honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

婦人科の問診

執筆者:

David H. Barad

, MD, MS, Center for Human Reproduction

最終査読/改訂年月 2017年 1月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

婦人科の診療では、性生活、避妊、妊娠、更年期に関する問題などのデリケートな事柄を扱うため、こうした内容について気兼ねなく相談できる専門家を選んでおくべきです。米国では、医師、助産師、ナースプラクティショナー、医師助手などが受診先となっています。

婦人科の評価には婦人科の病歴聴取および婦人科の診察が含まれます。

評価で最初に行われるのは、月経と生殖機能に関する問診です。通常は受診の理由を中心に、質問が進められていきます。質問に対する回答がその人の婦人科の病歴ということになります。

婦人科の病歴には、以下の事柄が含まれます。

  • 月経が始まった(初経の)年齢

  • 月経の頻度、規則性、持続期間

  • 月経出血量

  • 前回と前々回の月経日

  • 妊娠の回数とそれぞれの時期、結果、合併症

このほかに、出血の異常(月経出血量の過多や過少、月経期以外の性器からの出血など)についても質問されます。

通常、医師は性行為についての質問を行い、婦人科領域の感染症や外傷のリスク、妊娠の可能性を評価するとともに、性的に問題がないかを調べます。避妊をしているか、避妊を希望するか、カウンセリングやその他の情報に関心があるかどうかも質問されます。

月経の期間中に痛みけいれん、頭痛があるかどうかについて質問されることがあります。性交時や月経周期の中頃に痛みがあるかどうか(排卵に伴う痛みの可能性があります)、あるいはそれ以外のときに痛みが起こるかも尋ねられます。痛みがある場合はどのくらいひどい痛みか、何をすれば痛みが和らぐかについて質問されます。

乳房の痛みしこり、圧痛や発赤、乳首からの分泌物などについても尋ねられます。また乳房の自己検診をしているかどうか、その頻度ややり方について指導が必要かどうかも問われます({blank} 乳房自己検診)。

医師は、過去の婦人科疾患の病歴を検討するとともに、通常は婦人科以外の一般の病歴や手術歴もチェックします。

多くの薬剤が婦人科的な機能に影響を及ぼすため、処方薬と市販薬に加え、その他薬物の使用タバコ飲酒も含めて、患者が服用している薬剤などはすべて検討されます。

精神的、身体的、性的な虐待についても、本人や家族が現在や過去に虐待を受けていないかどうか質問があります。

尿路の感染症や尿漏れ(失禁)がないかどうかを知るため、排尿に関する質問も行われます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP