Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

性器のかゆみ

執筆者:

David H. Barad

, MD, MS, Center for Human Reproduction

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

性器のかゆみは、腟または外性器を含む性器周辺(外陰部)に及ぶことがあります。かゆみとは、掻かないと治まらないように感じられる不快な感覚です。

多くの女性はときに短期間、腟のかゆみを感じますが、治療しなくても治まります。かゆみが問題とみなされるのは、かゆみが続く場合や、強いかゆみがある場合、繰り返し起こる場合、おりものを伴う場合のみです。

原因

性器のかゆみの最も一般的な原因には、以下のものがあります。

  • 感染症:細菌性腟症カンジダ症(真菌感染症の一種)、トリコモナス症(原虫感染症の一種)

  • 刺激感またはアレルギー反応:腟または性器周辺に触れる化学物質で、例えば洗濯洗剤、漂白剤、衣類の柔軟剤、合成繊維、入浴剤、石けん、女性用衛生スプレー、香料、生理用ナプキン、衣料用染料、トイレットペーパー、腟クリーム、腟洗浄器、コンドーム、避妊用の発泡剤などに含まれるもの

  • 閉経後の萎縮性腟炎: エストロゲンの減少による腟粘膜の萎縮と乾燥

あまり一般的でない原因には、乾癬硬化性苔癬などの皮膚疾患があります。硬化性苔癬は腟口の周囲の外陰部に生じる薄い白斑を特徴とします。硬化性苔癬を治療しないでいると、病変部に瘢痕ができ、外陰がんのリスクが高くなります。

評価

医師は通常、症状について尋ね、性器周辺と腟を診察することでかゆみの原因を特定することができます。

警戒すべき徴候

痛みやおりものを伴わない限り、性器のかゆみについて警戒すべき徴候はありません。つまり、警戒すべき徴候は骨盤痛の警戒すべき徴候おりものの警戒すべき徴候と同じです。

受診のタイミング

かゆみが数日以上続く、かゆみが強い、感染症を示唆する他の症状(痛みやおりものなど)が発生した場合は、医師の診察を受ける必要があります。

医師が行うこと

医師は初めに、症状について質問しますが、特に感染症の症状の有無および病歴についての質問になります。性器周辺に刺激を与える可能性のある製品を使用しているかどうかについても質問されます。次に身体診察を行いますが、内診に焦点が置かれます。

おりものがある場合、医師は綿棒を用いて腟または子宮頸部から分泌物のサンプルを採取します。サンプルを顕微鏡検査し、真菌感染症、細菌性腟症、および トリコモナス(Trichomonas)腟炎の原因になる微生物がないか調べます。通常、サンプルを検査室にも送って淋菌感染症およびクラミジア感染症(どちらも性感染症です)の検査を行います。

治療

可能であれば原因を是正または治療します。一般的な対策により、症状を和らげることができます。

一般的な対策

下着の交換と入浴またはシャワーを1日1回行うことで、腟と性器周辺を清潔に保ち、刺激を受けにくい状態にすることができます。洗浄の回数をこれよりも増やすと、腟と性器周辺が乾燥しすぎてかゆみが強まることがあります。コーンスターチで作られた無香料のボディパウダーの使用は、性器周辺を乾燥した状態に保つのに役立ちます。タルクのパウダーは使用すべきではありません。温水のみで性器周辺を洗浄することが勧められます。石けんが必要であれば、アレルギーを引き起こさない石けんを使用すべきです。クリーム、女性用衛生スプレー、腟洗浄器などの製品を腟周辺に使用すべきではありません。このような一般的な対策により、かゆみを引き起こす刺激物との接触を最小限に抑えます。

かゆみが続く場合は、坐浴が役立つことがあります。坐浴の場合には、座った状態で性器と肛門の周辺だけを水につけます。坐浴には少しだけお湯を張った浴槽や大きなたらいが使用できます。

医薬品(処方されたクリームなど)や特定のブランドのコンドームによって刺激感とかゆみが生じていると考えられるときは、使用を中止すべきです。処方された製品の使用を中止する前に、主治医に相談すべきです。

薬剤

性器周辺にヒドロコルチゾンのような弱いコルチコステロイドクリームを塗ると、一時的にかゆみが和らぐことがあります。クリームは腟内に入れるべきではなく、短期間だけの使用にすべきです。

かゆみが強い場合には、抗ヒスタミン薬の内服も一時的に役立ちます。抗ヒスタミン薬は眠気を引き起こす作用もあるため、症状のせいで睡眠が妨げられている場合に有用となります。

硬化性苔癬の治療には、効き目の強いコルチコステロイド(クロベタゾールなど)を含むクリームや軟膏が処方されます。

要点

  • かゆみが問題とみなされるのは、かゆみが続く場合や、強いかゆみがある場合、繰り返し起こる場合、痛みを伴う、または匂いや性状に異常のあるおりものを伴う場合のみで、このような場合には感染症が示唆されます。

  • 性器周辺を清潔にして乾燥を保ち、刺激を与える製品を使用しないことが役立ちます。

  • ときに軽いコルチコステロイドクリームでかゆみが一時的に和らぐことがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP