Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

妊娠中の症状に関する序

執筆者:

Geeta K. Swamy

, MD, Duke University Medical Center;


R. Phillip Heine

, MD, Duke University Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

妊娠中に生じる症状は、正常である場合もあれば、異常の徴候である場合もあります。問題は妊娠に関連している場合(産科的問題)または別の病気に関連している場合があり、医師による評価が必要になります。

症状の中には、必ず直ちに医師に知らせるべきものもあります。具体的には以下のものがあります。

  • 持続する頭痛や普段と違う頭痛

  • めまい

  • 視覚障害

  • 体幹の最下部(骨盤部)の痛み(骨盤痛

  • 子宮収縮

  • 羊水漏出(「破水」といいます)

  • 尿量の減少

  • すべての病気や感染症

  • 手や足、もしくは両方の振戦(ふるえ)

  • けいれん

  • 動悸

  • 胎動の減少

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP