Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

前置胎盤

執筆者:

Antonette T. Dulay

, MD, Main Line Health System

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

前置胎盤とは、胎盤が子宮上部ではなく子宮下部で子宮頸部を覆うよう付着したり、子宮頸部に付着することです。

  • 妊娠の後期に、痛みを伴わない、ときに大量の出血が生じることがあります。

  • 通常は超音波検査で診断を確定できます。

  • 床上安静だけでよい場合もありますが、出血が続く場合や、胎児や妊婦に問題が生じた場合には、必ず帝王切開が行われます。

正常では、胎盤は子宮の上部に位置しています。前置胎盤の場合、胎盤が下部に位置していて、子宮頸部の開口部(産道への入り口)を覆っています。胎盤が子宮頸部の開口部近くに位置していることもあります(低置胎盤)。

前置胎盤は200件の分娩に1件の割合で起こります。第2トリメスター(訳注:日本の妊娠中期にほぼ相当)に前置胎盤である女性は妊娠全体の15%に上ります。超音波検査で前置胎盤が認められることがあります。しかし、分娩前までに90%以上が自然に解消されます。自然に解消されないと、胎盤が子宮から剥がれ、胎児に血液が供給されなくなってしまう可能性があります。胎児が産道を通ることによっても胎盤が傷つき、重度の出血が起こることがあります。

以下のような場合には前置胎盤が発生するリスクが高まります。

  • 過去に複数回妊娠している

  • 帝王切開の既往がある

  • 妊娠が双子、三つ子、またはそれ以上の多胎妊娠である

  • 子宮の構造的異常(子宮筋腫など)がある

  • 喫煙

  • 高齢である

症状

前置胎盤があると、妊娠の後期に痛みを伴わない性器出血が突然生じることがあります。鮮紅色の出血がみられることがあります。大量に出血し、母体と胎児の命が危険な状態になることがあります。

前置胎盤により胎児に以下のような問題が生じる可能性があります。

診断

  • 超音波検査

妊娠20週以降に性器出血が始まった妊婦では、医師は前置胎盤を疑います。前置胎盤の発見や、前置胎盤と早期に剥がれた胎盤(常位胎盤早期剥離)との区別には超音波検査が役立ちます。

前置胎盤が症状を引き起こしている場合、胎児の心拍数をモニタリングして胎児が十分な酸素を受け取っていないなどの問題がないかどうかを調べます( 胎児のモニタリング)。

胎盤の問題

胎盤は正常な状態では子宮上部に位置し、胎児が娩出されるまでしっかりと子宮壁に付着しています。胎盤は母体から胎児へ酸素と栄養を届けます。

常位胎盤早期剥離になると胎児がまだ子宮内にいるうちに胎盤が子宮壁から剥がれて子宮から出血が起こり、胎児への酸素と栄養の供給量が減少します。この合併症が起きた妊婦は入院し、胎児を早く分娩させることがあります。

前置胎盤では胎盤が子宮下部に位置し、子宮頸部を覆うように形成されたり、子宮頸部に形成されます。前置胎盤があると、妊娠の後期に痛みを伴わない出血が突然生じることがあります。出血は大量になることがあります。通常、帝王切開で胎児を分娩します。

胎盤の問題

治療

  • 入院および床上安静

  • 出血が止まれば、36~37週での分娩

  • 妊婦または胎児に問題があれば、早急に分娩

出血量が少量の場合や出血が妊娠36週頃より前に起こった場合には、たいてい出血が止まるまで入院し、活動を制限するよう指示されます。活動の制限(床上安静)とは、1日の大半を横になって過ごすことです。出血が止まれば、軽い活動を徐々に始めることができます。再出血がなくすぐに来院できる状況であれば、通常は退院します。性交は出血のきっかけになることがあるため、医師は控えるように勧めます。

再出血が起これば、通常は分娩まで再度入院します。

一部の専門家は、早期の分娩(妊娠34週頃より前)が必要になる可能性がある場合には、胎児の肺成熟を助けるためにコルチコステロイドの使用を勧めています。

妊婦に陣痛がなく、出血が止まれば、妊娠36~37週で分娩を行うこともあります。

以下のいずれかが起こった場合には、早急に分娩が行われます。

  • 出血が大量である、または出血が止まらない。

  • 胎児の心拍数に異常がみられ、酸素の不足が示唆される。

  • 母体の血圧が低すぎる。

前置胎盤の女性では、分娩は陣痛が始まる前に帝王切開で行います。

出血が大量である場合、輸血が必要になることもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP