Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

乳腺嚢胞

執筆者:

Mary Ann Kosir

, MD, Wayne State University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2019年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

乳腺嚢胞は、乳房に生じる液体がたまった袋です。

乳房の病気の概要および乳房のしこりも参照のこと。)

乳腺嚢胞は、よくみられます。なかには多数の嚢胞が繰り返しできる人もおり、他の線維嚢胞性変化を伴う場合もあります。外傷が関係していることもありますが、はっきりした原因は分かっていません。

嚢胞の大きさは、ごく小さなものから数インチ程度(1インチは2.54センチメートル)まで様々です。

乳腺嚢胞は乳房痛の原因になることがあります。痛みを緩和するため、乳房に細い針を刺して中にたまった液体を抜き取ることがあります(吸引と呼ばれる)。以下のいずれかの場合にのみ、吸引した液体を顕微鏡で検査し、がんがないか調べます。

  • 液体に血が混じっている、または濁っている

  • ほとんど液体が抜き取れない

  • 液体を抜き取った後もしこりが残る

これらがなければ、4~8週間後に再度受診します。このときに嚢胞が触知できなければ、良性と考えられます。また嚢胞ができていれば再度液体を抜き取り、顕微鏡で検査します。3回目に嚢胞がまたできている場合、または吸引してもなくならない場合は、生検を行います。

まれですが、乳がんが疑われる場合には嚢胞を切除します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP