Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

腟けい

執筆者:

Rosemary Basson

, MD, University of British Columbia and Vancouver Hospital

最終査読/改訂年月 2013年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

腟けいとは、女性の腟口周辺の筋肉に生じる不随意の収縮のうち、性器に異常が認められないものをいいます。強い筋収縮により、性交や挿入を伴う性行為の際に痛みが生じたり、できなくなったりします。

  • 腟けいのある女性の大半は性交に耐えることができず、タンポンの使用にも耐えられない女性もいます。

  • 症状を聞き、その後できるだけ刺激を与えないに内診を行い、その結果に基づいて診断します。

  • 女性は、どのように自分の性器周辺に触るかについて指導を受け、徐々に腟の近くを触り、痛みを起こさずに触れることに慣れるようにします。続いて腟に指を挿入し、徐々により大きな円錐型の挿入物を入れていきます。

  • これらの練習により、恐れている痛みを感じることなく性交ができるようになります。

腟けいがあると、女性が性交を望んでいても、腟の筋肉が不随意に収縮します。腟けいは通常、女性が初めて性交しようとする際に始まります。しかし、別の要因のために性交で初めて痛みを感じた場合や、精神的に落ち込んでいるときに性交しようとした場合は、その後の性交で発症することもあります。性交で痛みを感じるようになると、女性は性交を恐れるようになります。この恐怖のため、筋肉がさらに収縮し、性交しようとすると痛みが生じたり、痛みが強くなったりします。反射反応が起こるため、腟に圧迫を受ける、あるいはときには触れられるだけで腟の筋肉が自動的(反射的)にこわばります。よって大半の女性では性交や挿入を伴う性行為に耐えられなくなります。タンポンの挿入にも耐えられなくなる場合があり、使用したいと思わなくなります。しかし、腟けいのある女性の多くは挿入を伴わない性行為を享受できます。

診断

患者による問題の説明、病歴、小児期と青年期のものを含む性交歴、その後の内診所見に基づいて診断します。

内診にできるだけ耐えられるよう、医師は何をしているか詳しく説明しながら、ゆっくりとやさしく内診を進めます。自分の性器が見えるよう女性に鏡を渡し、医師の手や器具を腟に挿入できるよう女性に導いてもらうこともあります。通常、内診が可能になる前に治療が必要です。症状を引き起こしている原因が、瘢痕、感染、その他の異常によるものではないかどうかを確認します。腟けいが問題の場合、そういった異常は認められません。

治療

治療の目的は、腟とその周囲が触れられたときに起こる腟の筋肉の反射的な収縮と痛みに対する恐怖を和らげることです。この反射を弱めるため、次のように性器に触れる練習を指導されます。

まず、痛みが生じない範囲でできるだけ腟口の近くを触れます。毎日、触れる部位が少しずつ腟口に近づくようにし、痛みが生じない範囲で腟までゆっくりと近づいていきます。腟口周辺の組織(陰唇)に触れられるようになったら、陰唇を開く練習をします。鏡で自分の性器を見るよう勧められます。排便時のようにいきむよう指導されますが、そうすると腟の開きが大きくなり見えやすくなります。やがて、痛みを起こすことなく腟口に触れることができるようになります。それができれば、次は腟に指を入れるように指導されます。開口を大きく広げつつ、指が入りやすくなるようにして、いきみながら指を挿入します。

これらを実践でき、痛みを感じなくなれば、円錐型の挿入物を腟に入れる練習を開始します。挿入物は10~15分間入れておきます。すると腟の筋肉が圧迫に慣れてきます。挿入が不快でなくなったら、次第に大きな挿入物を使用して、腟への圧迫を徐々に増加させます。最終的に、パートナーに挿入物を入れてもらうようにします。こうして腟筋の弛緩の仕方を覚え、筋肉の反射的な収縮を克服します。

パートナーが痛みを生じさせることなく円錐型の挿入物を入れられるようになったら、カップルで女性の性器周辺に陰茎で触れるなどの性行為を行えるようになります(ただし、腟への陰茎の挿入は控えます)。

これらの段階を完了して初めて、再び性交を試みます。医師は通常、挿入物のときと同じ方法で、女性がパートナーの陰茎をもって部分的にあるいは完全に腟に挿入するよう勧めます。この時点では、性交の際、上に乗る方が安心できると感じる女性もいます。このプロセスでは、過度に慎重になって挿入をためらう、あるいは勃起できなくなる男性もいます。その場合、ホスホジエステラーゼ阻害薬(シルデナフィル、タダラフィル、バルデナフィルなど)が有益です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP