Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

子宮頸部筋腫

執筆者:

S. Gene McNeeley

, MD, Michigan State University, College of Osteopathic Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 12月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

子宮頸部筋腫は子宮頸部に発生する滑らかな良性腫瘍です。

  • 筋腫により出血や感染が生じたり、排尿が妨げられることがあり、性交時に痛みが生じることもあります。

  • ほとんどの場合、内診の際の視診や触診で発見されます。

  • 症状があれば手術で切除することが可能です。

筋腫は、筋肉組織とその他の組織で構成される良性腫瘍ですが、筋腫が子宮頸部(子宮の下部)に発生することはめったにありません。子宮頸部に筋腫が発生した場合も、通常は子宮体部(子宮の上側の大きな部分)にも筋腫がみられます。子宮上部の筋腫は子宮筋腫と呼ばれます。

子宮頸部筋腫は大きくなると尿路の一部をふさいだり、腟の中に突き出る(脱出)ことがあります。脱出した筋腫に潰瘍ができて、そこに感染や出血、またはその両方が起こることがあります。また、脱出した筋腫によって尿の流れが遮られることもあります。

症状

ほとんどの子宮頸部筋腫はやがて症状を引き起こします。最もよくみられる症状は、以下のものです。

  • 性器出血(不規則で大量になることがある)

出血量が多いと貧血が生じ、疲労や脱力が起こります。性交時に痛みが生じることもあります。

筋腫に感染が起こると、痛みや出血、おりものがみられることがあります。

筋腫の脱出によって、腹部の圧迫感やしこりなどの症状が出ることもまれにあります。

筋腫が尿の流れを遮ると、なかなか尿が出ない、排尿が終わるときに尿がポタポタと滴る、尿が出なくなるなどの症状がみられることがあります。また、尿路感染症が起こりやすくなります。

診断

  • 内診

  • ときに超音波検査

筋腫は、しばしば身体診察の際に発見されます。内診の際に筋腫が見えることがあります(特に筋腫が脱出している場合)。また、触診(医師が片手に手袋をはめて腟の中に入れ、もう一方の手を腹部にあてて行う)で子宮と子宮頸部の大きさや形を調べているときに筋腫が触れることもあります。

診断を確定できない場合には、腟から超音波装置を挿入し、子宮内の画像を撮影します。この検査を経腟超音波検査といい、尿の流れが遮られていないかどうかや、ほかに筋腫がないかを確認する際にも実施します。

血液検査を行い、貧血がないか調べます。

子宮頸がんの可能性を否定するため、パパニコロウ検査やヒトパピローマウイルス(HPV)検査(子宮頸部細胞診)を行います。

治療

  • 筋腫が症状を引き起こしている場合、手術

筋腫が小さく、症状が出ていない場合には、治療の必要はありません。

筋腫が症状を引き起こしている場合は、可能であれば、筋腫核出術という手術を行って切除します。筋腫だけを切除すれば、妊娠や出産が可能です。ただし、筋腫が大きくなると、子宮全体を切除しなければならないケース(子宮摘出術)もあります。いずれの手術も腹部を大きく切開して行うことがあります(開腹手術)。場合によっては、へその近くの1カ所または複数カ所を小さく切開し、器具を挿入して行うこともあります(腹腔鏡下手術)。

筋腫が脱出している場合は、可能であれば、腟から器具を挿入して切除します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP