Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

性的興奮障害

執筆者:

Rosemary Basson

, MD, University of British Columbia and Vancouver Hospital

最終査読/改訂年月 2013年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

性的興奮障害とは、性的刺激への精神的または感情的(主観的)な反応、身体的な反応(性器周辺の膨らみ、チクチク感や拍動感、腟の湿潤など)、もしくはその両方が生じない状態です。

  • 抑うつ、低い自尊心、不安、ストレス、パートナーとの関係の問題が性的興奮を妨げます。

  • パートナーとの関係と性行為時の環境を改善し、女性が何によって性的刺激を感じるのかを特定することが役に立ちます。

通常、女性が性的な刺激を受けると、精神的かつ感情的に性的興奮を感じます。一定の身体的変化も自覚します。例えば、腟は潤滑液を分泌します(湿潤が生じます)。腟口周辺の組織(陰唇)と陰核(男性の陰茎に相当する部分)が膨らみ、乳房がやや張り、これらの部位にチクチクするような感じを覚えます。

性的興奮障害の場合、通常の性的刺激(キスをする、ダンスをする、アダルトビデオを見る、性器に触れるなど)では、精神的または感情的(主観的)、身体的、もしくはその両方の性的興奮が起こりません。

ときに身体的反応が起こりますが、女性はそれに気づきません。

性器興奮障害(性的興奮障害の一種)では、性器以外に向けられた刺激(アダルトビデオを見るなど)には性的興奮を覚えるものの、性器への刺激(性交を含む)に対する身体の反応や快感を自覚することができません。結果として、性器への刺激や性交は報いのないものとなり、困難で痛みを生じるものとなる可能性があります。

原因

性的興奮障害の原因は、性欲減退障害の原因と同じである傾向がみられます( 性欲減退障害 : 原因)。例えば一般的に、抑うつ、低い自尊心、不安、ストレス、他の心理的な要因( 心理的な要因)、薬物(抗うつ薬の一種である選択的セロトニン再取り込み阻害薬など)、およびパートナーとの関係の問題が、性的興奮を阻害します。不十分な性的刺激や性行為にふさわしくない環境も一因となります。

性器興奮障害は以下のように様々な原因があります。

  • 血中 エストロゲン濃度の低下(出産後など)

  • 閉経後に薄くなり乾燥した腟組織(萎縮性腟炎)

  • 腟の感染症(腟炎)または膀胱の感染症(膀胱炎)

  • 硬化性苔癬など外陰部(腟の開口部周辺)の皮膚に変化を引き起こす病気

  • ときに加齢に伴う テストステロンの減少

性器興奮障害は、糖尿病、多発性硬化症などの特定の慢性疾患が神経を損傷した場合にも発症します。神経損傷により、性器周辺の感覚が低下します。

診断

診断は病歴と患者による症状の説明に基づいて下されます。性器への刺激により興奮が起こらない場合、内診も行います。

治療

いくつかの一般的な対策( 治療)が特に役立ちます。具体的には以下のものがあります。

  • パートナー間の仲を深め、信頼関係を培う。

  • 性行為ができるだけ行いやすい環境を作る。

  • 性行為中、女性が集中することを学ぶのを助ける。

  • 性欲減退障害( 性欲減退障害 : 治療)の場合のように、女性が何によって刺激を感じるのかを特定し具体的に伝える。

バイブレーター、空想、アダルトビデオなど、様々な刺激をカップルで試すようにします。腟性交以外の行為をカップルで試してもよいでしょう。例えば、感覚集中法をカップルで実践します。この方法では、パートナーが順番にお互いに心地よいと感じられる方法で触れ合います。最初は性器など特定の部分に触れることは避け、刺激を与えることよりも官能を呼び覚ますことに集中します。刺激を受けるパートナーは刺激を与えるパートナーに望んでいる刺激を伝えます。カップルはその瞬間に感じていることに集中します。体の様々な部位に触れていって官能を呼び覚まし、最後に性器に触れます。このような練習により、親密性が増し性行為前の不安を軽減します。

可能であれば、原因になっている可能性が高い薬剤は使用を中止します。選択的セロトニン再取り込み阻害薬が原因の場合、ブプロピオン(bupropion、別の種類の抗うつ薬)の追加が役に立ちます。または、別の抗うつ薬に置き換えます。

萎縮性腟炎または血中 エストロゲン濃度の低下(例えば閉経後)が原因の場合、医師はしばしば、クリーム剤(プラスチック製のアプリケーターを使用)、錠剤、またはリング(ペッサリーに類似)として腟内に挿入する エストロゲンを勧めます。ただし、更年期症状(ホットフラッシュなど)を軽減する必要がある場合、 エストロゲンの皮膚パッチやゲル、または経口 エストロゲンも使用することができます。子宮のある女性(子宮摘出を受けていない女性)が エストロゲンを内服またはパッチ剤やゲルとして使用する場合には、 エストロゲン単独の投与では子宮内膜がん(子宮の内側を覆っている組織のがん)のリスクが高くなるため、プロゲスチン(ホルモンのプロゲステロンの合成薬)も投与します。

ほかに役立つ可能性のある薬剤としてデヒドロエピアンドロステロン(DHEA)があります。毎晩、錠剤を腟に挿入して使用します。この薬剤は腟の潤滑性を高め、萎縮性腟炎を緩和し、性器の感受性とオルガスムを改善します。ただし、この薬剤はまだ研究段階です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP