Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

生殖補助医療

執筆者:

Robert W. Rebar

, MD, Western Michigan University Homer Stryker M.D. School of Medicine

医学的にレビューされた 2020年 9月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

生殖補助医療は、精子と卵子、あるいは胚を培養室(体外)で操作して妊娠を達成することを目標とします。

治療開始から4~6サイクルの月経周期が経過しても妊娠に至らない場合は、体外受精や配偶子卵管内移植(GIFT)などの方法を検討します。これらの方法は、35歳未満の女性の方が成功率が高くなります。米国での体外受精の成功率を以下に示します。

  • 35歳未満の女性:体外受精の約30%で出生に至る。

  • 41~42歳の女性:体外受精の11%でのみ出生に至る。

42歳以上の女性では、別の女性(ドナー)の卵子を使用することが推奨されます。

生殖補助医療により双子以上の多胎となることもありますが、その可能性は排卵誘発薬の場合と比べてはるかに低くなります。

知っていますか?

  • 女性に着床させる前に遺伝子異常について胚の検査を行うことができます。

子宮内精子注入

子宮内精子注入では、最も運動性の良好な精子のみを選び、子宮内に直接注入します。最も運動性の良好な精子は、精液サンプルを洗浄することによって選択されます。医師は、選択した精子を排卵と同時期に子宮に注入するよう試みます。

この方法では、妊娠できるのであれば通常は6回目までに妊娠します。子宮内精子注入は体外受精に比べてはるかに効果が低くなりますが、体への負担がはるかに小さく、より安価です。

体外受精

体外受精(IVF)は不妊症の原因にかかわらず(原因不明の場合も含む)、不妊症の治療に用いることができます。

体外受精は典型的に以下のように行われます。

残った胚は液体窒素で冷凍し、妊娠しなかった場合に備えて保存することが多くなってきています。また、排卵誘発薬を使用せずに、月経周期中に正常に成長した卵子1つだけを用いた体外受精が試みられる場合もあります。

体外受精で子どもができる確率は、多くの要因によりますが、女性の年齢が最も重要な要因でしょう。

体外受精の最も大きなリスクは以下のものです。

多胎妊娠により、母親と新生児に重篤な合併症が生じる可能性があります。合併症は妊娠に関連したものであることがあります。例えば、母親が 高血圧 妊娠中の高血圧 妊娠中の 高血圧は以下のいずれかに分類されます。 慢性高血圧:妊娠前から血圧が高かった場合です。 妊娠高血圧:妊娠20週以降に初めて血圧が高くなった場合です(通常37週以降)。このタイプの高血圧は一般的に、分娩後6週間以内に解消します。 妊娠高血圧腎症は妊娠中に発症する高血圧の一種で、タンパク尿を伴います。妊娠高血圧腎症は、他の高血圧とは異なる診断および治療を行います。 慢性高血圧の場合、妊娠中に深刻な問題が起こる可能性が高くなります。... さらに読む 糖尿病 妊娠中の糖尿病 妊娠前から糖尿病にかかっている女性の場合、糖尿病にかかっている期間や、高血圧や腎障害などの糖尿病の合併症がみられるかどうかによって、妊娠中に合併症を起こすリスクは異なります。妊娠は糖尿病(1型および2型)を悪化させる傾向がありますが、糖尿病の合併症(眼、腎臓、神経の障害)を誘発したり悪化させたりすることはありません。 ( 糖尿病も参照のこと。) 妊婦の少なくとも5%が妊娠中に糖尿病を発症します。これを妊娠糖尿病といいます。妊娠糖尿病は以... さらに読む を発症したり、 過剰な出血 分娩時の子宮からの出血過多 子宮からの出血過多とは、約1000ミリリットル以上の失血、または分娩から24時間以内に起こる多量の失血の症状を指します。 胎児の娩出後は子宮からの出血過多に注意が必要です。 経腟分娩の場合、通常は分娩中と分娩後で約500ミリリットルの出血があります。子宮から胎盤が剥がれるときに一部の血管が開いた状態になり、出血が起こります。血管がふさがるまで、子宮の収縮が血管を閉じるのを助けます。一般的に帝王切開では経腟分娩の約2倍の出血が生じますが、... さらに読む が起こるなどです。胎児が死亡する、あるいは新生児が低体重で生まれる可能性もあります。これらの合併症のため、現在は1回に子宮に移植する胚の数は少なくしています。1個の胚のみを子宮に移植し残りを凍結することで多胎妊娠のリスクを排除することができます。

先天異常は、体外受精により生まれた子どもにわずかに多くみられます。しかし、その理由が体外受精そのものに関連しているのか、体外受精が必要になった不妊症の問題に関連しているのかは、専門家にも分かっていません。また、これまでに600万人以上が体外受精によって生まれており、その大多数には先天異常がありません。

米国では、1回の卵子回収において、出生した子どもとともに自宅に帰ることができる確率は、35歳未満の女性では50%近く、41~42歳の女性では10%をわずかに超えると推定されています。

卵細胞質内精子注入法

卵細胞質内精子注入法は、以下の場合に用いられることがあります。

  • 他の方法が成功する可能性が低いとき

  • 精子に深刻な問題があるとき

1個の卵子につき精子を1個だけ注入するという点以外は、体外受精に類似しています。

2018年には、米国で行われた生殖補助医療のうち3分の2以上で、卵細胞質内精子注入法が利用されました。

この方法では先天異常の可能性が高くなりますが、その理由としては以下のものが考えられます。

  • 操作手順によって卵子、精子、または胚が傷つく可能性があります。

  • この手順に異常なY染色体(性染色体の1つ)をもつ男性の精子が使用されると、男子胎児において生殖器の発達が影響を受け、典型的には胎児の父親と似た妊よう性の問題が生じます。卵細胞質内精子注入法により生まれた子どもの先天異常のほとんどが、生殖器に関係しています。

配偶子卵管内移植(GIFT)

体外受精の成功率が非常に高いため、配偶子卵管内移植(GIFT)は米国ではほとんど行われていません。

GIFTは卵管の機能が正常な場合に使用します。体外受精の場合と同様に卵子と運動性の良好な精子を採取しますが、培養室での受精は行いません。代わりに、腹部の小さな切開口から腹腔鏡を用いて、もしくは腟から超音波画像をガイドにしながら、卵子と精子を卵管の最も奥の部分に注入することにより、卵管の中で受精が起こるようにします。そのため、この方法は体外受精よりも女性の体に負担がかかります。

その他の方法

その他、以下のような方法があります。

  • 体外受精とGIFTの併用

  • 受精卵(接合子)の卵管への移植(用いられることはまれ)

  • 別の女性(ドナー)の卵子や胚の利用(特に母親が42歳以上の場合)

  • 凍結卵子の代理母への移植

こういった技術は、以下のような道徳的、倫理的な問題を生じさせるものもあります。

  • 保存した胚(受精卵)の処分方法(特にパートナーの死亡や離婚が起きた場合)

  • 代理母が関与する場合の法的親権

  • 年上の男性パートナーがいる閉経後女性における体外受精の利用

  • 移植した胚が3つ以上成長した場合の減数手術(人工妊娠中絶と同様の問題)

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP