Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

妊娠前半にみられる性器出血

執筆者:

Geeta K. Swamy

, MD, Duke University Medical Center;


R. Phillip Heine

, MD, Duke University Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 7月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

妊娠の最初の20週間に、20~30%の女性に性器出血がみられます。このうち約半数が、流産 流産 流産とは、妊娠20週までに人為的でない原因によって胎児が失われることです。 胎児側の問題(遺伝性疾患や先天異常など)によっても母体側の問題(生殖器の構造的異常、染色体異常、感染症、コカインの使用、飲酒、喫煙、けがなど)によっても流産が起こりますが、多くの場合、原因は不明です。 出血や筋けいれんが起こることがありますが、特に妊娠して週数が経過している場合にはよく起こります。 医師は子宮頸部を診察し、通常は超音波検査も行います。... さらに読む に至ります。流産がすぐに起こらなくても、妊娠週数が進んでから問題が起こる可能性が高くなります。例えば、子どもの出生体重が低い、早く産まれる(早産 切迫早産 妊娠37週以前に起こる陣痛は切迫早産とみなされます。 未熟児として生まれた新生児には、深刻な健康上の問題が生じる可能性があります。 切迫早産の診断は通常明らかです。 安静にしたり、ときには薬剤を用いて、分娩を遅らせます。 抗菌薬やコルチコステロイドも必要な場合があります。 さらに読む )、死産 死産 死産とは妊娠20週以降に胎児が死亡することです。 胎盤が子宮から剥がれるのが早すぎた結果として起こる死産が最も一般的です(常位胎盤早期剥離)。ときに、死産の原因が明らかでないこともあります。 母体に以下のような状態があると、胎児が死亡する可能性があります。 コントロール不良の糖尿病 妊娠高血圧腎症(妊娠中に発症する高血圧の一種) さらに読む 、分娩中または分娩直後の死亡などの可能性があります。大量に出血すると、血圧が危険なレベルにまで下がり、ショック ショック ショックとは、臓器への酸素の供給量が低下し、生命を脅かす状態で、臓器不全やときには死亡につながります。通常、血圧は低下しています。 (低血圧も参照のこと。) ショックの原因には血液量の減少、心臓のポンプ機能の障害、血管の過度の拡張などがあります。 血液量の減少または心臓のポンプ機能の障害によってショックが起きると、脱力感、眠気、錯乱が生じ、皮膚が冷たく湿っぽくなり、皮膚の色が青白くなります。... さらに読む に至る可能性があります。

出血の量は、少量から大量まで様々です。大量に血液が排出されると常に懸念にはなりますが、少量の性器出血や軽い出血も、重篤な病気を示唆することがあります。

原因

妊娠前半にみられる性器出血は妊娠に関連した病気(産科疾患)から生じていることもあれば、そうでないこともあります(表「妊娠前半にみられる性器出血の主な原因と特徴 妊娠前半にみられる性器出血の主な原因と特徴 妊娠前半にみられる性器出血の主な原因と特徴 」を参照)。

最も一般的な原因は以下のものです。

流産 流産 流産とは、妊娠20週までに人為的でない原因によって胎児が失われることです。 胎児側の問題(遺伝性疾患や先天異常など)によっても母体側の問題(生殖器の構造的異常、染色体異常、感染症、コカインの使用、飲酒、喫煙、けがなど)によっても流産が起こりますが、多くの場合、原因は不明です。 出血や筋けいれんが起こることがありますが、特に妊娠して週数が経過している場合にはよく起こります。 医師は子宮頸部を診察し、通常は超音波検査も行います。... さらに読む (自然流産)には様々な程度があります。流産が起こる可能性がある状態(切迫流産)、または流産が確実に起こるであろう状態(進行流産)があります。子宮の内容物(胎位と胎盤)がすべて排出された流産(完全流産)または、すべては排出されていない流産(不全流産)もあります。まれに、流産の前後あるいは流産と同時に、子宮の内容物に感染が起きることがあります(敗血性流産)。子宮内で死亡した胎児がそのままとどまることもあります(稽留流産)。どのタイプの流産でも、妊娠前半にみられる性器出血が起こる可能性があります。

性器出血の最も危険な原因は以下のものです。

ほかに危険ではあるもののあまり一般的でない原因として、黄体嚢胞の破裂があります。排卵の後、卵子を放出した構造(黄体)が通常のように消失せずに、液体または血液で満たされた状態になることがあります(黄体嚢胞)。異所性妊娠や黄体嚢胞が破裂すると、大量出血を起こしショックに至ることがあります。

評価

医師はまず、原因が異所性妊娠であるかどうかを判断します。

警戒すべき徴候

受診のタイミング

警戒すべき徴候がみられる女性は、直ちに医師の診察を受ける必要があります。

警戒すべき徴候がない女性は、48~72時間以内に医師の診察を受ける必要があります。

医師が行うこと

医師は症状と病歴(過去の妊娠、流産、中絶を含む)について質問します。次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、原因と必要になる検査を推測することができます(表「妊娠前半にみられる性器出血の主な原因と特徴 妊娠前半にみられる性器出血の主な原因と特徴 妊娠前半にみられる性器出血の主な原因と特徴 」を参照)。

医師は出血について以下のことを質問します。

  • 出血はどれくらいひどいか(例えば1時間当たり何枚のナプキンに血がしみ込み、取り替えなければならないか)

  • 血のかたまりまたは組織が排出されたか

  • 出血に痛みを伴うか

痛みがある場合、医師は痛みがいつ、どのように始まったか、どれくらい続くか、痛みは鋭いか鈍いか、持続的な痛みか、現れたり消えたりする痛みかについて質問します。

身体診察では、医師はまず発熱と著しい失血の徴候(動悸や低血圧など)がないか確認します。次に内診を行い、胎児の通過に備えて子宮頸部(子宮の下部)が開き始めていないか(開大)を確認します。組織(流産によるものの可能性)が見つかれば、採取して分析のために検査室に送ります。

医師はまた腹部をそっと押して、触れると圧痛が生じるかどうか確認します。

icon

検査

診察中に、医師が手持ち式のドプラ超音波装置を妊婦の腹部にあてて、胎児の心拍を確認します。

医療従事者により妊娠が確認されていない場合、尿サンプルを用いた妊娠検査を行います。妊娠が確認されれば、以下のような検査を行います。

  • 血液型およびRh型(プラスかマイナス)

  • 通常、骨盤内超音波検査

  • 通常、妊娠の早期に胎盤から分泌されるホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン、hCG)を測定する血液検査

出血が大量(約240mLを超える)の場合、血算、および異常な抗体を調べる検査または交差適合試験(妊婦の血液型がドナーの血液型と適合するかどうかを調べる試験)も行います。出血が大量であるか、ショックが起こっている場合、血液が正常に凝固するかどうかを調べる血液検査を行います。

診察で完全流産が起こったことが示唆されない限り、一般的に超音波装置を腟に挿入して行う超音波検査を行います。超音波検査により、子宮内での妊娠と妊娠6週頃からは胎児の心拍を確認できます。この時期を過ぎても心拍が確認されなければ、流産は避けられません。心拍が確認されれば流産の可能性ははるかに低くなりますが、それでも起こる可能性はあります。超音波検査は不全流産、敗血性流産、稽留流産の識別にも役立ちます。子宮に残っている胎盤の一部や妊娠に関連した組織も見つけることができます。破裂した黄体嚢胞、胞状奇胎、またはその他の妊娠性絨毛性疾患の特定にも役立ちます。異所性妊娠の部位と大きさによっては、超音波検査で発見されることもあります。

hCGの測定は、医師が超音波検査結果を解釈し、正常な妊娠と異所性妊娠を区別するのに役立ちます。異所性妊娠の可能性が低い場合、定期的にhCGを測定します。可能性が中間であるか高い場合、へそのすぐ下を小さく切開し、観察用の管状の機器(腹腔鏡)を挿入して子宮と周囲の組織を直接観察することで、異所性妊娠であるかどうか確認することがあります。

治療

出血が大量である場合、ショックを起こしている場合、または異所性妊娠破裂の可能性が高い場合に医師が最初にすることの1つは、静脈に太いカテーテルを挿入して迅速に輸血できるようにすることです。

出血が病気から生じているものであれば、その病気を治療します。例えば異所性妊娠が破裂している場合、手術を行います。

これまで流産の可能性が考えられる場合には、医師は床上安静を一般的に推奨してきましたが、床上安静が流産を防ぐのに役立つという科学的根拠はありません。性交と流産との確実な関係は明らかになっていませんが、性交は控えるように助言されるでしょう。

要点

  • 妊娠前半にみられる性器出血の最も一般的な原因は、流産です。

  • 性器出血の最も深刻な原因は、異所性妊娠です。

  • 妊婦に動悸や失神が生じるか、失神しそうに感じたときには、直ちに医師の診察を受ける必要があります。

  • 血液型がRhマイナスであるかRhプラスであるかを調べる血液検査を行うのは、血液型がRhマイナスの妊婦が性器出血を起こしている場合、Rh0(D)免疫グロブリンを投与し、以降の妊娠で胎児の赤血球を攻撃する抗体が作られるのを予防するためです。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP