Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

乳房の線維腺腫

執筆者:

Mary Ann Kosir

, MD, Wayne State University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

乳房の線維腺腫は小さく、滑らかで充実性の、丸い良性のしこりで、線維組織と腺組織からできています。

乳房の病気の概要も参照のこと。)

乳房の線維腺腫は青年期の女性を含む若い女性に多くみられます。原因は不明です。成人では、乳房の線維腺腫は時間とともに小さくなることがありますが、青年期には、線維腺腫は大きくなり続ける傾向にあります。

線維腺腫は乳がんと間違えられることがありますが、がんではありません。線維腺腫の中には、乳がんのリスクを上昇させるとは考えられていないものがあります。しかし、複雑な線維腺腫(嚢胞、瘢痕組織、固くなったしこりなど多くの成分をもつもの)は、リスクをわずかに高くする可能性があります。

しこりには痛みがなく可動性で、乳房自己検診のときに触れると、周囲の組織と明瞭な境界が感じられます。このような特徴をもつしこりはがんである可能性が低いことを医師に示唆します。それでも悪性(がん)ではないことを確認するために、通常はしこりの一部または全体を切除し、顕微鏡で検査します(生検)。局所麻酔をかけて行います。

通常、乳房の線維腺腫が大きくなっていく場合や症状を引き起こしている場合は、切除します。青年期では線維腺腫は大きくなる傾向にあるため、切除すべきです。しかしながら、線維腺腫はしばしば再発します。過去に何度もしこりを摘出して良性であることが判明している場合には、何度も切除することを避けるため、医師と相談して新しいしこりができても摘出せずに様子をみることもあります。線維腺腫を切除したかどうかにかかわらず、医師が変化を確認できるよう、定期的に健診を受けるべきです。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP