Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

羊水の問題

(羊水過多、羊水過少)

執筆者:

Antonette T. Dulay

, MD, Main Line Health System

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

羊水とは、子宮内の胎児の周囲を満たしている液体のことです。羊水と胎児は羊膜腔と呼ばれる膜の中に入っています。羊水の量は、多すぎたり、少なすぎたりする場合があります。羊水、羊膜腔、または胎盤が感染を起こすことがあります(羊膜感染)。

羊水量が多すぎる

羊水の量が多すぎる場合(羊水過多)は子宮が引き伸ばされ、妊婦の横隔膜を圧迫します。

羊水量が多すぎる場合、以下のようないくつかの問題が生じる可能性があります。

  • 妊婦に重度の呼吸障害が生じる。

  • 分娩後に妊婦に性器出血が生じる。

  • 分娩が早期(妊娠37週以前)に開始する(切迫早産)。

  • 胎児を包む膜が破れるのが早すぎる(前期破水)。

  • 胎向または胎位の異常があり、ときに帝王切開を必要とする。

  • 胎児が腟から出てくる前に臍帯が出てくる(臍帯脱出)。

  • 胎盤が早い時期に子宮壁から剥がれてしまう(常位胎盤早期剥離)。

  • 胎児が死亡する。

以下のような原因により羊水が過剰にたまることがあります。

しかし、およそ半数が原因不明です。

羊水量が少なすぎる

羊水の量が少なすぎる場合(羊水過少)にも、以下のような問題が生じる可能性があります。

  • 羊水の量が極端に少なくなると、胎児が圧迫され、四肢の変形、平らな鼻、下顎が小さくなり後退しているように見えるなどの問題が生じる。

  • 胎児の肺が正常に発達しない。(この未熟な肺と奇形の組合せをポッター症候群といいます。)

  • 胎児が分娩に耐えられず、帝王切開が必要になる。

  • 胎児が死亡する。

  • 胎児の成長が在胎期間の割に遅い(在胎不当過小)。

以下のような場合に羊水過少が起こりやすくなります。

  • 胎児に尿路の先天異常がある(特に腎臓)。

  • 胎児の成長が在胎週数の割に遅い。

  • 胎児が死亡している。

  • 胎児に染色体異常がある。

  • 胎盤が正常に機能していない(その結果、胎児の成長が在胎週数の割に遅いことがある)。

  • 妊娠期間が長すぎる(40週以上、過期妊娠と呼ばれる)。

  • 胎児を包む膜が破れるのが早すぎる(前期破水)。

多くの場合、原因は不明です。

第2から第3トリメスター(訳注:第2トリメスターは日本の妊娠中期に、第3トリメスターは妊娠後期にほぼ相当)にかけてアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬(エナラプリルやカプトプリルなど)のような特定の薬剤を使用すると、羊水過少になることがあります。これらの薬剤は通常、妊娠中は避けますが、まれに、重度の心不全の治療に使用されます。非ステロイド系抗炎症薬(アスピリンやイブプロフェンなどのNSAID)も妊娠の後期に用いると羊水の量が減ることがあります。

診断

  • 医師による評価

  • 超音波検査

  • 原因を特定するための検査

妊娠期間の割に子宮が大きすぎたり小さすぎたりする場合には、羊水過多や羊水過少が疑われることがあります。あるいは超音波検査で偶然、羊水の問題が見つかることがあります。問題が見つかると、超音波検査を用いて存在する羊水の量を確認することができます。

羊水が多すぎる、または少なすぎることが分かった場合、考えられる原因を調べます。例えば腟と子宮頸部を診察して、胎児を包む膜が早期に破れていないかどうか確認します。

血液検査を行って、羊水に影響を及ぼす病気(感染症や糖尿病など)がないかを調べることもあります。胎児の先天異常を確認するために超音波検査などの検査を実施することもあります。胎盤から胎児への血流を評価し、胎盤がどの程度良好に機能しているかを確認するために、ドプラ超音波検査を行うことがあります。

治療

  • 胎児の成長をモニタリングし、羊水量を計測する超音波検査

  • 胎児の心拍数のモニタリング

  • 基礎疾患の治療

  • ときに羊水の除去

胎児がどのくらい成長しているかをモニタリングし、羊水量を計測するために、定期的に超音波検査を行います。胎動があるときと胎動がないときの胎児の心拍数も定期的にモニタリングします。この検査は胎児の状態(well-being)を調べるために行うものです(ノンストレステストと呼ばれます)。

糖尿病、高血圧などの基礎疾患があれば治療します。

羊水量が多すぎる場合、以下のどちらかが起これば、針を用いて妊婦の腹部から羊水を除去することもあります。

  • 早期の分娩の開始

  • 重大な問題の発生

しかし、羊水が除去されることはまれです。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP