞性卵巣症候群、男性ホルモンを分泌する腫瘍、薬剤(男性ホルモンのアンドロゲンの合成ホルモン、抗うつ薬、またはプロゲスチンと呼ばれる合成女性ホルモンの高用量での使用)などがあります。

  • ホットフラッシュ、腟乾燥、および寝汗:考えられる原因には早発閉経、卵巣の機能不全を引き起こす病気、放射線療法、化学療法薬の使用などがあります。

  • 振戦(ふるえ)と体重減少または反応の鈍化と体重増加:これらの症状は甲状腺の病気を示唆します。

icon

無月経の主な原因と特徴

原因*

一般的な特徴

検査

内分泌疾患

甲状腺機能亢進症(甲状腺の活動が過剰になった状態)

温かく湿った皮膚、暑さに耐えられない、大量発汗、食欲亢進、体重減少、眼球の突出、複視、振戦(ふるえ)、頻回の排便

ときに甲状腺の肥大(甲状腺腫)

甲状腺ホルモンを測定する血液検査

甲状腺機能低下症(甲状腺の活動が不十分になった状態)

寒さに耐えられない、食欲減退、体重増加、皮膚のきめが粗くなり肥厚する、眉毛の脱落、顔のむくみ、まぶたが垂れ下がる、疲労、反応の鈍化、ゆっくりした話し方になる、便秘

甲状腺ホルモンを測定する血液検査

下垂体の病気(プロラクチンを分泌する腫瘍や損傷など)

視覚障害および頭痛(特に夜間)

ときに授乳中ではない女性での乳汁分泌(乳汁漏出症)

プロラクチンを測定する血液検査

脳のMRI検査

男性的な特徴の発達(過剰な体毛、声の低音化、筋肉の増加など)

月経不順または月経がない、にきび、体幹回りの過剰な脂肪、うなじの皮膚や、わきの下など皮膚がこすれ合う部分が黒ずみ、厚みが増す

ホルモンを測定する血液検査

卵巣に異常がないか確認する骨盤内超音波検査

ホットフラッシュ、寝汗、腟の乾燥および萎縮などの更年期症状

卵巣の摘出、化学療法、骨盤部(体幹の最下部)への放射線療法などの危険因子

エストロゲンや他のホルモンを測定する血液検査

35歳未満の女性では、組織サンプル(血液など)の染色体検査

通常、卵巣または副腎の腫瘍で男性ホルモン(アンドロゲン)を分泌するもの

男性的な特徴の発達、にきび、性器が男性か女性かはっきりしない性器(性別不明性器

CT検査、MRI検査、または超音波検査

解剖学的異常

先天異常

  • 頸管狭窄(子宮頸部の通路が狭くなった状態)

  • 処女膜閉鎖症(異常な処女膜により腟開口部が完全に閉鎖されている状態)

  • 腟横中隔(組織の壁が腟を横切り、経血の排出を妨げている状態)

  • 生殖器の欠如

原発性無月経

正常な乳房および第二次性徴の発達

周期的に起こる腹痛および腟または子宮の膨隆(経血が排出されずにたまるため)

医師の診察

子宮卵管造影検査(造影剤を子宮と卵管に注入してから行うX線検査)または子宮鏡検査(観察用の管状の機器を腟から挿して子宮を観察する検査)

アッシャーマン症候群(感染や手術による子宮内膜[子宮の内側を覆っている組織]の瘢痕化)

続発性無月経

しばしば、繰り返す流産および不妊症

ソノヒステログラフィー(子宮内に液体を注入してから行う超音波検査)、子宮卵管造影検査、または子宮鏡検査

結果がはっきりしなければ、ときにMRI検査

続発性無月経

痛み、性器出血、便秘、繰り返す流産、頻尿や尿意切迫

超音波検査

筋腫の観察が難しい場合や異常にみえる場合は、ときにMRI検査

続発性無月経

性器出血

超音波検査、ソノヒステログラフィー、または子宮鏡検査

視床下部の機能不全の原因となる状態

過度の運動

しばしば低体重および低体脂肪

医師の診察

精神障害(うつ病や強迫症など)

日常生活からの引きこもり

反応の鈍化または悲しみ

ときに体重増加または体重減少、および睡眠障害または過眠

医師の診察

栄養不良(貧困、摂食障害、過度なダイエットなどによる)

しばしば低体重および低体脂肪または短期間での著しい体重減少

医師の診察

ストレス

ストレスの多いライフイベント、集中力の低下、不安、睡眠の問題(過眠または不眠)

医師の診察

*薬剤も無月経の原因になることがあります(以下の表参照)。

この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

プロラクチン(乳房からの乳汁の分泌を刺激するホルモン)の血中濃度が高い場合にも、無月経になることがあります。

CT = コンピュータ断層撮影、MRI = 磁気共鳴画像。

icon

無月経を引き起こす可能性がある薬剤

種類

症状

プロラクチンの分泌を増加させる可能性のある薬剤*

降圧薬

メチルドパ

レセルピン

ベラパミル

授乳中ではない女性での乳汁分泌

抗精神病薬

ハロペリドール

モリンドン

オランザピン

フェノチアジン系薬剤

ピモジド

リスペリドン

違法薬物またはレクリエーショナルドラッグ

コカイン

幻覚剤

エストロゲン

消化器の病気の治療薬

シメチジン

メトクロプラミド

オピオイド

コデイン

モルヒネ

三環系抗うつ薬

クロミプラミン

デシプラミン

女性ホルモンと男性ホルモンのバランスに影響を与える薬剤

合成アンドロゲン

ダナゾール

男性的な特徴の発達(過剰な体毛、声の低音化、筋肉の増加など)

抗うつ薬(まれ)

パロキセチン

セレギリン

セルトラリン

不正出血

*プロラクチンは、乳房の乳汁分泌を刺激するホルモンです。

検査

妊娠可能年齢の女児または女性には、まず以下の検査を行います。

  • 妊娠検査

妊娠の可能性が否定されたら、診察の結果と疑われる原因に基づいて他の検査を行います。

女児に1度も月経が起こっておらず(原発性無月経)、正常な第二次性徴がみられる場合、検査は超音波検査から始め、子宮からの経血の排出を妨げうる先天異常がないか調べます。先天異常がまれなものであったり、特定が難しい場合には、MRI検査を行うことがあります。

検査は通常、一定の順序で行い、その過程で原因を特定したり除外したりしていきます。さらなる検査が必要かどうか、またどの検査を行うかは、前の検査の結果により異なります。一般的な検査には以下のものがあります。

  • 血液検査により、プロラクチン(上昇を引き起こす病気の確認)、甲状腺ホルモン(甲状腺の病気の確認)、卵胞刺激ホルモン(下垂体や視床下部の機能不全の確認)、および男性ホルモン(男性的特徴の発達を引き起こす病気の確認)を測定する

  • CT検査、MRI検査、または超音波検査を用いた腹部および骨盤部の画像検査により、卵巣や副腎に腫瘍がないか確認する

  • 組織のサンプル(血液検査など)の染色体検査により、遺伝性疾患がないか確認する

  • 子宮および通常は卵管の観察(子宮鏡検査または子宮卵管造影検査)またはこれらの臓器に閉塞がないか確認する画像検査

  • ホルモン剤(エストロゲンとプロゲスチンまたはプロゲステロン)の使用により、月経の誘発を試みる

子宮鏡検査では、観察用の細い管状の機器を腟から子宮頸部へと挿入して子宮内部を観察します。この検査は診療所で行われるか、病院で外来検査として行われることもあります。

子宮卵管造影検査とは、造影剤(X線画像に写る物質)を子宮頸部から子宮と卵管に注入した後に行うX線検査です。子宮卵管造影検査は、通常は病院の放射線検査室で外来検査として行われます。

ホルモン剤で月経が誘発されれば、原因は子宮の病気や経血の排出を妨げる解剖学的異常ではありません。

症状から特定の病気が示唆されていれば、その病気の検査をまず行うこともあります。例えば女性に頭痛や視覚障害がみられれば、脳のMRI検査を行い、下垂体腫瘍がないか確認します。

無月経の治療

無月経が別の病気によって起きている場合は、可能であればその病気を治療します。治療により、ときに月経が再開します。例えば、何らかの異常により経血の排出が妨げられている場合、通常は外科的に修復し、月経が再開します。ターナー症候群やその他の遺伝性疾患などのように、根治が望めない病気もあります。

Y染色体をもつ女性では、卵巣胚細胞腫瘍のリスクが高くなるため、医師は手術による両側の卵巣摘出を推奨します。卵巣胚細胞腫瘍は、卵巣内の卵子を生じる細胞(胚細胞)から発生します。

女児において検査結果がすべて正常であるにもかかわらず月経が始まらない場合は、3~6カ月毎に診察を行って思春期の進行状態を確認します。プロゲスチンやときにエストロゲンも投与して月経を開始させ、乳房の膨らみなど第二次性徴の発達を促すこともあります。

無月経に関連する問題には、以下のような治療が必要な場合があります。

  • 妊娠を希望する場合、ホルモン剤の使用( 排卵の問題 : 治療

  • エストロゲンの欠乏による症状および長期的影響に対する治療(例えば、ビタミンDを摂取する、食事やサプリメントによってカルシウムの摂取量を増やす、ホルモン療法薬や骨粗しょう症のためのビスホスホネート系薬剤など骨量減少を予防する薬剤を使用する)

  • 過剰な体毛を抑える

要点

  • 様々な理由により月経周期を調節する複雑なホルモンの仕組みが乱され、月経が停止します。

  • 医師は原発性無月経(月経が始まらないこと)と続発性無月経(月経が始まってから、停止すること)を区別します。

  • 最初に行われる検査は妊娠検査です。

  • 女性が妊娠していない限り、無月経の原因を特定するため、通常他の検査が必要です。

  • 無月経に関連する問題( エストロゲンの血中濃度が低いなど)も、後の健康上の問題を予防するために治療が必要になることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP