Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

おりもの

執筆者:

David H. Barad

, MD, MS, Center for Human Reproduction

最終査読/改訂年月 2018年 9月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

腟からの分泌物(おりもの)は正常である場合もあれば、腟の炎症(腟炎)に起因している場合もあり、後者は感染症が原因である可能性があります。性器周辺(外陰部)—腟の開口部周辺—も炎症を起こすことがあります。

おりものの原因により、しばしば他の症状もみられます。具体的には、かゆみ、灼熱感、刺激感、発赤のほか、ときに排尿時や性交時の痛みがなどみられます。

正常なおりもの

エストロゲン濃度の正常な変化によっておりものが生じることがあります。エストロゲン濃度が高いとき、子宮頸部が刺激されて分泌物(粘液)が生じ、少量の粘液が腟から排出されることがあります。エストロゲン濃度は以下のような状況で高くなります。

  • 月経周期中の排卵数日前

  • 新生児の出生後1~2週間(出生前に母体からエストロゲンを吸収するため)

  • 女児が最初の月経を迎える前の数カ月間

  • 妊娠中

  • エストロゲンを含有する薬剤またはエストロゲンの産生を増加させる薬剤(一部の排卵誘発薬など)の使用

一般的に正常なおりものは匂いがなく、通常は乳白色またはサラサラした透明の液体です。妊娠可能な年齢にある女性では、おりものの量や性状は月経周期とともに変化することがあります。例えば、卵子が放出される月経周期の中頃(排卵期)には、子宮頸管から分泌される粘液が多くなり、サラサラになります。

妊娠、経口避妊薬(経口避妊薬)の使用や性的興奮によっても、おりものの量や性状は変わります。閉経後はエストロゲン濃度の低下に伴い、多くの場合、正常なおりものの量は減少します。

異常なおりもの

以下のようなおりものは異常とみなされます。

  • 普通より量が多い

  • 普通より濃い

  • 膿のような状態である

  • 白いかたまりの状態である(カッテージチーズ状)

  • 灰色、緑色、黄色みを帯びた色、血液が混じった色をしている

  • いやな匂いがする(生臭い)

  • かゆみや灼熱感、発疹、ヒリヒリする痛みを伴う

原因

一般的な原因

おりものの原因として可能性が高いものは、年齢によって異なります。

小児期では、一般的な原因としては以下のものがあります。

  • 消化管からの細菌による感染症

  • 入浴剤または石けんの化学物質

  • トイレットペーパーの切れ端やときに玩具などの異物

不潔な状態により感染症が起こることがあります。例えば、女児(特に2~6歳)が性器周辺を後ろから前にふいて細菌を消化管から移動させてしまう、あるいは排便後に手を洗わないなどの場合です。

異物が原因の場合、おりものに少量の血液が混じることがあります。

妊娠可能年齢の間は、おりものの原因は腟感染症であるのが通常で、最も多いのは以下のものです。

通常、腟は常在細菌(乳酸桿菌)によって感染症から守られています。これらの細菌は腟内の酸性度を正常範囲に維持しています。腟の酸性度が低下すると、腟内の防御機能をもつ細菌が減少し、有害な細菌が増加します。

以下のような状況では有害な細菌が増殖しやすくなり、腟感染症のリスクが上昇します。

  • 抗菌薬の使用(防御機能をもつ細菌を減少させることがあるため)

  • 腟内に経血または精液がある(腟内の酸性度を低下させるため)

  • 衛生状態が悪い

  • 頻繁な腟洗浄(腟内の酸性度を低下させるため)

  • 妊娠

  • 糖尿病

  • 取り忘れたタンポンなどの異物(タンポンによって暖かく湿った環境が生じて細菌が増殖しやすくなるため)

閉経後には、多くの女性で異常なおりものがみられます。これはエストロゲンの減少により腟の粘膜が薄くなり乾燥するためです。中等度から重度の萎縮および乾燥は萎縮性腟炎と呼ばれます。腟粘膜が薄く、乾燥していると刺激感や炎症を起こしやすくなり、おりものが生じる原因となります。

あまり一般的でない原因

妊娠可能年齢では、ときに異物(取り忘れたタンポンなど)が原因となります。しかし、この年齢層では、感染症がなく炎症だけが原因でおりものが生じることはめったにありません。

高齢女性では、尿や便によって性器や肛門の周辺に刺激感が生じ、その結果としておりものが生じることがあります。このような刺激感は、女性に失禁(意図せず排便または排尿してしまう)がみられる場合、または寝たきりの場合に起こることがあります。

すべての年齢層で、性器周辺に触れる様々な製品に刺激され、ときにおりものが生じます。このような製品には、女性用衛生スプレー、香料、生理用ナプキン、洗濯洗剤、漂白剤、衣類の柔軟剤のほか、ときに殺精子剤、腟クリームまたは潤滑剤、腟内避妊リング、ペッサリー、またラテックスにアレルギーのある女性ではラテックス製コンドームなどがあります。

まれに腸と性器の間に異常な開口部(瘻孔[ろうこう])ができている場合があり、おりものの原因になります。このようなおりものには、ときに便が混じります。瘻孔は以下のいずれかにより生じる可能性があります。

  • 分娩中に生じた腟の損傷(主に発展途上国でみられる)

  • クローン病

  • 骨盤部(体幹の最下部)に対する放射線療法

  • 骨盤内手術中の損傷

  • 骨盤内の腫瘍

放射線療法、骨盤内手術、および腫瘍は瘻孔を生じさせるかどうかにかかわらず、おりものの原因となることがあります。

評価

医師はしばしば、おりものの特徴(性状や匂いなど)、女性の年齢、他の症状、すぐに結果の分かる簡単な検査に基づいて異常なおりものの原因を特定することができます。

警戒すべき徴候

異常なおりものがみられる女性では、以下の特徴に注意が必要です。

  • 女児では、発熱または生臭さを伴う黄色や緑色のおりもの(性的虐待による性感染症の可能性があるため)

  • 腹痛もしくは骨盤痛(特に2時間を超えて続く痛み)

  • 膿の排出、発熱、または生殖器の感染症の他の徴候

  • おりものに便が混じる

  • 閉経後の血性のおりもの

受診のタイミング

警戒すべき徴候が多くみられる女性または女児は、1日以内に医師の診察を受ける必要があります。しかし、警戒すべき徴候が便または血の混じったおりものだけであれば、数日の遅れが問題になることはあまりありません。

警戒すべき徴候がみられない女性は、数日中に医師の診察を受ける必要があります。

患者が 真菌感染症 腟の真菌感染症(腟カンジダ症) 腟にカンジダ Candidaという真菌(通常はカンジダ・アルビカンス Candida albicans)が感染すると、カンジダ症と呼ばれる真菌感染症になります。 妊娠、糖尿病、または免疫機能の低下があると、真菌感染症のリスクが高まります。 腟や外陰部にかゆみが生じることがあり、多くは、カッテージチーズ状の濃く白色の分泌物がみられます。 症状から腟感染症が疑われる場合は、おりもののサンプルを検査するか、子宮頸部の分泌液のサンプルを検査して... さらに読む の症状を認識でき、自分の病気が真菌感染症であることに自信があり、ほかに症状がみられなければ、おりものが生じるたびに受診する必要はおそらくありません。真菌感染症が原因で生じるおりものは通常、特徴的で、しばしばかたまりを伴うネバネバした白いカッテージチーズ状です。しかし、ときに真菌感染症により主にかゆみと灼熱感だけが起こり、おりものは少量のみである場合もあります。

医師が行うこと

医師は初めに、症状と病歴について患者に質問します。次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、おりものの原因と必要になる検査を推測することができます(表「 おりものの主な原因と特徴 おりものの主な原因と特徴 おりものの主な原因と特徴 」を参照)。

医師はおりものについて以下のことを質問します。

  • 見た目や匂いはどのようなものか。

  • 月経や性交と関連して、どのようなときに痛みが起こるか。

  • 他の症状(かゆみなど)はあるか。

医師は腹痛または骨盤痛、排尿時または性交時の痛み、かゆみ、発熱、悪寒など他の症状についても質問します。

その他の質問には、陰部を刺激する可能性のある女性用衛生スプレーや他の製品を使用しているかどうかや、おりものが生じるリスクを高める何らかの状況(抗菌薬の頻繁な使用や糖尿病など)があるかどうかなどがあります。

検査

診察室内や近くで実施でき、すぐに結果が分かる簡単な検査により、しばしば医師は原因を特定することができます。原因を確定するため、あるいは必要があれば原因を特定するためにさらなる検査が行われます。

原因が明らか(異物やアレルギー反応など)でない限り、医師は綿棒を用いて腟または子宮頸部から分泌物のサンプルを採取します。サンプルを顕微鏡検査し、真菌感染症、細菌性腟症、およびトリコモナス(Trichomonas)腟炎の原因になりうる微生物がないか調べます。通常、サンプルを検査室にも送って 淋菌感染症 診断 淋菌感染症(淋疾、淋病)は淋菌 Neisseria gonorrhoeaeという細菌による性感染症で、尿道、子宮頸部、直腸、のどなどの粘膜や、眼の前部を覆う膜(結膜と角膜)を侵します。 通常は性的接触により感染します。 通常は、陰茎や腟から分泌物が生じたり、頻尿になったり、急に尿意を催したりします。 まれに、淋菌が関節、皮膚、心臓に感染することもあります。 分泌物の顕微鏡検査や培養検査、DNA検査のほか、尿のDNA検査により感染を発見す... さらに読む 診断 および クラミジア感染症 診断 クラミジア感染症には、クラミジア・トラコマチス Chlamydia trachomatisという細菌により生じる、尿道、子宮頸部、直腸の性感染症などがあります。これらの細菌は、白眼の部分を覆う膜(結膜)やのどにも感染します。ウレアプラズマ属 Ureaplasmaやマイコプラズマ属 Mycoplasmaなどの他の細菌が尿道の感染症を引き起こすこともあります。 症状には、陰茎や腟からの分泌物、排尿時の痛みや頻尿などがあります。... さらに読む 診断 (どちらも性感染症)の検査を行います。

治療

可能であれば原因を是正または治療します。例えば、細菌性腟症は抗菌薬により治療します。

一般的な対策により、感染症を根治させることはできませんが、症状を和らげることができます。

一般的な対策

性器周辺はできるだけ清潔にしておかなくてはなりません。毎日石けんを使わずに洗うか、石けんが必要であれば、刺激が少なくアレルギーを引き起こさない石けん(グリセリン石けんなど)で洗い、よくすすいで十分に乾かすようにします。下着の交換と入浴またはシャワーを1日1回行うと、症状の緩和に役立ちます。

アイスパックで性器周辺を冷やす、温坐浴(場合によっては重曹を使ってもよい)を行うなどの方法でヒリヒリする痛みとかゆみが軽減することもあります。坐浴の場合には、座った状態で性器と肛門の周辺だけを水につけます。坐浴には少しだけお湯を張った浴槽や大きなたらいが使用できます。ぬるま湯を勢いよく性器周辺にかけることで、症状を緩和できることもあります。

失禁または寝たきりが原因の場合は、衛生状態の改善が特に役立ちます。女児には、前から後ろにふく、排便や排尿の後は手を洗う、性器周辺を指でいじらないなど、良好な衛生状態について教えるべきです。

薬剤

症状が中等度から重度であるか、一般的な対策で効果がみられない場合は、薬剤が必要になることがあります。例えば、ヒドロコルチゾンなどのコルチコステロイドクリームや、ときに経口抗ヒスタミン薬がかゆみを和らげます。大半の抗ヒスタミン薬は眠気を引き起こす作用もあるため、症状のせいで睡眠が妨げられている場合に有用となります。

高齢女性での重要事項

閉経後にはエストロゲンの濃度が著しく低下します。その結果、正常なおりものの量は通常は減少します。しかし、腟粘膜が薄くなり乾燥するため(萎縮性腟炎と呼ばれる)、腟はより刺激を受けやすく、しばしば異常なおりものが生じる原因となります。このようなおりものは、水っぽくサラサラしているか、ネバネバして黄色っぽい色をしています。萎縮性腟炎により性交時に痛みが生じることがあります。

粘膜が薄くなることで一部の腟感染症も発生しやすくなります。薄く、乾燥した組織は損傷しやすくなり、通常では無害な皮膚の細菌が皮下組織に侵入し、感染を引き起こします。通常このような感染症は重篤なものではありませんが、ときに不快感があります。

高齢女性はエストロゲンを減少させる治療を受けている可能性が高く、そのため腟に刺激感が生じやすくなります。このような治療には、両側卵巣の摘出、骨盤部の放射線療法、一部の化学療法薬などがあります。

失禁や寝たきりなど、良好な衛生状態を保つのが難しくなる問題も高齢女性ではより多くみられます。衛生状態が悪いと、尿や便の刺激により性器周辺に慢性的な炎症が生じることがあります。

細菌性腟症、真菌感染症、トリコモナス(Trichomonas)腟炎などの腟感染症は閉経後にはまれですが、これらの感染症の危険因子がある女性では発生する可能性があります。真菌感染症の危険因子には糖尿病や失禁があります。細菌性腟症とトリコモナス(Trichomonas)腟炎の危険因子としては、新しいセックスパートナーや複数のセックスパートナーの存在などがあります。

高齢女性が性的に活動的な場合、性感染症のリスクを減らすためにコンドームを使用すべきです。しかし、特に高齢女性ではコンドームは腟の組織に刺激を与えるため、潤滑剤の使用が不可欠です。ラテックス製コンドームには、水性の潤滑剤のみを使用すべきです。油性潤滑剤(ワセリンなど)はラテックスを弱くし、コンドームの破損につながります。

高齢女性でおりものがみられた場合は、速やかに医師の診察を受ける必要があり、とりわけおりものに血が混じっている場合や、おりものが茶色やピンク色(少量の出血を意味している可能性があります)をしている場合は特にそうすべきです。閉経後のおりものは前がん状態(子宮内膜の肥厚など)またはがんの警戒すべき徴候である可能性があり、無視してはいけません。

抗ヒスタミン薬でかゆみが和らぎます。多くの抗ヒスタミン薬(ジフェンヒドラミン、ヒドロキシジンおよびシプロヘプタジンを含む)は眠気を引き起こすため、高齢者の転倒リスクが上昇します。そのため、高齢女性が日中に抗ヒスタミン薬を服用する必要がある場合は、ロラタジン、セチリジン、フェキソフェナジンなどの眠気を引き起こしにくいものを使用すべきです。

要点

  • おりものはかゆみ、発赤、灼熱感、ヒリヒリする痛みを伴うことがあります。

  • 可能性の高い原因は年齢によって異なります。

  • 通常、医師は分泌物のサンプルを採取し、感染症を引き起こしうる微生物の有無を調べます。

  • 治療法は原因によって異なりますが、アイスパックをあてたり温坐浴を行ったりすることで症状が和らぎます。

  • 閉経後におりものがみられる場合は、速やかに医師の診察を受ける必要があります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP