Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

妊娠の合併症に関する序

執筆者:

Antonette T. Dulay

, MD, Main Line Health System

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

妊娠合併症とは、妊娠中にだけ発生する問題のことをいいます。母体に影響を及ぼすもの、胎児に影響を及ぼすもの、または母子ともに影響を及ぼすものがあり、問題が起こる時期も様々です。例えば、胎盤の位置の異常(前置胎盤)や胎盤が早い時期に子宮から剥がれる(常位胎盤早期剥離)などの合併症が起きると、妊娠期間の最後の3カ月間に性器出血が生じることがあります。この時期に出血すると、胎児の死亡や出血過多のリスクが生じます。陣痛時や分娩時に死亡するリスクもわずかながら存在します。しかし、ほとんどの妊娠合併症は効果的に治療できます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP