Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

外陰部の子宮内膜症性嚢胞

執筆者:

S. Gene McNeeley

, MD, Michigan State University, College of Osteopathic Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 12月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

外陰部の子宮内膜症性嚢胞(外陰子宮内膜症性嚢胞)は、子宮内膜組織が内部に血液のたまった痛みを伴う嚢胞として外陰部に出現する、まれな病気です。

  • 子宮内膜症性嚢胞には痛みを伴うことがあり、特に性交時や月経前および月経中に痛むことがあります。

  • 通常は内診の際に子宮内膜症性嚢胞を診断できます。

  • 外陰部の子宮内膜症性嚢胞は手術で切除します。

理由は分かっていませんが、子宮内膜組織の一部が子宮以外の場所で増殖することがあり、この病気を子宮内膜症といいます。子宮内膜症が外陰部(外性器がある領域)に発生することはまれで、卵巣などの他の部位に発生するのが一般的です。

女性の外性器

女性の外性器

ときに、子宮内膜組織が嚢胞を形成することがあります(子宮内膜症性嚢胞)。

子宮内膜症性嚢胞は、過去に会陰切開(胎児を娩出しやすくするために腟口を切開して広げる処置)や分娩中に裂けた腟や外陰部の修復などの手術を行った部位によく発生します。

症状

子宮内膜症性嚢胞には痛みを伴うことがあり、特に性交時に痛むことがあります。子宮内膜症性嚢胞は、正常な子宮内膜組織と同様にホルモンに反応します。そのため、大きくなって痛みを引き起こすことがあり、特に月経前や月経中に顕著になります。触れると痛み、色は青色に見えることがあります。子宮内膜症性嚢胞が破裂すると、激しく痛みます。

診断

  • 内診

症状のある子宮内膜症性嚢胞の多くは、医師が内診の際に視診や触診で確認できます。

治療

  • 手術

外陰部の子宮内膜症性嚢胞は手術で切除します。通常この処置は手術室で行われますが、診療所の外来で行うこともあります。局所麻酔が用いられます。

切除した組織の生検を行い、外陰部や腟に発生することがある黒色腫(皮膚がんの一種でメラノーマとも呼ばれます)ではないことを確認します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP