Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

付属器捻転

執筆者:

S. Gene McNeeley

, MD, Michigan State University, College of Osteopathic Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 12月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

付属器捻転とは、卵巣やときに卵管がねじれて、それらの臓器への血流が途絶えた状態をいいます。

  • ねじれにより激しい痛みが突然生じ、多くは嘔吐を伴います。

  • 診断を確定するには、超音波装置を腟に挿入する超音波検査(経腟超音波検査)を行います。

  • 直ちに手術を行って卵巣のねじれを元に戻すか、卵巣の摘出を行います。

卵巣やときに起こる卵管の捻転は、これらを支える靱帯に似た組織との付着部で起こります。卵巣のねじれ(付属器捻転)はまれですが、妊娠可能年齢の女性で発生しやすい傾向があります。通常は卵巣に病気などがある場合に生じます。以下の状態では付属器捻転が起こりやすくなります。

  • 妊娠

  • 排卵を誘発するホルモン剤を不妊症の治療薬として使用した場合

  • 良性(がんではない)腫瘍や嚢胞などによって卵巣が腫れて大きくなった場合

良性腫瘍の方が悪性腫瘍よりも捻転を引き起こす可能性は高くなります。

正常な卵巣がねじれることはめったにありませんが、小児では、起こりやすい傾向があります。

付属器捻転は通常片側にだけ起こります。片側の卵巣だけがねじれることが多いですが、場合によっては卵管もねじれます。卵巣への血流が長期間途絶え、卵巣の組織が壊死することがあります。

付属器捻転は、腹腔とその内面を覆っている組織(腹膜)の感染症である腹膜炎を引き起こすことがあります。

知っていますか?

  • 卵巣がねじれて、突然激しい痛みが生じることがあります。

症状

卵巣がねじれると、骨盤部に激しい痛みが突然生じます。吐き気や嘔吐を伴うこともあります。突然の痛みに先立って、締めつけるような痛みが断続的に数日間からときには数週間も続くことがあります。このような痛みは、卵巣がねじれては戻ることを繰り返すことで生じると考えられます。腹部に圧痛を感じることもあります。

診断

  • 超音波検査

付属器捻転は通常、症状と身体診察の結果から疑われます。

診断を確定するには、超音波装置を腟に挿入する超音波検査経腟超音波検査)を行います。通常はこの検査によって、卵巣への血流が途絶えているかどうかも分かります。

治療

  • 卵巣のねじれを元に戻す手術

超音波検査で診断が裏付けられた場合、直ちに治療します。以下のいずれかの方法を用いて卵巣のねじれを元に戻して卵巣を救うことを試みます。

  • 腹腔鏡下手術:腹部の1カ所または複数カ所を小さく切開します。次に切開口の1つから腹腔鏡(観察用の柔軟な管状の機器)を挿入します。別の切開口から器具を挿入して、卵巣のねじれを元に戻し、もし卵管にもねじれがあれば、それも同様に元に戻します。腹腔鏡下手術は、通常は病院で全身麻酔を用いますが、入院の必要はありません。

  • 開腹手術:腹腔鏡下手術よりも大きく腹部を切開します。この方法ではねじれた臓器を直接観察できるため、腹腔鏡は使いません。腹部を大きく切開するため、一泊の入院が必要になります。

卵巣嚢胞が存在している場合、卵巣を残すことが可能であれば、嚢胞を切除します(嚢胞切除術)。

血流が途絶えて組織が壊死している場合は、卵管と卵巣の切除(卵管卵巣摘出術)が必要になります。

卵巣腫瘍があれば、卵巣全体を切除します(卵巣摘出術)。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP