Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

乳頭からの分泌物

執筆者:

Mary Ann Kosir

, MD, Wayne State University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

片方または両方の乳頭から漏れ出す液体を乳頭からの分泌物と呼びます。それぞれの乳房には多数(15~20)の乳管があります。分泌物はこれらの乳管の1本または複数から生じます。

乳房の病気の概要も参照のこと。)

母乳が分泌される妊娠の最後の数週間および出産後に起こる乳頭からの分泌物は正常です。妊娠していない女性や、授乳中でない女性でも、特に生殖可能年齢の間の乳頭からの分泌物は正常であることがあります。例えば、なでられる、吸われる、衣服がすれる、性的に興奮する、あるいはストレスなどによっても乳頭からの分泌物が刺激されることがあります。ただし、男性における乳頭からの分泌物はどんな場合でも異常です。

正常な分泌物は通常、サラサラした液体で、白っぽい濁った色をしているか、またはほぼ透明で粘りはありません。分泌物は、灰色、緑色、黄色、茶色など他の色をしていることもあります。妊娠中や授乳中には、正常な分泌物でもわずかに血が混じっていることがあります。

異常な分泌物は原因によって見た目が異なります。異常な分泌物には、皮膚がくぼむ、腫れる、赤くなる、かさぶた状になる、ただれる、乳頭が陥没するなど、他の異常も伴うことがあります。(乳頭が内側にへこみ、刺激を受けても元の位置に戻らない状態を乳頭の陥没と呼びます。)片方の乳房だけから、乳頭を刺激することなく自然に分泌物が生じる場合、異常とみなされます。

原因

異常な分泌物が生じることのある病気がいくつかあります。

分泌物が1本の乳管のみか片側の乳頭のみにみられる場合は、良性(がんではない)腫瘍または悪性の腫瘍など、そちら側の乳房に問題がある可能性が高いといえます。

両側の乳頭から、あるいは片側の乳房の複数の乳管から分泌物がみられる場合は、内分泌疾患や特定の薬剤の使用といった乳房以外の問題である可能性が高まります。

乳頭の分泌物の一般的な原因

通常、原因は乳管の良性疾患で、以下のものがあります。

乳管内乳頭腫が最も一般的な原因です。乳管内乳頭腫は、乳房にしこりがなく、血の混じった乳頭からの分泌物がみられるときの最も一般的な原因でもあります。

乳頭からの分泌物のあまり一般的でない原因

特定の病気は、妊娠していない女性や授乳していない女性の乳汁の分泌を刺激します(表「乳頭からの分泌物の主な原因と特徴」を参照)。これらの病気のほとんどでは、プロラクチン(乳汁の分泌を刺激するホルモン)濃度が上昇します。一部の薬剤でも、これと同じ影響が生じることがあります。

がんが原因であるのは10%未満です。

評価

警戒すべき徴候

乳頭からの分泌物は、以下の場合、注意を要します。

  • 乳頭をつまんだり、他の方法による刺激がないのに生じる(自然に生じる)

  • 40歳以上の女性に生じる

  • 片側の乳房だけに生じる

  • 血が混じっている、あるいはピンク色をしている

  • 触知できるしこりを伴う

  • 男児や男性に生じる

受診のタイミング

分泌物が1回の月経周期よりも長く続く場合や、警戒すべき徴候のいずれかがある場合には、女性(あるいは男性)は医師の診察を受ける必要があります。発赤、腫れ、膿の排出といった感染症の徴候がみられない限り、1週間程度の遅れは問題になりません。これらの症状がある場合は、1~2日以内に受診すべきです。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問します。次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、分泌物の原因と必要になる検査を推測することができます(以下の表を参照)。

原因の特定に役立てるため、医師は分泌物について、および考えられる原因を示唆している可能性のある他の症状について質問します。プロラクチン濃度を上昇させる可能性のある病気の既往や薬剤の使用歴についても質問されます。

医師は乳房を診察して、しこりなどの異常がないか確認します。分泌物が自然に生じない場合、分泌を刺激するため、乳頭の周辺を軽く押します。

icon

乳頭からの分泌物の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

良性の乳房の病気

乳管内乳頭腫(乳管の良性腫瘍、最も一般的な原因)

片側の乳頭からの血の混じった、またはピンク色の分泌物

通常、超音波検査

結果によっては追加の検査(評価は乳房のしこりと同様

乳管の拡張

片側または両側の乳頭からの血の混じった、またはピンク色や様々な色(膿様、灰色、乳白色)の分泌物

乳管内乳頭腫と同じ

線維嚢胞性変化(痛み、嚢胞、しこりなど)

しこり、しばしばゴムのような感触で圧痛を伴う、通常は閉経前に発生

ときに、薄黄色、緑、または白色の分泌物

ときに、乳房のしこりの既往

乳管内乳頭腫と同じ

痛み、圧痛、発赤、熱感、あるいはこれらの複数が乳房に急に生じる

しばしば発熱

膿瘍の場合、圧痛のあるしこりと、ときに膿様で悪臭のある分泌物

身体診察(感染症は通常明らか)

治療により分泌物が治まらなければ、乳管内乳頭腫と同じ評価を行う

通常は乳管内がんまたは浸潤性乳管がん

ときに触知可能なしこり、皮膚の変化、または腫大したリンパ節(最も多くはわきの下の)

ときに血の混じった、またはピンク色の分泌物

乳管内乳頭腫と同じ

プロラクチン濃度の上昇

以下を含む様々な病気

通常両側の乳房からの乳白色の(血が混じっていない)分泌物

しこりはない

ときに、月経不順または月経がない(無月経)

プロラクチンと甲状腺刺激ホルモンを測定する血液検査

使用している薬剤の調査

プロラクチンまたは甲状腺刺激ホルモンの血中濃度が高ければ、頭部のMRI検査

寒さに耐えられない、反応の鈍化、便秘、または体重増加

  • 下垂体または視床下部(脳の一部)の病気

ときに、ホルモン異常、視覚の変化、または頭痛

  • 慢性の腎疾患または肝疾患

肝疾患では、腹水または黄疸

腎疾患または肝疾患があることが分かっている人

以下を含む特定の薬剤

  • オピオイド

  • 経口避妊薬

  • 胃の病気の治療薬の一部(シメチジン、ラニチジン、メトクロプラミドなど)

  • プロクロルペラジンなど一部の抗うつ薬とフェノチアジン系薬剤(吐き気または精神病の治療に使用される薬)

  • 一部の降圧薬(アテノロール、ラベタロール、メチルドパ、レセルピン、ベラパミルなど)

プロラクチンと甲状腺刺激ホルモンを測定する血液検査

使用している薬剤の調査

プロラクチンまたは甲状腺刺激ホルモンの血中濃度が高ければ、頭部のMRI検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

乳汁の分泌を刺激するホルモン。

MRI = 磁気共鳴画像。

検査

医師が内分泌疾患を原因として疑う場合、血液検査を行いプロラクチンと甲状腺刺激ホルモンを測定します。

下垂体または脳の病気が疑われる場合、頭部のMRIまたはCT検査が行われます。

分泌物に血が混ざっているかどうかが明確でない場合、少量の血液が含まれているかどうかを判定するため分析されます。血液が存在する場合は分泌物のサンプルを顕微鏡で検査し(細胞診と呼ばれる)、がん細胞がないか確認します。

しこりが触知できる場合、超音波検査が行われます。検査は乳房のしこりに対するものと同様です。嚢胞は液体を抜き取り(吸引により)、検査します。吸引後も嚢胞が残る場合や、しこりが充実性である場合は、マンモグラフィーを行った後、生検を行います。

しこりがみられず、それでもがんが疑われる場合や、他の検査結果が明確でない場合、マンモグラフィーを行います。

超音波検査およびマンモグラフィーで原因が特定されず、分泌物が1本の乳管から自然に生じている場合、医師は通常、特殊なマンモグラフィー(乳管造影と呼ばれる)を行います。この検査では、造影剤(より鮮明な画像を撮影するのに役立つ)を乳管に注入してから、通常のマンモグラフィーのように画像を撮影します。この検査はがんの除外、または発見にも役立ちます。

しこりが触知できず、かつマンモグラフィーの結果が正常であれば、がんの可能性は非常に低くなります。

それでもときには、はっきりとした原因が分からないこともあります。

治療

病気が見つかった場合は、それを治療します。

良性の腫瘍または病気が片側の乳頭からの分泌物の原因であれば、分泌物を生じている乳管の切除などを行います。この処置に必要であるのは局所麻酔のみで、入院の必要はありません。

要点

  • 通常、乳頭からの分泌物に原因はがんではありません。

  • 分泌物が両方の乳頭または複数の乳管から生じていて、血が混じっておらずピンク色をしていない場合、原因は通常、良性の内分泌疾患です。

  • 分泌物が片側の乳房のみから生じていて、血が混じっていたりピンク色をしている場合、がんの可能性があります(特に40歳以上の女性)。

  • 血液検査を行うのか、画像検査(超音波検査など)を行うのか、あるいは両方を行うのかは、疑われる原因によります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP