Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

羊膜感染

(絨毛膜羊膜炎)

執筆者:

Antonette T. Dulay

, MD, Main Line Health System

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

羊膜感染は、胎児の周囲を満たしている液体(羊水)、胎盤、胎児を包んでいる膜など(またはこれら複数の場合もある)、胎児の周りにある組織の感染です。

  • 羊膜感染により母体と胎児に問題が生じるリスクが高まります。

  • 妊婦には通常、発熱がみられ、しばしば骨盤痛やおりものがみられます。

  • 通常は身体診察により感染を診断できますが、羊水の検査が必要になることもあります。

  • 抗菌薬と体温を下げるための薬を投与し、できるだけ早く分娩を予定します。

羊膜感染は一般的に、腟の細菌が子宮に入って胎児の周りの組織に感染するために起こります。正常な状態では、子宮頸部の粘液、胎児を包んでいる膜、および胎盤が細菌の感染を防いでいます。しかし、特定の状態では、細菌がこの防御を突破しやすくなります。例えば、胎児を包む膜が破れるのが早すぎることがあります(前期破水)。まれに、胎児をモニタリングする必要があるために腟から電極(ワイヤーのついた小さな円形のセンサー)を挿入(内測法による胎児モニタリングと呼ばれる)した際に感染が生じることがあります。

破水から分娩が起こるまでの時間が長くなるほど羊膜感染が発生しやすくなり、特に医師や助産師が何回も内診を行った場合にこの可能性が高まります。内診により細菌が腟や子宮に侵入する可能性があります。

性器に感染の原因になりうる細菌がいる場合にも、羊膜感染が起こりやすくなります。妊婦はこうした細菌の存在に気づいていないことがあり、特にこうした細菌の検査が行われる通常の出生前ケアを受けていない場合にはその傾向があります。

以下の場合にも、羊膜感染の可能性が高くなります。

  • 陣痛が早期に開始する(切迫早産)。

  • 羊水に胎便(出生前に胎児がつくる濃い緑色の便で、通常は出生後に初めて排出される)が含まれる。

羊膜感染により胎児において以下のような問題のリスクが高まります。

  • 早産または早期前期破水(羊膜感染はこれらの原因になるとともに、結果として生じることもある)

  • 分娩の前後で血液中の酸素量が不足した状態になる

  • 全身の感染症(敗血症)、肺炎髄膜炎などの感染症

  • 死亡

羊膜感染により妊婦において以下のような問題のリスクが高まります。

まれに、羊膜感染を治療しないと、妊婦に敗血症性ショック(感染に対する全身性の重篤な反応により引き起こされる生命を脅かす低血圧)、播種性血管内凝固症候群(血栓と出血を起こす血液凝固障害)、急性呼吸窮迫症候群が発生することがあります。

症状

羊膜感染が起こると、通常は発熱がみられ、しばしば腹痛および悪臭のある分泌物が生じます。胎児および母体の心拍数が上昇することがあります。しかし、症状がまったくない人もいます。

診断

  • 医師による評価

  • 血算

  • ときに羊水穿刺

医師は身体診察および血算(白血球数を含む)を行います。

妊婦に発熱がみられ、胎児の心拍が速い、妊婦に悪臭のある分泌物がみられる、妊婦の白血球数が多いといった別の典型的な症状もある場合に、羊膜感染が疑われます。診断がそれでもはっきりしない場合は、羊水のサンプルを採取し、分析することがあります(羊水穿刺)。

切迫早産または早期前期破水が生じた場合、母体に典型的な症状がみられなくても、医師は感染の可能性を考慮する場合があります。

予防

妊婦に早期前期破水が生じた場合、内診は必要なときのみ行います。

通常、感染が広がるリスクを抑えるために抗菌薬も静脈内投与または経口投与します。

治療

  • 抗菌薬

  • 体温を下げるための薬

  • 分娩

羊膜感染の妊婦には抗菌薬を静脈内投与します。体温を下げるためにアセトアミノフェンなどの薬剤も投与します。

いったん診断がつけば、分娩を遅らせるべきではありません。

陣痛が始まっていない場合、人工的に陣痛を開始させることがあります(陣痛誘発)。

母体と胎児が安定しており、陣痛誘発の間に抗菌薬が投与されていれば、直ちに帝王切開を行う必要は通常ありません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP